黒死館殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒死館殺人事件
著者 小栗虫太郎
発行日 1934年
発行元 『新青年』
ジャンル 探偵小説
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

黒死館殺人事件』(こくしかんさつじんじけん)は、小栗虫太郎の長編探偵小説

雑誌『新青年』に1934年4月号から12月号にかけて連載された。挿絵は松野一夫1935年5月に新潮社より単行本が刊行され、太平洋戦争後も早川書房ハヤカワポケットミステリ(誤植多し)や、講談社社会思想社など多くの出版社から繰り返し再版されている。なお、社会思想社版「黒死館殺人事件」は松山俊太郎による語彙・事項の誤記訂正版である。

夢野久作の『ドグラ・マグラ』、中井英夫の『虚無への供物』とともに、日本探偵小説史上の「三大奇書」、三大アンチミステリーの一つである。また日本のオカルティズム衒学趣味小説の代表書との位置づけがなされており、その多岐にわたる膨大な知識量から「推理小説の一大神殿」とも称される。

概要[編集]

本作の『著者之序』によれば、本作の主題はゲーテの『ファウスト』であり、また、着想の起点として「モッツアルト(モーツァルト』)の埋葬」が挙げられているが、全体は、作中にも言及されている[1]S・S・ヴァン=ダインの『グリーン家殺人事件』の影響が瞭然である[2]

基本的な筋は、名探偵・法水麟太郎(のりみずりんたろう)が、「ボスフォラス以東に唯一つしかない…豪壮を極めたケルト・ルネサンス様式[3]の城館(シャトウ)」・黒死館で起こる奇怪な連続殺人事件に挑む、というものである。

黒死館に住まうのは、天正遣欧少年使節千々石ミゲルが、カテリナ・ディ・メディチの隠し子と言われる妖妃ビアンカ・カペルロと密通して生ませた私生児が日本にやってきて興した神聖家族・降矢木一族である。この館が「黒死館」と呼ばれるのは、かつて黒死病の死者を詰め込んだ城館に由来するという。館の建設者 、降矢木算哲は既に歿し、遺児の降矢木旗太郎が後を継いで当主となっている。算哲は欧州で医学と魔術を極めて帰国したが、何が目的か、同時に連れ来たる西洋人の赤子4人を館内に押し込め、何十年も門外不出の絃楽四重奏団として育て上げていた。その黒死館を舞台として、ファウストの呪文とともに奇怪な殺人劇が繰り広げられ、その捜査、推理の中で、自動人形や『ウイチグス呪法典』、カバラの暗号、アインシュタインとド・ジッターの無限宇宙論争、図書室を埋め尽くす奇書等々、意表を突く道具立ての連続と相俟って、一種異様な神秘かつ抽象的超論理が展開される。

探偵法水麟太郎が一度は真犯人を指摘しながら、大した理由もなくその意見を留保し、終盤において、再度真犯人を指摘するという、展開上の大きな問題点も指摘されているが、本書全体の9割以上は、事件解決の目的としては饒舌すぎると思われる神秘思想・占星術・異端神学・宗教学・物理学・医学・薬学・紋章学・心理学・犯罪学・暗号学など広範にわたる夥しい衒学趣味(ペダントリー)で彩られており、本来は裏打ちとなるべき知識の披露が装飾、果ては実体となっているとまで表現してもよいほどの主客転倒を見せている。しかしこのエキゾチックな衒学趣味の幻惑が本書の大きな魅力であり、『虚無への供物』、『匣の中の失楽』その他多くの追随作品、オマージュ作品を生み出している。造語や、捏造、欧米語の発音表記(ルビうちで多用されている)の間違いも多く指摘されているが[4]、それら捏造部分も作者の熱気のみなぎりと受け止めることができる[5]

晦渋な文体と(文体については、笑い声を表記したり、義訓を多用したりと、戯作調であるところも見受けられる)、ルビだらけの特殊な専門用語多数を伴う、極度に錯綜した内容であるため、読者を選ぶ小説となっている。

坂口安吾の「ヴァン=ダインの(悪いところ=衒学趣味の)模倣」[6]や、小谷野敦の「西洋コンプレックス」と一蹴する意見も見られる。

登場人物[編集]

法水麟太郎
刑事弁護士。
支倉
検事。
熊城卓吉
捜査局長。
乙骨耕安
警視庁鑑識医師。
降矢木算哲
故人。医学博士。
グレーテ・ダンネベルグ
門外不出の弦楽四重奏団の一人。第一提琴奏者。
ガリバルダ・セレナ
門外不出の弦楽四重奏団の一人。第二提琴奏者。
オリガ・クリヴォフ
門外不出の弦楽四重奏団の一人。ヴィオラ奏者。
オットカール・レヴェズ
門外不出の弦楽四重奏団の一人。チェロ奏者。
降矢木旗太郎
黒死館当主。算哲が愛妾岩間富枝に産ませた息子。17歳。
押鐘津多子
大正の新劇女優。日本のモード・アダムスと称された。
押鐘童吉
医学博士。東京神恵病院長。
紙谷伸子
算哲の秘書。年齢は22、3歳。
川那部易介
給仕長。侏儒の傴僂。幼い頃から黒死館で育つ。44歳
久我鎮子
図書掛り。7年前に算哲に雇われる。年齢は50歳を過ぎて2つ3つ。
古賀庄十郎
召使。易介と同年輩。
田郷真斎
執事。著名な中世史家でもある。下半身不随で手動の四輪車に乗って移動している。年齢は70歳手前。

脚注[編集]

  1. ^ 言及部分はほぼ『グリーン家殺人事件』のネタバレになっている。
  2. ^ 『グリーン家殺人事件』は1929年、本国アメリカで大ベストセラーになった翌年に日本でも出版され、『黒死館殺人事件』のみならず浜尾四郎の『殺人鬼』など非常に大きい影響を日本の探偵小説界に与えた。
  3. ^ 建築史には存在しない様式名称
  4. ^ 社会思想社版 解題など
  5. ^ 小栗は本書を本など何もない貧乏長屋住まいのときに書き、自らあのときは悪魔が衝いていたと語っている。(九鬼紫郎『探偵小説百科』1975年)
  6. ^ 『蝶々殺人事件』について(推理小説論)(「新潮」1950年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]