指相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
指相撲

指相撲(ゆびずもう、Thumb wrestling)は、親指の力と器用さを競う遊びまたは競技の一つである。

基本的なルール[編集]

  • 原則的に右手を使用する。
  • 競技者は相手の人差し指から小指までの4本の指を互いに連結させる形で握り、親指で相手の親指を押さえ込んだ状態を10カウント維持することで勝敗が決する。
  • 親指の構造上、距離を取ったままではいつまで経っても勝負が付かないので、いつ相手を攻めに行くか、また相手の攻めを誘うかの駆け引きが重要となる。

地方ルール[編集]

  • 親指を押さえ込まれた場合でも、10カウント成立以前に小指を伸ばし、「ロープ」を宣言する事によってカウントを中断させる事ができる。なお、「ロープ」は小指をどこか自分の体以外のもの(壁等)にくっ付けることによって成立する。

関連項目[編集]