播竜山孝晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

播竜山 孝晴(ばんりゅうやま たかはる、1951年5月4日- )は、兵庫県龍野市(現・同県たつの市)神岡町出身で、1970年代から1980年代にかけて活躍した大相撲力士三保ヶ関部屋に所属していた。本名は田口 孝晴(たぐち たかはる)。現役時代の体格は177cm、147kg。最高位は西小結(1978年11月場所)。得意手は右四つ、突き、押し、寄り、出し投げ。

現在は、年寄待乳山である。

来歴・人物[編集]

龍野市立神岡中学校在学時より相撲を始め、創設されたばかりの同中学校の相撲部では、主力選手として活躍した。

三保ヶ関親方(元大関・増位山)の熱心な勧誘を受けて中学在学中に三保ヶ関部屋へ入門し、1966年11月場所で初土俵を踏んだ。

当初の四股名は、故郷の川に因んだ「揖保川」。改名後の四股名「播竜山」は、出身地の旧国名・播磨と龍野市(但し「龍」の字は、新字の「竜」を使用)に由来している。

幕下までは順調に番付を上げ、ここで足踏みが長く続いたものの、真面目でこつこつ稽古に励み地力を付けた。地道な努力が開花し、1974年7月場所で十両昇進、1975年3月場所で新入幕を果たした。

大関・増位山(2代目)や横綱・北の湖、大関・北天佑らとともに三保ヶ関部屋の全盛時代を築いた1人であり、北の湖の土俵入りの際には露払いなどを務めた。アンコ型の体格から繰り出す突き押しが得意で、右で前廻しを取って出し投げ気味に寄る取り口も見せた。

1978年9月場所では、前頭3枚目の地位で千代の富士旭國を降すなど10勝5敗と大勝ちし、生涯唯一の三賞となる敢闘賞を受賞。翌11月場所では、小結に昇進したものの、2勝13敗と惨敗した。

なお、三役経験は、この1場所だけである。

1979年7月場所中に部屋で流行した肝炎に罹って途中休場してからは、一時幕下まで番付を落とすなど不運に見舞われたが、努力の甲斐あって1981年1月場所で再入幕。しかし、以降は幕内と十両との往復に終わった。

現役晩年は再度幕下まで陥落し、1984年11月場所前に33歳で引退

なお、十両優勝4回は2013年現在、若の里小城ノ花大錦鳳凰と並んで昭和以降2位タイである(1位は、優勝5回の益荒雄広生 )。

引退後は三保ヶ関部屋で、同部屋が2013年に閉鎖された後は春日野部屋で部屋付きの親方として後進の指導に当たっており、日本相撲協会では長く木戸委員を務めている。

主な戦績[編集]

  • 通算成績:579勝591敗19休[1] 勝率.495
  • 幕内成績:200勝268敗12休 勝率.427
  • 現役在位:108場所
  • 幕内在位:32場所
  • 三役在位:1場所(小結1場所)
  • 三賞:1回
    • 敢闘賞:1回(1978年9月場所)
  • 各段優勝
    • 十両優勝:4回(1974年11月場所、1975年1月場所、1976年3月場所、1982年11月場所)
    • 幕下優勝:2回 (1972年11月場所、1980年5月場所)

場所別成績[編集]

播竜山孝晴
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1966年
(昭和41年)
x x x x x (前相撲)
1967年
(昭和42年)
東 序ノ口 #20
4–3
 
西 序二段 #66
4–3
 
西 序二段 #77
4–3
 
東 序二段 #37
2–5
 
西 序二段 #72
3–4
 
西 序二段 #83
5–2
 
1968年
(昭和43年)
東 序二段 #38
4–3
 
東 序二段 #15
4–3
 
東 三段目 #91
4–3
 
東 三段目 #71
3–4
 
東 三段目 #80
3–4
 
東 三段目 #84
5–2
 
1969年
(昭和44年)
東 三段目 #48
5–2
 
東 三段目 #23
5–2
 
西 三段目 #1
3–4
 
西 三段目 #7
4–3
 
西 幕下 #56
4–3
 
東 幕下 #46
2–5
 
1970年
(昭和45年)
西 三段目 #3
5–2
 
東 幕下 #39
5–2
 
西 幕下 #22
3–4
 
東 幕下 #27
5–2
 
西 幕下 #15
4–3
 
西 幕下 #12
2–5
 
1971年
(昭和46年)
西 幕下 #25
4–3
 
東 幕下 #21
6–1
 
東 幕下 #5
2–5
 
東 幕下 #16
2–5
 
西 幕下 #30
5–2
 
西 幕下 #12
4–3
 
1972年
(昭和47年)
東 幕下 #10
3–4
 
西 幕下 #15
休場
0–0–7
西 幕下 #45
4–3
 
東 幕下 #40
4–3
 
東 幕下 #37
4–3
 
東 幕下 #34
優勝
7–0
1973年
(昭和48年)
西 幕下 #4
2–5
 
西 幕下 #16
5–2
 
東 幕下 #7
5–2
 
西 幕下 #2
4–3
 
東 幕下 #2
3–4
 
東 幕下 #5
4–3
 
1974年
(昭和49年)
西 幕下 #2
3–4
 
西 幕下 #5
5–2
 
東 幕下 #1
4–3
 
東 十両 #13
9–6
 
西 十両 #5
6–9
 
東 十両 #11
優勝
10–5
1975年
(昭和50年)
東 十両 #2
優勝
11–4
東 前頭 #13
8–7
 
東 前頭 #10
8–7
 
西 前頭 #8
6–9
 
東 前頭 #10
8–7
 
東 前頭 #7
6–9
 
1976年
(昭和51年)
東 前頭 #10
4–11
 
東 十両 #2
優勝
11–4
西 前頭 #12
8–7
 
西 前頭 #9
7–8
 
西 前頭 #10
9–6
 
東 前頭 #5
6–9
 
1977年
(昭和52年)
西 前頭 #8
8–7
 
西 前頭 #3
5–10
 
東 前頭 #9
8–7
 
東 前頭 #6
5–10
 
西 前頭 #11
9–6
 
西 前頭 #5
8–7
 
1978年
(昭和53年)
西 前頭 #4
4–11
 
西 前頭 #10
8–7
 
東 前頭 #7
6–9
 
東 前頭 #10
9–6
 
西 前頭 #3
10–5
西 小結
2–13
 
1979年
(昭和54年)
東 前頭 #8
6–9
 
東 前頭 #11
6–9
 
東 十両 #1
8–7
 
東 前頭 #14
0–3–12[2]
 
西 十両 #10
8–7
 
西 十両 #9
4–11
 
1980年
(昭和55年)
西 幕下 #3
4–3
 
西 幕下 #2
4–3
 
東 幕下 #1
優勝
7–0
東 十両 #9
8–7
 
西 十両 #5
8–7
 
西 十両 #3
9–6
 
1981年
(昭和56年)
西 前頭 #12
3–12
 
西 十両 #7
8–7
 
東 十両 #3
8–7
 
西 前頭 #13
8–7
 
西 前頭 #8
10–5
 
東 前頭 #2
3–12
 
1982年
(昭和57年)
東 前頭 #11
6–9
 
西 前頭 #13
2–13
 
東 十両 #8
6–9
 
西 十両 #11
9–6
 
東 十両 #6
6–9
 
西 十両 #10
優勝
13–2
1983年
(昭和58年)
西 前頭 #14
4–11
 
東 十両 #8
6–9
 
東 十両 #11
6–9
 
東 幕下 #1
5–2
 
東 十両 #11
6–9
 
東 幕下 #1
4–3
 
1984年
(昭和59年)
東 十両 #11
8–7
 
東 十両 #7
6–9
 
西 十両 #10
4–11
 
東 幕下 #5
3–4
 
東 幕下 #10
2–5
 
東 幕下 #26
引退
0–0–7
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

各段優勝[編集]

  • 十両優勝:4回(1974年11月場所、1975年1月場所、1976年3月場所、1982年11月場所)
  • 幕下優勝:2回(1972年11月場所、1980年5月場所)

改名歴[編集]

  • 揖保川(いぼがわ)1967年1月場所-1967年9月場所
  • 播竜山(ばんりゅうやま)1967年11月場所-1984年11月場所

年寄変遷[編集]

  • 小野川(おのがわ)1984年11月5日-1987年1月17日
  • 待乳山(まつちやま)1987年1月17日-

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 三保ヶ関部屋 - goo大相撲
  2. ^ 急性肝臓炎により3日目から途中休場