ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ROAD TO NINJA
-NARUTO THE MOVIE-
監督 伊達勇登
脚本 宮田由佳
原案 岸本斉史
原作 岸本斉史
出演者 竹内順子
音楽 高梨康治
刃-yaiba-
主題歌 ASIAN KUNG-FU GENERATION『それでは、また明日』
製作会社 劇場版NARUTO製作委員会
配給 東宝
公開 2012年7月28日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 14.8億円[1]
前作 劇場版 NARUTO -ナルト- ブラッド・プリズン
次作 THE LAST -NARUTO THE MOVIE-
テンプレートを表示

ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-』(ロード・トゥ・ニンジャ ナルト・ザ・ムービー)[2]は、2012年7月28日に公開された日本のアニメ映画。漫画『NARUTO -ナルト-』を原作としたテレビアニメの劇場版第9作。興行収入14.8億円。

キャッチコピーは「原作者岸本斉史が自ら描く劇場版最高傑作!!」「仲間と家族、この任務に命をかける」。

概要[編集]

テレビアニメ化10周年を迎えた『NARUTO -ナルト-』劇場版シリーズ第9弾で、「僕にしか描けないNARUTO映画です」と原作者である岸本斉史自らが企画からストーリー、キャラクターデザインを手がけた劇場版完全新作ストーリーとなっている。監督はテレビアニメも手がけている伊達勇登。

入場者特典として全国先着150万名様限定でDVDをプレゼント。

全国262スクリーンで公開され、2012年7月28、29日の初日2日間で興収3億208万500円、動員25万4,025人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位となった[3]

監督の伊達曰く、成長を描くため、序盤のナルト、サクラの性格は第7班結成時に戻したと語っている[4]

ストーリー[編集]

木ノ葉の里に、死んだはずの“”メンバーたちが襲来してきた。ナルト達は撃退し、家族たちが暖かく迎える。ただ一人、天涯孤独の身であるナルトを除いて・・・。

そんなナルトと、些細な親子喧嘩で家を飛び出してきたサクラの前に“うちはマダラ”が現れ、恐るべき瞳術を発動させる。ふと気がつくと、仮面の男は消え去り平穏な木ノ葉の里が帰ってきた。だが、そこに住む人々は何かがおかしい。さらにナルトの元には、本来この世にいるはずのない男女二人が・・・。

登場人物[編集]

カカシ班[編集]

うずまきナルト
声 - 竹内順子
本作の主人公で、九尾の人柱力。マダラが作り出した限定月読の世界に飛ばされ、里の英雄の息子ではないうずまきメンマとして生活することになる。そこで四代目火影とならず生きていた両親、ミナトとクシナに出会う。当初は月読世界に否定的な余り、両親に対しても偽物と拒絶していたが、親の愛情に触れて以降、本当の世界に帰るべきなのか苦悩する。しかし突然仮面の男(黒ナルト)によって木ノ葉隠れが壊滅状態に陥り、家族・里・仲間を守るため、仮面の男に立ち向かう。
九尾の妖狐
声 - 玄田哲章
ナルトに封印されている魔獣。仮面の男の意図に気付き一時ナルトに協力する。
春野サクラ
声 - 中村千絵
ヒロイン。自分に構いすぎる両親を疎み悶々とする中、ナルトと共に居合わせたことで同様に限定月読の世界に飛ばされる。そこでは父親が四代目火影になっていて、ナルトと立場が逆になっている。当初は両親がおらず英雄視される生活を楽しんでいたものの、やがて両親の居ない生活にナルトが感じていた寂しさを感じることになる。
限定月読の世界の春野サクラは映画には登場しないが、テレビアニメ第491話に記憶喪失の状態で空から降ってきた春野サクラとして登場。姿は瓜二つであるものの、桜の花弁を象ったペンダントを身につけており、性格はおしとやか。記憶を取り戻し自分が別の世界から来た人間であることを知ると消えていった。
うちはサスケ
声 - 杉山紀彰
限定月読の世界では里に留まっており対立もしていない。一見他のメンバーと違い性格が変わっていないように見えていたが、若い女性を甘い文句で口説くチャラ男になっていた。服装はラフで、家紋を象ったペンダントを着用。
サイ
声 - 日野聡
月読世界ではカカシ班に所属している描写がなく、デッサンの服を着ている。表情豊かにペイントで絵を描いているが、下手である。
はたけカカシ
声 - 井上和彦
ナルト達の教官。月読世界ではガイと立場が逆の熱血教官となっており、張り切って戦闘前から写輪眼を出しっぱなしで、肝心の時にバテて戦力外になる。

ナルト・サクラの両親[編集]

波風ミナト
声 - 森川智之
ナルトの父親。月読世界では火影にならず生存しており、うずまきメンマの父親で一介の忍者として活動している。本人は「たいした忍じゃない」と述べているが、自来也との師弟関係は健在であり、自来也が最後に施した封印術も「僕と自来也先生くらいにしか解けない」述べるなど能力そのものには変化が見られないが、忍の使命より家族を優先するなど、覚悟においては、他の住人同様、本編とは正反対の存在になっているが・・・。
うずまきクシナ
声 - 篠原恵美
ナルトの母親。月読世界では九尾の人柱力ではなく生存しており、うずまきメンマの母親として怖いところもありながら優しい母親。ミナト同様の違いがある。
春野メブキ
声 - 伊倉一恵
肝っ玉の強いサクラの母親。月読世界では故人。本作が初登場ではあるが、アニメ初期でも声のみ(声-増田ゆき)で登場しており、後のアニメオリジナルストーリーにも登場している。
春野キザシ
声 - 松本保典
いつもオヤジギャグを言うサクラの父親。現実世界では上忍より下のランクであることが明かされている普通の忍。月読世界では四代目火影であり、里の英雄として戦死している。月読世界のサクラは形見としてキザシのペンダントを持っている。本作が初登場。今作でナルトが纏う四代目火影の装束はサクラが持ち出した彼のものであり、ナルトが現実世界への帰還を決めるきっかけとなる。

アスマ班[編集]

奈良シカマル
声 - 森久保祥太郎
月読世界では簡単な計算(1500円を3人で割るといくらになるか)もできないアホかつ食いしん坊であり、チョウジと立場が逆になっている。
月読世界と現実世界の外見の主な相違点は、髪型が手裏剣のような形になっているという点。
山中いの
声 - 柚木涼香
月読世界では、仲間を「君」及び「ちゃん」付けするやさしい性格になっている。
月読世界と現実世界の外見の主な相違点は、髪型と露出度の低い服装。
秋道チョウジ
声 - 伊藤健太郎
月読世界では頭が良くなり小食。シカマルと立場が逆になっている。
月読世界と現実世界の外見の主な相違点は、痩せている点、頬の模様が渦巻きから角ばった形に変わっている点と、胸当ての「食」という字が「職」という字に変わっている点。

紅班[編集]

犬塚キバ
声 - 鳥海浩輔
月読世界では性格は基本的に変わっていないが、猫好きで犬嫌いになっている。そのせいで、赤丸と仲が悪くなっていて、赤丸も凶暴になっている(隙あらば噛みつこうとするなど)。
月読世界と現実世界の外見の主な相違点は、頬の模様。
油女シノ
声 - 川田紳司
月読世界でも、性格の変化はない。ただし、無視と虫が嫌いになっており、虫が寄ると殺虫剤を噴霧する。
『ROAD TO SAKURA』における月読世界のサクラの記憶では、大量の食虫植物を飼っているようである。
日向ヒナタ
声 - 水樹奈々
月読世界ではワイルドな性格かつ毒舌。ナルト(メンマ)が好きな点は変わらないが、その好意を堂々と表現するようになっており、夜中にナルトと会っていたサクラを「(メンマに)手出したらぶっ殺す」と恫喝している。
月読世界と現実世界の外見の主な相違点は、露出度の高い服装と、口紅をつけている点。

ガイ班[編集]

ロック・リー
声 - 増川洋一
月読世界では性格は変わってないが、女子の下着を盗んで着用するという変態行動に出ている。
日向ネジ
声 - 遠近孝一
月読世界ではかなりのスケベになっており、白眼で女湯を覗いていた。
テンテン
声 - 田村ゆかり
月読世界では忍具遣いでありながら忍具の扱いが下手で生傷が絶えないことになっている。
月読世界と現実世界の外見の主な相違点は、顔に絆創膏、服装は変わらないが当て縫いだらけであるという点。
マイト・ガイ
声 - 江原正士
月読世界では年齢に勝てず弱腰になっており、カカシと立場が逆になっている。

[編集]

マダラとゼツを除き、冒頭ではゼツ達が化けてナルト達と戦う。

月読世界では、マダラとゼツがおらず、本来の戦場請負い集団を生業としている。終盤に綱手の要請で参戦し、ナルトを援護する。

うちはマダラ(仮面)
声 - 内田直哉
伝説の忍・うちはマダラを名乗る、暁を裏から操っている真のボス。冒頭で限定月読をナルトとサクラにかけ、家族がいる喜びに浸るナルトから九尾を奪おうと目論む。自身は精神体で干渉し、仮面の男と手を組み情報を提供するも、彼の敗北に伴い、乗り移ることで実体を得て実力行使に出る。
ゼツ
声 - 飛田展男
草隠れの抜け忍。非常に人間離れした外見をしている。白ゼツ達を死んだ暁メンバーに化けさせてナルト達にけしかけ、隙を突いてナルトに「限定月読」発動のための術式を刻む。
うちはイタチ
声 ‐ 石川英郎
木ノ葉隠れの抜け忍でサスケの兄。最終決戦時には黒ナルトに捕らわれたサクラを助けていた。
デイダラ
声 ‐ 川本克彦
岩隠れの抜け忍。爆発の事を芸術と呼び、起爆粘土という爆弾を扱う。
最終決戦時には、攻撃で生じた光の柱をアートと言っている。
干柿鬼鮫
声 ‐ 檀臣幸
霧隠れの抜け忍。サメのような顔立ちで、大刀「鮫肌」を扱う。
飛段
声 ‐ てらそままさき
湯隠れの抜け忍。ジャシン教信者。不死身の肉体をもつ。
角都
声 ‐ 土師孝也
滝隠れの抜け忍。禁術地怨虞を扱い体の一部を切り離し黒い繊維状の触手で操ることができ、逆に切り離された体を繋げることもできる。
サソリ
砂隠れの抜け忍。セリフは無い。傀儡は山椒魚を使用。
小南
雨隠れの里の所属。戦闘で紙を用いた術を使う。セリフは無い。
ペイン天道(長門)
小南同様、雨隠れの里の所属。暁のリーダーであり輪廻眼を持つ忍。セリフは無い。

仮面の男[編集]

仮面の男 / 黒ナルト(うずまきメンマ)
声 - 竹内順子
月読世界に住む狐の面をかぶった謎の男。仮面の男(マダラ)と手を組み、木ノ葉隠れの里を壊滅状態に陥れた今作の黒幕。
その正体はナルトが誤解されていたうずまきメンマという月読世界のナルト。姿はナルトと瓜二つだが、髪の色が黒くなっていて(他に、目の下にはクマがあったり、頬の髭がナルトより多少濃いことなど)、性格も非常に残忍で凶悪である。
最終決戦は黒九尾の封印を解いてナルトを襲うが、九尾の助力を得たナルトに敗北する。だが、元々九尾を捕えるのが目的だったマダラが彼に乗り移り、写輪眼を開眼して再びナルトを襲う。
九面獣
仮面の男(黒ナルト)が操る仮面を被っている獣。
天女
どこまでも伸びる羽衣で攻撃する。
北斗仙人
南斗仙人と同様の杖の先端が、キツネの顔になっている杖を所持している。
南斗仙人
北斗仙人と同様の杖の先端が、キツネの顔になっている杖を所持している。
金蛇
蛇のような外見をしている。
白虎
虎のような外見をしており、とても痩せている。
玄武
甲羅などがあり、亀のような外見をしている。
朱雀
鳥のような外見をしている。
青龍
龍のような外見をしている。すきっ歯が特徴。
死神
刀のような武器を持っている。
九面子狐
九面獣そのものではないが、それぞれの九面獣の変化が解けた時に、どの九面獣もこの子狐になる。

その他[編集]

うみのイルカ
声 - 関俊彦
忍者学校の教師。ナルトの一番の理解者。
自来也
声 - 大塚芳忠
伝説の三忍。月読世界では予言の巻物「朱月の書」を里に持ち帰る途中に仮面の男に殺される。既に故人であるため、その人となりは不明だが、ミナトとの師弟関係は言及されている。
綱手
声 - 勝生真沙子
伝説の三忍の一人で、五代目火影。月読世界では真面目で貧乳。
シズネ
声 - 根本圭子
綱手の秘書。月読世界では気が強く巨乳。黒くてキレやすいトントンを抱えている。
秋道チョウザ
声 - 福田信昭
チョウジの父。
山中いのいち
声 - 中村大樹
いのの父親。
犬塚ツメ
声 - 藤生聖子
キバの母親。
ガマブン太、ガマ力
声 - 中博史桜井敏治
口寄せ蝦蟇。「朱月の書」の封印を守るトラップとして他の無数のガマ達と共に自来也に仕掛けられており、かかってしまったナルト達に攻撃を仕掛ける。

用語解説[編集]

限定月読(げんていつくよみ)の世界
原作において、マダラが実行しようとしている「月の眼計画」のために全世界に対してかけようとしている防御不能の大幻術「無限月読」の試作(外道魔像に封印されている一〜七尾の尾獣のチャクラを利用して編み出した術)として、ナルトとサクラを中心として限定的な発動を行うことにより生み出された架空の世界。
ナルトとサクラが術をかけられた時点で、一番願っていたことを元に生み出されており、生み出された時点では、マダラの意思も介在しているが、世界が固定化されるにつれ、マダラの意思で干渉出来なくなると述べており、最終的に直接介入が出来なくなった。
ナルトとサクラの願いを基本としているため、両者にとって表面的な不都合がない世界となっているが、同時に様々な矛盾(ナルトの出現前後のメンマの立ち位置)も生まれており、マダラは「ナルトとサクラの存在による世界の歪み」とのみ述べている。また、この世界の住人にとってはそれも当たり前であるため、違和感をもつ者は皆無であるが、イタチのみはその違和感をもっていたような描写(その違和感について、行動を起こす描写は無い)があり、マダラも厄介な奴と述べている。
朱月の書(しゅげつのしょ)
月読世界で猛威を振るう仮面の男を封印出来るとされる予言の巻物。自来也が死の際に複雑な術で封印していたため、誰にも手出し出来なくなっていた。これがナルトの勝利の鍵となった。

スタッフ[編集]

  • 原作/企画・ストーリー/キャラクターデザイン - 岸本斉史(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
  • 監督 - 伊達勇登
  • 脚本 - 宮田由佳
  • キャラクターデザイン - 西尾鉄也鈴木博文、山下宏幸
  • プロップデザイン - 朝井聖子、石川準
  • アクション監修/イメージボード - 高岡じゅんいち
  • 絵コンテ - サトウシンジ、にいどめとしや、増田敏彦、香川豊、大森英敏、櫻井親良、黒津安明、伊達勇登
  • 演出 - 水野和則、濁川敦、にいどめとしや、追崎史敏、玉田博
  • 作画監督 - 大西雅也、清水義治、堀内博之、拙者五郎、櫻井親良、金塚泰彦、兵渡勝、堀越久美子、山下宏幸、浅野直之大倉雅彦、福島秀機、山形孝二、大塚八愛、橋本浩一、藤田正幸、丸山修二、飯田宏儀
  • 作画監督補佐 - Eum lk Hyun、Lee Sang Min、Park Hong Keun
  • エフェクト作画監督 - 桝田浩史
  • エフェクト作画監督補佐 - 橋本敬史、遠藤正明、高岡じゅんいち
  • 美術監督 - 横松紀彦
  • 美術監督補佐 - 清水友幸
  • 色彩設計 - 川見拓也
  • 撮影監督 - 松本敦穂
  • 撮影助監督 - 木村伸夫
  • 編集 - 森田清次、及川雪江、大野雄一
  • 音楽 - 高梨康治、刃-yaiba-
  • 音響監督 - えびなやすのり
  • 録音演出 - 神尾千春
  • 脚本協力 - 武上純希、彦久保雅博
  • 制作デスク - 平川千輝、富岡亮
  • 企画 - 川崎由紀夫、茨木政彦、本間道幸
  • プロデューサー - 白石誠(テレビ東京)、朴谷直治(studioぴえろ)
  • アソシエイトプロデューサー - 廣部琢之、上田憲伯、今井陽介
  • アニメーション制作 - studioぴえろ
  • 制作 - 劇場版NARUTO製作委員会(テレビ東京集英社studioぴえろアニプレックス電通バンダイ
  • 配給 - 東宝

主題歌[編集]

関連作品[編集]

入場者特典DVD
『MOTIONCOMIC NARUTO-ナルト-』は原作者監修による、全国先着150万名限定の入場者限定特典のDVDコミック。同時にミラクルバトルカードダスも特典として付く。
外伝漫画
『NO.MOVIE9』は週刊少年ジャンプ2012年34号に掲載された劇場公開記念の外伝読切[5]。映画前夜のエピソードで、ロック・リーの思い付きから皆で銭湯に行き、そこで起こる騒動を描いたエピソード。「NARUTO -ナルト-」第61巻をキャンペーン対象書店で購入するともらえる冊子『巻ノ忍』にも収録される。
外伝アニメ
NARUTO -ナルト- 疾風伝
2012年7月26日放送の第491話『映画公開記念!「ROAD TO SAKURA」』。劇場版と同時進行する特別編で、サクラが記憶喪失になってしまうエピソード。
2013年5月2日放送の第531話『PROLOGUE OF ROAD TO NINJA』は、Blu-ray&DVD発売記念として上記外伝漫画をアニメ化。
NARUTO -ナルト- SD ロック・リーの青春フルパワー忍伝
2012年7月24日放送の第17話「ROAD TO GUYです!」および「実録!木ノ葉の里の妄想映画祭です!」。双方共に映画に関連したエピソードになっている。
アトラクション
『ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE- in ナムコ・ナンジャタウン』はナムコ・ナンジャタウンで開催の2012年7月21日から9月2日までの期間限定アトラクション[6]。謎解き忍術バトルアトラクション『ROAD TO NANJA 暁のアジトに潜入せよ』。

脚注[編集]

外部リンク[編集]