猫騙し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

猫騙し(ねこだまし)とは相撲の戦法の一種。立合いと同時に相手力士の目の前に両手を突き出して掌を合わせて叩くこと。相手の目をつぶらせることを目的とする奇襲戦法の一つ。相手に隙を作り、有利な体勢を作るために使われる。

決まり手とはならない(万一、相手力士がびっくりしたあまり倒れてしまっても、つきひざ腰砕けになる)。普通の立会いではかなわないような、はるかに強い相手に対する一発勝負に使われる。失敗すると一気に持って行かれてしまう可能性がある。最近では舞の海皇司などが比較的多く用いていた。上位力士では三重ノ海大関時代に横綱北の湖にやっているが敗れている。

関連項目[編集]