パスツレラ症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パスツレラ症(パスツレラしょう、: pasteurellosis)は、パスツレラ属Pasteurella)菌を原因菌とする日和見感染症。

原因[編集]

グラム陰性通性嫌気性両端染色性小短桿菌のPasteurella multocidaの感染を原因とする。まれにPasteurella canisPasteurella dagmatisPasteurella stomatisPasteurella hemolyticaなども原因となる。

疫学[編集]

イエネコの口腔には、約100%、爪には70%、イヌの口腔には、約75%の高率でパスツレラ属菌が常在菌として存在する[1]。 近年のペットブームにより、これらペットから人間への感染が近年急増している。つまり、人獣共通感染症の様相を呈している。殆どが、咬傷あるいは掻傷により感染する。まれに経気道感染飛沫感染などにより呼吸器系の疾患を起こす事がある。低免疫状態からの日和見感染、糖尿病、アルコール性肝障害の罹患者は重症化しやすい[1] 鶏肉が原因となった疑いのある食中毒症状の報告もある[1]

症状[編集]

咬傷、掻傷の約30分 - 数時間後に激痛を伴う腫脹と精液様の臭いのする浸出液が排液される。死亡例もある。

診断[編集]

  • 接触歴、膿汁からの菌の分離同定。

治療[編集]

予防[編集]

対策としては、犬、猫からの咬傷や掻傷を受けないようにすることが予防の基本となる。愛玩動物とは言え、人間とペット相互で口を舐めたり舐めさせたりしないこと、また寝室に上げないことなど。また、人間の免疫力が低下した場合にも罹患しやすいため、ストレスをためないことなども重要である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「パスツレラ症」の日本の現状認識に違いがあった!?人と動物の共通感染症研究会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]