香箱座り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
前方から (睡眠中)
香箱 (蓋部分に丸みがあるものもあった)
Loaf
下方から (透明板を通して見た構造

香箱座り(こうばこずわり)は、ネコ座法の一種。「箱座り」「香箱を組む[1]」「香箱を作る[2]」などとも呼ばれる。

ただつくばっているだけでなく、「前脚を胸毛の奥(内側)へ折り曲げている場合のみ」を定義対象とする説もある[3]。これと同様の厳密な定義において、英語圏ではパンの塊に例えて「catloaf」と呼ぶ。

ネコがを丸めてつくばっている様子が、香箱香木薫香料を収納する付きの)の形を連想させるため、メタファーとして、「香箱を作る」と呼ばれるようになったとされる[4]

書物から[編集]

森鴎外『青年』(1910-1911年)、芥川龍之介『老年』(1914年)『お富の貞操』(1922年)などに、この表現が見られる。また、尾崎紅葉『紫』(1894年)では、人間女房)に対しての表現としても使われている[2]。『東京語辞典』(1917年)には、意味として「行儀よく坐れるまま、何事もせずに居ること」「所在なくして香匣を造る」などと定義されている。

脚注[編集]

  1. ^ 『もっと知りたい!ねこの気持ち』PHP研究所、pp.34-35
  2. ^ a b 日本国語大辞典小学館
  3. ^ 香箱座り - 猫語辞典
  4. ^ 「香箱を作る」の意味 - goo辞書(『大辞泉小学館

関連項目[編集]