大こう吉男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「大觥 吉男」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

大觥 吉男(たいこう よしお、本名:横山 吉男(よこやま よしお)、1953年10月30日- )は、青森県青森市出身で、1970年代後半に活躍した大相撲力士二子山部屋に所属していた。最高位は西前頭8枚目(1978年7月場所)。現役時代の体格は174cm、133kg。得意手は左四つ、寄り。

来歴[編集]

建築業の家庭に、8人兄弟の末っ子として生まれた。もともと本人は力士になる気がなかったが、長兄は青森県下のアマチュア相撲の強豪で東奥日報杯の一般の部でも優勝しており、この長兄が熱心に角界入りを勧めた。最終的には両親の反対も押し切って、中学校在学中に二子山部屋へ入門した。

初土俵は、1968年11月場所。初土俵の同期生には、後の小結青葉山前頭影虎がいる。

入門前に相撲経験が全く無かったため、相撲部屋の雰囲気や稽古に慣れるまで、苦労したという。

1969年1月場所にて、「津軽岳」の四股名で序ノ口に付き、同年7月場所より「大觥」に改名。その後は、本名の「横山」を名乗った時期もあったが、幕下上位に定着してからは「大觥」に四股名を戻した。

ほどなく、1975年7月場所で十両へ昇進。2場所で幕下に下がるも、上位で粘り2年後に再十両昇進を果たした。1978年3月場所では11勝4敗と大勝ちして十両優勝を遂げ、翌5月場所で新入幕。しかし僅か3場所で十両に逆戻りし、その後は1場所だけ幕内に上がったのみで、十両に居座ってしまった。

ずんぐりとした体つきで、低い重心を利して、左を差して一気に出る威力は強かった。時には無双を切ったり、捻り技なども見せた。師匠・二子山(元横綱・若乃花)の指導のもと、立ち合いの強い当たりからハズ押しのあと四つに組むよう努めたが、幕内では通用せずに終わった。

1980年1月場所で2度目の十両優勝を果たすも、幕内返り咲きは成らず、同年11月場所で幕下に陥落。そして同場所では7戦全敗を喫し、場所後、27歳という若さで廃業した。

廃業後は、郷里で相撲料理店「相撲茶屋 大觥」を経営したが、現在は閉店している。

エピソード[編集]

  • 「大觥」の四股名は、長兄が経営していた東京都内の建設会社、「大觥建設」に因んだ。
  • ニックネームは、“ノック”。本名が「横山」なので、横山ノック(タレント、当時は参議院議員)から連想した。
  • 後の横綱・千代の富士とは、平幕時代に2度対戦(1978年5月場所9日目・同年9月場所13日目)しているが、いずれも敗れている(ただし十両の取組では、1977年7月場所に於いて、9日目に白星を挙げている)。
  • 自身の新入幕であった1978年5月場所後に、同じ二子山部屋で同郷の2代若乃花が横綱へ昇進。以後、幕内在位中は、全ての場所で露払いを務めている(太刀持ちは、いずれも隆の里が務めた)。
  • 地味な性格で無口だったため、報道陣は取材に苦労したという。

主な戦績[編集]

  • 幕内在位:4場所
  • 幕内成績:24勝36敗 勝率.400
  • 現役在位:72場所
  • 通算成績:350勝326敗4休 勝率.518
  • 各段優勝:十両2回(1978年3月場所・1980年1月場所)

場所別成績[編集]

大觥吉男
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1968年
(昭和43年)
x x x x x (前相撲)
1969年
(昭和44年)
東 序ノ口 #9
3–4
 
西 序二段 #78
4–3
 
東 序二段 #52
4–3
 
西 序二段 #30
3–4
 
西 序二段 #39
6–1
 
西 三段目 #90
3–4
 
1970年
(昭和45年)
西 序二段 #3
4–3
 
東 三段目 #84
5–2
 
西 三段目 #58
4–3
 
西 三段目 #35
5–2
 
東 三段目 #16
5–2
 
西 幕下 #54
2–5
 
1971年
(昭和46年)
東 三段目 #11
5–2
 
東 幕下 #53
3–4
 
西 三段目 #2
4–3
 
西 幕下 #54
3–4
 
西 三段目 #7
5–2
 
西 幕下 #42
4–3
 
1972年
(昭和47年)
西 幕下 #37
4–3
 
西 幕下 #31
3–4
 
西 幕下 #37
5–2
 
東 幕下 #22
3–4
 
東 幕下 #30
2–5
 
東 幕下 #48
5–2
 
1973年
(昭和48年)
西 幕下 #28
4–3
 
西 幕下 #24
5–2
 
東 幕下 #12
3–4
 
西 幕下 #16
4–3
 
東 幕下 #12
3–4
 
西 幕下 #17
2–5
 
1974年
(昭和49年)
東 幕下 #37
3–4
 
東 幕下 #44
5–2
 
東 幕下 #25
2–5
 
東 幕下 #39
6–1
 
西 幕下 #14
4–2–1
 
西 幕下 #11
5–2
 
1975年
(昭和50年)
東 幕下 #7
5–2
 
西 幕下 #3
4–3
 
東 幕下 #2
4–3
 
西 十両 #13
10–5
 
西 十両 #7
1–14
 
東 幕下 #8
5–2
 
1976年
(昭和51年)
東 幕下 #4
2–5
 
西 幕下 #14
5–2
 
東 幕下 #4
3–4
 
西 幕下 #8
4–3
 
東 幕下 #6
3–4
 
西 幕下 #11
4–3
 
1977年
(昭和52年)
東 幕下 #8
3–4
 
東 幕下 #14
5–2
 
東 幕下 #7
6–1
 
西 十両 #12
8–7
 
西 十両 #11
8–7
 
東 十両 #9
8–7
 
1978年
(昭和53年)
西 十両 #7
9–6
 
東 十両 #2
優勝
11–4
西 前頭 #11
8–7
 
西 前頭 #8
6–9
 
西 前頭 #11
4–11
 
西 十両 #8
8–7
 
1979年
(昭和54年)
東 十両 #6
8–7
 
西 十両 #3
9–6
 
東 前頭 #13
6–9
 
西 十両 #2
8–7
 
東 十両 #1
6–9
 
西 十両 #5
6–9
 
1980年
(昭和55年)
東 十両 #10
優勝
11–4
西 十両 #3
8–7
 
西 十両 #1
7–8
 
東 十両 #3
4–11
 
東 十両 #12
3–9–3
 
西 幕下 #11
引退
0–7–0
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 津軽岳 吉男(つがるだけ よしお、1969年1月場所-同年5月場所)
  • 大觥 吉男(たいこう -、1969年7月場所-1974年1月場所・1975年1月場所-1980年11月場所)
  • 横山 吉男(よこやま -、1974年3月場所-同年11月場所)

参考文献[編集]

関連項目[編集]