黒瀬川國行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黒瀬川 國行(くろせがわ くにゆき、1951年5月13日 - )は、東京都北多摩郡東村山町(現在の東村山市、出生地は福岡県福岡市)出身で伊勢ヶ濱部屋所属の元大相撲力士。本名は酒井健作(さかい けんさく)。最高位は西小結。身長184cm、体重132kg、得意手は左四つ、寄り。現在は桐山親方。

来歴・人物[編集]

税務署員の二男で、腰を負傷していたためそれを治す目的で相撲界に入門した。1980年3月場所7日目の輪島との取組は前日にNHKのラジオの実況アナウンサーが輪島に対して「明日は黒瀬川、これはもう問題ないでしょう」と発言し、偶然にも黒瀬川は帰りのタクシー内でそれを聴いており、その発言に非常に腹が立ち逆に闘争心を燃やし、翌日の輪島戦はそれを見返すように寄り切りで完勝した。玄人好みの技巧派で、正攻法の取り口だったが、真面目すぎる性格が災いし、大勝ちがなく三賞受賞は1回もなかった。また序ノ口として初めて番付に名が載った場所も、新十両・新入幕・最終場所も全て5月場所だった。

1984年5月場所をもって現役を引退。年寄千賀ノ浦を襲名した。ちなみに現在の両国国技館が完成した1985年1月場所終了後に、両国国技館で引退相撲を行った第1号の人物でもある。引退相撲の後に20代桐山を襲名し、伊勢ヶ濱部屋付き年寄として後進の指導に当たった。

1995年に元関脇高鐵山の大鳴戸親方が廃業したことにより、大鳴戸部屋の所属力士が宙ぶらりんになりかけた。この状況から11代大鳴戸に打診された形で、20代桐山が伊勢ヶ濱部屋から独立して急遽、桐山部屋を創設し、大鳴戸部屋の力士を引き取ることになったが、この時の独立の経緯から師匠である伊勢ヶ濱親方(元大関・清國)と不仲になったとされている。2000年には元前頭清の盛木瀬親方が停年(定年)を迎えたため、木瀬部屋(元肥後ノ海が興した部屋とは別系統)を吸収合併。

2007年には、元前頭・和晃に代替わりしていた本家・伊勢ヶ濱部屋が消滅したため、その所属力士や行司を迎え入れた。幕下以下では主に早瀬川をはじめ、照瀬川德瀬川双瀬川らが次の部屋の関取を目指してしのぎを削っていたが、2009年5月場所で德瀬川が幕下優勝を果たし、部屋初の十両昇進を決め、2010年3月場所には新入幕を果たした。

しかし所属力士の減少などから部屋の維持を断念し、2011年1月場所を最後に部屋を閉じた。2011年1月27日に日本相撲協会理事会の承認を受けて数人の所属力士などと共に朝日山部屋へ移籍した[1]。現在は朝日山部屋付年寄として後進の指導に当たっている。

2011年、桐山部屋の弟子だった德瀬川が大相撲八百長問題に関与した責任で、委員から主任へ降格。

主な成績[編集]

  • 通算成績:561勝563敗11休 勝率.499
  • 幕内成績:173勝216敗1休 勝率.445
  • 現役在位:111場所
  • 幕内在位:26場所
  • 三役在位:2場所(小結2場所)
  • 金星:3個(輪島1個、三重ノ海2個)
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回(1978年1月場所)
    • 幕下優勝:1回(1972年7月場所)

場所別成績[編集]

黒瀬川 国由
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1966年
(昭和41年)
(前相撲) (前相撲) 東 序ノ口 #28
2–5
 
西 序ノ口 #15
3–4
 
西 序ノ口 #7
5–2
 
西 序二段 #43
3–4
 
1967年
(昭和42年)
西 序二段 #55
3–4
 
西 序二段 #63
4–3
 
西 序二段 #74
0–1–6
 
西 序二段 #114
5–2
 
西 序二段 #62
4–3
 
東 序二段 #35
3–4
 
1968年
(昭和43年)
東 序二段 #50
5–2
 
西 序二段 #8
2–5
 
東 序二段 #25
3–4
 
西 序二段 #30
5–2
 
東 三段目 #87
4–3
 
西 三段目 #70
3–4
 
1969年
(昭和44年)
東 三段目 #76
4–3
 
西 三段目 #56
3–4
 
東 三段目 #62
3–4
 
西 三段目 #69
6–1
 
西 三段目 #28
2–5
 
東 三段目 #47
6–1
 
1970年
(昭和45年)
東 三段目 #10
5–2
 
東 幕下 #45
3–4
 
東 幕下 #51
2–5
 
東 三段目 #8
2–5
 
西 三段目 #26
5–2
 
東 三段目 #3
4–3
 
1971年
(昭和46年)
東 幕下 #51
5–2
 
西 幕下 #34
2–5
 
西 幕下 #54
4–3
 
西 幕下 #50
4–3
 
東 幕下 #45
6–1
 
東 幕下 #18
2–5
 
1972年
(昭和47年)
西 幕下 #33
3–4
 
東 幕下 #39
3–4
 
東 幕下 #45
4–3
 
西 幕下 #39
優勝
7–0
東 幕下 #4
2–5
 
西 幕下 #13
2–5
 
1973年
(昭和48年)
東 幕下 #27
4–3
 
東 幕下 #23
5–2
 
西 幕下 #11
6–1
 
東 幕下 #3
2–5
 
西 幕下 #14
4–3
 
東 幕下 #12
1–6
 
1974年
(昭和49年)
西 幕下 #38
3–4
 
西 幕下 #46
4–3
 
西 幕下 #37
5–2
 
東 幕下 #22
4–3
 
西 幕下 #17
5–2
 
東 幕下 #11
4–3
 
1975年
(昭和50年)
西 幕下 #8
3–4
 
西 幕下 #14
5–2
 
東 幕下 #7
5–2
 
東 幕下 #2
3–4
 
西 幕下 #5
3–4
 
東 幕下 #10
6–1
 
1976年
(昭和51年)
東 幕下 #2
4–3
 
西 幕下 #1
6–1
 
西 十両 #11
7–8
 
西 十両 #12
8–7
 
東 十両 #11
6–9
 
西 十両 #13
9–6
 
1977年
(昭和52年)
東 十両 #7
8–7
 
東 十両 #5
7–8
 
西 十両 #6
7–8
 
西 十両 #8
2–13
 
東 幕下 #9
5–2
 
西 幕下 #3
6–1
 
1978年
(昭和53年)
東 十両 #12
優勝
11–4
西 十両 #2
9–6
 
西 前頭 #13
9–6
 
東 前頭 #7
5–10
 
西 前頭 #12
9–6
 
東 前頭 #8
6–9
 
1979年
(昭和54年)
西 前頭 #10
8–7
 
西 前頭 #5
6–9
 
西 前頭 #7
9–6
 
東 前頭 #2
6–9
 
東 前頭 #6
9–6
 
東 前頭 #1
8–7
 
1980年
(昭和55年)
西 小結
6–9
 
東 前頭 #2
5–10
東 前頭 #7
8–7
 
東 前頭 #2
3–12
西 前頭 #10
8–7
 
西 前頭 #3
6–9
 
1981年
(昭和56年)
東 前頭 #9
7–8
 
東 前頭 #11
6–8–1[2]
 
東 前頭 #14
6–9
 
東 十両 #3
6–9
 
東 十両 #9
9–6
 
西 十両 #5
10–5
 
1982年
(昭和57年)
西 前頭 #13
8–7
 
東 前頭 #8
8–7
 
西 前頭 #3
8–7
 
西 小結
5–10
 
東 前頭 #4
4–11
 
西 前頭 #11
6–9
 
1983年
(昭和58年)
東 前頭 #14
4–11
 
西 十両 #7
10–5
 
西 十両 #2
7–8
 
西 十両 #3
7–8
 
西 十両 #5
8–7
 
東 十両 #4
6–9
 
1984年
(昭和59年)
西 十両 #7
7–8
 
東 十両 #8
6–9
 
東 十両 #11
引退
2–5–4
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 酒井 健作(さかい けんさく)1966年1月場所
  • 照勢山 健作(てるせやま -)1966年3月場所-1966年9月場所
  • 照勢山 国行(- くにゆき)1966年11月場所-1967年1月場所
  • 照勢山 国之(- くにゆき)1967年3月場所-1970年5月場所
  • 黒瀬川 国之(くろせがわ -)1970年7月場所-1976年3月場所
  • 黒瀬川 國之(- くにゆき)1976年5月場所-1976年11月場所
  • 黒瀬川 國行(- くにゆき)1977年1月場所-1977年7月場所
  • 黒瀬川 国行(- くにゆき)1977年9月場所-1977年11月場所
  • 黒瀬川 國行(- くにゆき)1978年1月場所-1981年3月場所
  • 黒瀬川 国由(- くにゆき)1981年5月場所-1984年5月場所

年寄変遷[編集]

  • 千賀ノ浦 国由(ちがのうら くにゆき)1984年5月-1985年2月
  • 桐山 国由(きりやま -)1985年2月-

主な項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 桐山部屋の朝日山部屋転属を承認 スポーツニッポン 2011年1月28日閲覧
  2. ^ 左膝関節捻挫により6日目から途中休場、8日目から再出場