火車 (妖怪)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕画図百鬼夜行』より「火車」

火車化車(かしゃ)は、悪行を積み重ねた末に死んだ者の亡骸を奪うとされる日本妖怪[1][2]

概要[編集]

葬式や墓場から死体を奪う妖怪とされ、伝承地は特定されておらず、全国に事例がある[1]。正体は猫の妖怪とされることが多く、年老いた猫がこの妖怪に変化するとも言われ、猫又が正体だともいう[1][3]

昔話「猫檀家」などでも火車の話があり、播磨国(現・兵庫県)でも山崎町(現・宍粟市)牧谷の「火車婆」に類話がある[2]

火車から亡骸を守る方法として、山梨県西八代郡上九一色村(現・甲府市富士河口湖町)で火車が住むといわれる付近の寺では、葬式を2回に分けて行い、最初の葬式には棺桶に石を詰めておき、火車に亡骸を奪われるのを防ぐこともあったという[4]愛媛県八幡浜市では、棺の上に髪剃を置くと火車に亡骸を奪われずに済むという[5]宮崎県東臼杵郡西郷村(現・美郷町)では、出棺の前に「バクには食わせん」または「火車には食わせん」と2回唱えるという[6]岡山県阿哲郡熊谷村(現・新見市)では、妙八(和楽器)を叩くと火車を避けられるという[7]

古典に登場する火車[編集]

著者不詳『奇異雑談集』より「越後上田の庄にて、葬りの時、雲雷きたりて死人をとる事」
茅原虚斎『茅窓漫録』より「魍魎(クハシヤ)」
『奇異雑談集』より「越後上田の庄にて、葬りの時、雲雷きたりて死人をとる事」
越後国上田で行なわれた葬儀で、葬送の列が火車に襲われ、亡骸が奪われそうになった。ここでの火車は激しい雷雨とともに現れたといい、挿絵では雷神のように、トラの皮の褌を穿き、雷を起こす太鼓を持った姿として描かれている(画像参照)[8]
『新著聞集』第五 崇行篇より「音誉上人自ら火車に乗る」
文明11年7月2日、増上寺の音誉上人が火車に迎えられた。この火車は地獄の使者ではなく極楽浄土からの使者であり、当人が来世を信じるかどうかにより、火車の姿は違ったものに見えるとされている[9][10]
同 第十 奇怪篇より「火車の来るを見て腰脚爛れ壊る」
武州の騎西の近くの妙願寺村。あるときに、酒屋の安兵衛という男が急に道へ駆け出し、「火車が来る」で叫んで倒れた。家族が駆けつけたとき、彼はすでに正気を失って口をきくこともできず、寝込んでしまい、10日ほど後に下半身が腐って死んでしまったという[11]
同 第十 奇怪篇より「葬所に雲中の鬼の手を斬とる」
松平五左衛門という武士が従兄弟の葬式に参列していると、雷鳴が轟き、空を覆う黒雲の中から火車が熊のような腕を突き出して亡骸を奪おうとする。刀で切り落としたところ、その腕は恐ろしい3本の爪を持ち、銀の針のような毛に覆われていたという[10][11]
同 第十四 殃禍篇より「慳貪老婆火車つかみ去る」
肥前藩主・大村因幡守たちが備前の浦辺を通っていると、彼方から黒雲が現れ「あら悲しや」と悲鳴が響き、雲から人の足が突き出た。因幡守の家来たちが引きおろすと、それは老婆の死体だった。付近の人々に事情を尋ねたところ、この老婆はひどいケチで周囲から忌み嫌われていたが、あるとき便所へ行くといって外へ出たところ、突然黒雲が舞い降りて連れ去られてしまったのだという。これが世にいう火車という悪魔の仕業とされている[10][12]
『茅窓漫録』より「火車」
葬儀中に突然の風雨が起き、棺が吹き飛ばされて亡骸が失われることがあるが、これは地獄から火車が迎えに来たものであり、人々は恐れ恥じた。火車は亡骸を引き裂いて、山中の岩や木に掛け置くこともあるという。本書では火車は日本とともに中国にも多くあるもので、魍魎という獣の仕業とされており、挿絵では「魍魎」と書いて「クハシヤ」と読みが書かれている(画像参照)[10][13]
北越雪譜』より「北高和尚」
天正時代。越後国魚沼郡での葬儀で、突風とともに火の玉が飛来して棺にかぶさった。火の中には二又の尾を持つ巨大猫がおり、棺を奪おうとした。この妖怪は雲洞庵の和尚・北高の呪文と如意の一撃で撃退され、北高の袈裟は「火車落(かしゃおとし)の袈裟」として後に伝えられた[14]

火車に類するもの[編集]

火車と同種のもの、または火車の別名と考えられているものに、以下のものがある[1]

岩手県遠野ではキャシャといって、上閉伊郡綾織村(現・遠野市)から宮守村(現・同)に続く峠の傍らの山に前帯に巾着を着けた女の姿をしたものが住んでおり、葬式の棺桶から死体を奪い、墓場から死体を掘りこして食べてしまうといわれた。長野県南御牧村(現・佐久市)でもキャシャといい、やはり葬列から死体を奪うとされた[15]

山形県では昔、ある裕福な男が死んだときにカシャ猫(火車)が現れて亡骸を奪おうとしたが、清源寺の和尚により追い払われたと伝えられる。そのとき残された尻尾とされるものが魔除けとして長谷観音堂に奉納されており、毎年正月に公開される[16]

群馬県甘楽郡秋畑村(現・甘楽町)では人の死体を食べる怪物をテンマルといい、これを防ぐために埋葬した上に目籠を防いだという[17]

愛知県日間賀島でも火車をマドウクシャといって、百歳を経た猫が妖怪と化すものだという[18]

鹿児島県出水地方ではキモトリといって、葬式の後に墓場に現れたという[3]

考察[編集]

佐脇嵩之『百怪図巻』より「くはしや」(かしゃ)

日本古来では猫は魔性の持ち主とされ、「猫を死人に近づけてはならない」「棺桶の上を猫が飛び越えると、棺桶の中の亡骸が起き上がる」といった伝承がある。また中世日本の説話物語集『宇治拾遺物語』では、獄卒(地獄で亡者を責める悪鬼)が燃え盛る火の車を引き、罪人の亡骸、もしくは生きている罪人を奪い去ることが語られている。火車の伝承は、これらのような猫と死人に関する伝承、罪人を奪う火の車の伝承が組み合わさった結果、生まれたものとされる[1]

河童が人間を溺れさせて尻を取る(尻から内臓を食べる)という伝承は、この火車からの影響によって生じたものとする説もある[19]。また、中国には「魍魎」という妖怪の伝承があるが、これは死体の肝を好んで食べるといわれることから、日本では死体を奪う火車と混同されたと見られており[1]、前述の『茅窓漫録』で「魍魎」を「クハシヤ」と読んでいることに加えて、根岸鎮衛随筆耳袋』巻之四「鬼僕の事」では、死体を奪う妖怪が「魍魎といへる者なり」と名乗る場面がある[20]

転用[編集]

経済状態の切迫を意味する「火の車」と言う言葉は、この火車(火の車)によって亡者が責め苦をうけることに由来している[21]

播磨国一帯では性格の悪い老婆を、化け猫のような老婆との意味合いで「火車婆」と呼ぶと言う[2]

遊廓遊女たちを取り締まる女性である遣り手(やりて)のことを花車(かしゃ)と呼ぶのも火車から派生したものであり、遣り手は万事を切り回す女であり、遣り手が牛車を動かす人を意味する言葉でもあることが由来とされている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、103-104頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  2. ^ a b c 播磨学研究所編 『播磨の民俗探訪』 神戸新聞総合出版センター2005年、157-158頁。ISBN 978-4-3430-0341-6
  3. ^ a b c 京極夏彦多田克己編著 『妖怪図巻』 国書刊行会2000年、151頁。ISBN 978-4-336-04187-6
  4. ^ 土橋里木. “甲斐路 通巻24号 精進の民話”. 怪異・妖怪伝承データベース. 国際日本文化研究センター. 2008年9月1日閲覧。
  5. ^ 河野正文. “愛媛県史 民俗下巻 第八章 第三節:三 死と衣服”. 怪異・妖怪伝承データベース. 2008年9月1日閲覧。
  6. ^ 河野正文. “民俗採訪 通巻昭和38年度号 宮崎県東臼杵郡西郷村”. 怪異・妖怪伝承データベース. 2008年9月1日閲覧。
  7. ^ 桂又三郎. “中国民俗研究 1巻3号 阿哲郡熊谷村の伝説”. 怪異・妖怪伝承データベース. 2008年9月1日閲覧。
  8. ^ 高田衛編・校中 「奇異雑談集」『江戸怪談集』上、岩波書店岩波文庫〉、1989年、230-232頁。ISBN 978-4-00-302571-0
  9. ^ 神谷養勇軒 「新著聞集」『日本随筆大成』〈第2期〉5、日本随筆大成編輯部編、吉川弘文館1974年、289頁。ISBN 978-4-642-08550-2
  10. ^ a b c d 京極夏彦多田克己編著 『妖怪図巻』 国書刊行会2000年、150-151頁。ISBN 978-4-336-04187-6
  11. ^ a b 「新著聞集」『日本随筆大成』〈第2期〉5、355-357頁。
  12. ^ 「新著聞集」『日本随筆大成』〈第2期〉5、399頁。
  13. ^ 茅原虚斎 「茅窓漫録」『日本随筆大成』〈第1期〉22、吉川弘文館、1994年、352-353頁。ISBN 978-4-642-09022-3
  14. ^ 鈴木牧之 「北高和尚」『北越雪譜』 池内紀訳、小学館〈地球人ライブラリー〉、1997年、201-202頁。ISBN 978-4-09-251035-7
  15. ^ 柳田國男監修 民俗学研究所編 『綜合日本民俗語彙』第1巻、平凡社1955年、468頁。
  16. ^ 山口敏太郎 『とうほく妖怪図鑑』 無明舎〈んだんだブックス〉、2003年、40-41頁。ISBN 978-4-89544-344-9
  17. ^ 『妖怪事典』、236頁。
  18. ^ 『妖怪事典』、312頁。
  19. ^ 『妖怪図巻』、147頁。
  20. ^ 根岸鎮衛 『耳嚢』中、長谷川強校注、岩波書店岩波文庫〉、1991年、125頁。ISBN 978-4-00-302612-0
  21. ^ 多田克己 『百鬼解読』 講談社〈講談社文庫〉、2006年、52頁。ISBN 978-4-06-275484-2