飛騨乃花成栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

飛騨乃花 成栄(ひだのはな しげよし 1953年12月13日 - )は岐阜県高山市(旧大野郡朝日村)出身の元大相撲力士二子山部屋所属。最高位は西前頭筆頭(1981年11月場所)。本名は平林 修(ひらばやし おさむ)。身長182cm、体重133kg。得意手は右四つ、上手投げ

来歴[編集]

1969年3月場所初土俵。取的時代が長く、上位に進むきっかけにと飛騨乃花に落ち着くまで6回も改名するほど苦労したが、部屋に関取衆が多くて稽古相手に恵まれ力を付けた。1979年7月場所新十両、そして1980年9月場所で新入幕を果たした。立合いは甘いものの右四つでがっぷり組めば、稽古場では部屋の役力士たちと互角に渡り合う強さを見せた。部屋の大関若嶋津などに「あれは飛騨乃花じゃなくて“飛騨力”だ」と言わせるほどだった。しかし幕内上位ではなかなか勝ち越せず、結局幕内と十両の往復を繰り返すなど地味な印象に終始した。1989年1月場所に十両下位で大敗して幕下へ陥落が必至になり、それでも現役続行の意志を見せていたが、この場所限りで引退(番付上は3月場所まで)。年寄「尾上」を借りて二子山部屋、荒磯部屋で後進の指導に当たったが、1994年3月に廃業。その後は東京都中野区で「相撲茶屋・飛騨乃花」を経営した。後に帰郷し、故郷の岐阜県高山市で「相撲茶屋・飛騨乃花」を経営したが、現在は店を閉めている。

甥は荒磯部屋に所属していた元幕下力士の荒慧

エピソード[編集]

  • 自己最高位で迎えた1981年11月場所、8日目に横綱北の湖を破る金星を挙げた。北の湖は翌日から休場し、初土俵以来初の休場となった。また北の湖の連続勝ち越し記録も50場所でストップした。

主な成績・記録[編集]

  • 現役在位:120場所
  • 通算成績:643勝654敗 勝率.496
  • 幕内在位:25場所
  • 幕内成績:153勝222敗 勝率.408
  • 三賞:1回
    • 敢闘賞:1回(1983年7月場所)
  • 金星:1個(北の湖から。1981年11月場所(8日目))
  • 各段優勝:十両優勝1回(1981年1月場所)
  • 通算連続出場:1297回(史上8位。1969年5月場所-1989年1月場所)

場所別成績[編集]

飛騨乃花 成栄
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1969年
(昭和44年)
x (前相撲) 東 序ノ口 #11
3–4
 
東 序二段 #69
4–3
 
東 序二段 #42
1–6
 
東 序二段 #62
2–5
 
1970年
(昭和45年)
東 序二段 #66
5–2
 
西 序二段 #24
2–5
 
西 序二段 #44
4–3
 
西 序二段 #22
3–4
 
西 序二段 #34
3–4
 
西 序二段 #40
5–2
 
1971年
(昭和46年)
西 三段目 #80
5–2
 
東 三段目 #53
4–3
 
東 三段目 #38
2–5
 
東 三段目 #58
4–3
 
東 三段目 #39
3–4
 
西 三段目 #51
3–4
 
1972年
(昭和47年)
西 三段目 #55
5–2
 
東 三段目 #26
3–4
 
東 三段目 #35
5–2
 
東 三段目 #6
3–4
 
西 三段目 #12
2–5
 
東 三段目 #29
5–2
 
1973年
(昭和48年)
西 三段目 #2
3–4
 
西 三段目 #16
3–4
 
東 三段目 #27
4–3
 
西 三段目 #14
2–5
 
東 三段目 #37
3–4
 
西 三段目 #49
4–3
 
1974年
(昭和49年)
西 三段目 #38
6–1–P
 
西 三段目 #4
3–4
 
東 三段目 #16
5–2
 
東 幕下 #52
5–2
 
東 幕下 #27
1–6
 
東 幕下 #50
3–4
 
1975年
(昭和50年)
西 三段目 #3
3–4
 
東 三段目 #13
3–4
 
西 三段目 #24
4–3
 
西 三段目 #14
6–1
 
東 幕下 #42
5–2
 
東 幕下 #24
4–3
 
1976年
(昭和51年)
西 幕下 #19
1–6
 
西 幕下 #44
2–5
 
西 三段目 #6
3–4
 
西 三段目 #16
5–2
 
西 幕下 #55
5–2
 
西 幕下 #31
5–2
 
1977年
(昭和52年)
西 幕下 #16
3–4
 
西 幕下 #25
2–5
 
西 幕下 #45
3–4
 
東 幕下 #53
6–1
 
西 幕下 #26
4–3
 
東 幕下 #18
3–4
 
1978年
(昭和53年)
東 幕下 #26
4–3
 
東 幕下 #19
4–3
 
東 幕下 #14
3–4
 
西 幕下 #21
3–4
 
西 幕下 #29
6–1
 
東 幕下 #10
3–4
 
1979年
(昭和54年)
東 幕下 #20
5–2
 
東 幕下 #9
5–2
 
東 幕下 #3
5–2
 
西 十両 #8
8–7
 
西 十両 #5
8–7
 
東 十両 #3
8–7
 
1980年
(昭和55年)
西 十両 #1
8–7
 
西 十両 #1
5–10
 
東 十両 #10
10–5
 
西 十両 #3
10–5
 
西 前頭 #13
5–10
 
西 十両 #5
8–7
 
1981年
(昭和56年)
西 十両 #3
優勝
13–2
東 前頭 #12
5–10
 
東 十両 #2
10–5
 
西 前頭 #11
8–7
 
東 前頭 #6
9–6
 
西 前頭 #1
5–10
1982年
(昭和57年)
西 前頭 #7
6–9
 
西 前頭 #8
6–9
 
東 前頭 #12
4–11
 
西 十両 #1
7–8
 
西 十両 #3
10–5
 
西 前頭 #13
5–10
 
1983年
(昭和58年)
西 十両 #3
11–4
 
西 前頭 #11
8–7
 
西 前頭 #4
4–11
 
西 前頭 #11
10–5
西 前頭 #2
5–10
 
東 前頭 #8
8–7
 
1984年
(昭和59年)
西 前頭 #4
6–9
 
西 前頭 #9
7–8
 
東 前頭 #10
9–6
 
東 前頭 #3
4–11
 
東 前頭 #12
10–5
 
東 前頭 #3
3–12
 
1985年
(昭和60年)
東 前頭 #13
8–7
 
東 前頭 #11
4–11
 
東 十両 #5
8–7
 
西 十両 #4
9–6
 
西 十両 #1
10–5
 
東 前頭 #13
10–5
 
1986年
(昭和61年)
西 前頭 #3
2–13
 
東 前頭 #14
2–13
 
東 十両 #10
8–7
 
西 十両 #6
7–8
 
西 十両 #7
8–7
 
東 十両 #6
7–8
 
1987年
(昭和62年)
東 十両 #7
8–7
 
東 十両 #6
9–6
 
西 十両 #4
8–7
 
西 十両 #3
7–8
 
東 十両 #5
8–7
 
西 十両 #3
5–10
 
1988年
(昭和63年)
西 十両 #8
9–6
 
西 十両 #4
7–8
 
東 十両 #5
5–10
 
東 十両 #12
9–6
 
西 十両 #7
7–8
 
東 十両 #9
7–8
 
1989年
(平成元年)
東 十両 #10
5–10
 
東 幕下 #1
引退
0–0–0
x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)


改名歴[編集]

  • 平林 修 1969年3月場所-1969年5月場所
  • 龍王山 修 1969年7月場所-1973年5月場所
  • 大真弓 修 1973年7月場所
  • 龍王山 修 1973年9月場所-1975年1月場所
  • 平林 修 1975年3月場所-1975年5月場所
  • 龍王山 修 1975年7月場所-1977年11月場所
  • 飛騨乃花 修弘 1978年1月場所-1980年11月場所
  • 飛騨ノ花 修弘 1981年1月場所-1982年1月場所
  • 飛騨ノ花 修 1982年3月場所-1983年7月場所
  • 飛騨乃花 成栄 1983年9月場所-1989年3月場所

関連項目[編集]

執筆の途中です この「飛騨乃花成栄」は、相撲に関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますPJ相撲)。