トカラ列島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界 > アジア > 東アジア > 日本 > 南西諸島 > トカラ列島
本来の表記は「吐噶喇列島」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
トカラ列島(薩南諸島中部)
中之島の夜明け。フェリーとしまより撮影
宝島港の壁画。背後に女神山を望む。2007年5月
横当島の東峰のステレオ空中写真(1978年)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

吐噶喇列島(とかられっとう)は、南西諸島のうち、鹿児島県側の薩南諸島に属する島嶼群。すべての島で鹿児島県鹿児島郡十島村の行政区域をなす。天気予報区分では奄美地方の一部としている。漢字表記が難しいことや「噶」がJIS X 0208に収録されていないため、トカラ列島と表記されることが多い。

歴史[編集]

地名の由来については諸説あるものの、「沖の海原」を指す「トハラ」から転訛したという説が有力。

699年8月19日(文武天皇3年七月辛未)に、多褹、夜久、菴美、度感の人が物を貢いだことが、『続日本紀』に記されている(それぞれ種子島屋久島奄美大島、トカラにあたる)。同書によればこれが度感(徳之島との説もある)が日本と通じた始まりであった。

畳表の原材料である和名シチトウの由来の地。島は八つあるが、小宝島を宝島に編入して数えている。シチトウは別名琉球藺(りゅうきゅうい)とも呼ばれ、トカラ列島から大分県へ苗を持ち込み栽培に成功、後に全国の家庭や柔道場の畳表に使われている。柔道創設時代講道館の畳にも使われ、柔道畳として発展した。1964年東京オリンピック柔道会場にも使われた。

沿革[編集]

4つの群島政府は、翌年3月末日までは形式的には存在したため、この地域には2種類の政府が存在した。

主な島[編集]

列島へのアクセス[編集]

通常は週に2便就航するが、多客期には週に3便就航することがある。また、選挙やイベントなどによって特殊なダイヤになることもあるので、訪れる際には注意が必要。2013年6月まで宝島 - 名瀬港には2便に1便のみ運航していたが、2013年7月1日の便から全便が宝島 - 名瀬港に運航するようになった。

その他[編集]

  • 明治17年に鹿児島県勧業課に勤めていた白野夏雲によって「川辺郡七島問答」という報告書が書かれた。七島の地理沿革を記す[1]
  • 2009年7月22日皆既日食観測の可能性があった(観測できる範囲は、屋久島から奄美大島北部)。特に悪石島は、島のすぐ北側の海上を皆既帯の中心線が通っていることから、世界各地から観測者が訪れたが、結局、当日の暴風雨のため観測できなかった(詳しくは2009年7月22日の日食を参照)。
  • 2012年5月21日金環日食観測の可能性があったが、この時も曇天であまりよくは観測できなかった。(詳しくは2012年5月21日の日食を参照。
  • 悪石島と宝島の間に、「渡瀬線」という分布境界線が走っている。両島の間には水深1000mの「トカラギャップ」と呼ばれる海裂が横たわっており、これが「渡瀬線」を形成しているのではないかと推定されている。ハブなど、九州本土と沖縄県奄美群島との動植物の境界である。

脚注[編集]

  1. ^ 日本歴史地理学会・編輯 『歴史地理 第17巻第6号』 三省堂、1911年、641p。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]