秀ノ山 (年寄名跡)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

秀ノ山(ひでのやま)は日本相撲協会年寄名跡のひとつである。現在の所有者は大関・琴奨菊である。

なお、10代目は、横綱・玉の海に名跡を譲渡する意向があったといわれるが、玉の海は名跡取得前に現役のまま没しているため、実現しなかった。11代目は大関・琴光喜に名跡を譲渡する意向を示していたが、琴光喜が不祥事により解雇されたことでこれも実現しなかった。

秀ノ山の代々[編集]

  • 代目の太字は、部屋持ち親方。
代目 引退時しこ名 最高位 所属部屋 襲名期間 備考
初代 秀ノ山傳治郎 小結 伊勢ノ海-柏戸-秀ノ山部屋 ?-1823年7月(死去) 二枚鑑札
2代 源氏山吉太夫 大関 秀ノ山部屋 1828年3月-1844年4月(死去)
3代 秀の山雷五郎 横綱 秀ノ山部屋 1844年10月-1862年5月(死去) 二枚鑑札
4代 大江山源治 十6 秀ノ山部屋 1862年11月-1863年11月?
5代 鹿嶋灘鰐右エ門 前6 秀ノ山部屋 1863年11月-1893年8月(死去) 二枚鑑札
6代 天津風雲右エ門 前2 秀ノ山部屋 ?-1914年9月(死去) 二枚鑑札
7代 小常陸由太郎 関脇 出羽ノ海部屋 1918年1月-1927年9月(死去)
8代 若常陸恒吉 前1 出羽海部屋 1931年1月-1940年9月(死去)
9代 駒ノ里秀雄 前2 山分部屋 1942年5月-1944年11月 10代山分に名跡変更
10代 笠置山勝一 関脇 出羽海部屋 1945年11月-1971年8月(死去)
11代 長谷川戡洋 関脇 佐渡ヶ嶽部屋 1976年5月-2009年7月(停年(定年)退職)
12代 琴錦功宗 関脇 佐渡ヶ嶽部屋 2009年9月-2014年1月 借株、11代中村に名跡変更

関連項目[編集]