読本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

読本(よみほん)は、江戸時代後期に流行した伝奇小説寛政の改革以降流行し、文化文政の頃全盛となり、明治になっても活字本として流布し読み継がれた。

概要[編集]

文章中心の読み物であるところから読本と呼ばれたといわれてきたが、後期読本(江戸読本)に成ると、作者が下絵を描いた口絵や挿絵の存在意義も重要になる。史実に取材することがあっても基本的にフィクションであり、勧善懲悪や因果応報を作品構成の方法として採用した読み物であった。娯楽性も強いが漢語が散りばめられ、会話文主体で平易な滑稽本草双紙などと比べ文学性の高いものと認識されており、高価であった。印刷技術や稿料制度など出板の体制が整っていたこともあり、貸本屋を通じて流通したため多くの読者を獲得したが、大衆的で廉価な草双紙とは流布した量では比較にならないほど少ない。18世紀の大阪では都賀庭鐘や上田秋成が、19世紀になると江戸で曲亭馬琴山東京伝といった作者が活躍した。

歴史[編集]

当時の中国文学白話小説から影響を受けて生まれた。古典とは違い同時代の中国語で書かれた白話小説は、唐通事という当時の中国語通訳のための教科書として日本に持ち込まれたが、やがてそれらの小説を実用目的ではなく楽しみとして読むものが現れ、影響を受けた創作や翻訳を行うものが現れた。特に荻生徂徠らに中国語を教えたこともある岡嶋冠山、さらに岡田白駒、都賀庭鐘、沢田一斎らによって出版物や講義の形で一般に俗語小説が広められ、読本が生まれる環境が作られた。

そのため初期読本は古典的知識を持つ知識人層によって書かれた。白話小説からの翻案が行われ、さらに18世紀の後半には単なる翻案に留まらない『雨月物語』などの代表作が書かれ前期読本が栄えた。

明治時代に入ってからも馬琴の評価は高く、坪内逍遥二葉亭四迷によって近代文学が打ち立てられるまで日本文学は読本など戯作の影響を逃れなかった。

代表的な読本[編集]

関連項目[編集]