東関部屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Azumazeki stable 2014 1.JPG
Azumazeki stable 2014 2.JPG

東関部屋(あずまぜきべや)は、日本相撲協会の所属で高砂一門の相撲部屋。

概要[編集]

1984年5月場所限りで現役を引退して高砂部屋の部屋付き親方となっていた年寄・12代東関(元関脇高見山)が、1986年2月に番付外の2名の内弟子を連れて高砂部屋から分家独立して東関部屋を創設した。外国出身者により創設された史上初の相撲部屋である。12代東関は同郷ハワイの出身である横綱を筆頭に、小結高見盛などの関取を育て上げた。

2009年6月に12代東関が定年を迎えたため、それに伴い、東関部屋の部屋付き親方である24代小野川(元幕内・潮丸)が13代東関を襲名して東関部屋を継承した。2012年11月場所後には同じ高砂一門の中村部屋を吸収合併した。

所在地[編集]

都営浅草線本所吾妻橋駅徒歩3分

師匠[編集]

  • 12代:東関大五郎(あずまぜき だいごろう、関脇・高見山、米国ハワイ
  • 13代:東関大五郎(あずまぜき だいごろう、前10・潮丸、静岡

力士[編集]

現役の関取経験力士[編集]

横綱・大関[編集]

横綱

幕内[編集]

小結
前頭
  • 潮丸元康(前10・静岡)

十両[編集]

年寄[編集]

  • 大山進(おおやま すすむ、前2・大飛愛知
  • 振分精彦(ふりわけ せいけん、小結・高見盛、青森)

旧・東関部屋[編集]

東関部屋は歴史上いくつか存在しており、2代東関(日本橋・前歴不明)が一時部屋を経営した後、4代東関(志賀ノ浦・前歴不明)からその弟子である5代東関(元関脇・東関)と受け継がれたものの閉鎖された。その後、友綱部屋に所属する7代東関(元横綱・太刀山峯右エ門)が東関部屋を再興したが、勝負検査役選挙をめぐる騒動で廃業し、弟子たちは高砂部屋に吸収された。その中に、のちに大関に昇進した太刀光電右エ門がいた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度42分22.9秒 東経139度48分19.3秒 / 北緯35.706361度 東経139.805361度 / 35.706361; 139.805361