魔法のアイドルパステルユーミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ぴえろ魔法少女シリーズ > 魔法のアイドルパステルユーミ
魔法のアイドル パステルユーミ
ジャンル 魔法少女アニメ
アニメ
監督 鴫野彰
シリーズ構成 今井詔二
キャラクターデザイン 洞沢由美子、本山浩司
音楽 馬飼野康二
アニメーション制作 スタジオぴえろ
放送局 日本テレビ
放送期間 1986年3月7日 - 1986年8月29日
話数 全25話
シリーズ作品
テンプレート - ノート

魔法のアイドル パステルユーミ(まほうのアイドル パステルユーミ)はスタジオぴえろ(現・ぴえろ)作、日本テレビ系列(NNS)で放送されたテレビアニメ1986年3月7日から同年8月29日まで(放送期間は、キー局・日本テレビ、他一部のNNS系列局でのもの)、全25話が放送された。

作品解説[編集]

魔法の天使クリィミーマミ』、『魔法の妖精ペルシャ』、『魔法のスター マジカルエミ』に続く「ぴえろ魔法少女シリーズ」の第4作。

花と絵が大好きな少女・花園ユーミが花の妖精と出会い、描いたものを実体化させる魔法のステッキを授かり、その力で様々な活躍をする、というお話。タイトルに「アイドル」とあるものの、『マミ』や『エミ』のように主人公が人気アイドルに変身して芸能界で活躍する話ではない。

本作品も完全なオリジナル企画であり、原作は存在しない。前作『マジカルエミ』が人物描写に重きを置くあまり魔法の要素が希薄化していったことから、本作では大幅な方針転換が行われ、シリーズ4作目で最もオーソドックスな魔法少女アニメとして製作された。前3作のような日常生活や背景描写に溶け込むような演出が見られなくなり、逆にコミカルタッチで明るいノリのアニメになった。主人公は変身せず、魔法を使うことの楽しさに重点が置かれ、また主人公に対立するキャラクターも設けられた。その反面、これまでのシリーズでは主人公や周囲の人々の精神的な成長が大きな特徴の一つだったが、本作での目標は、終了1話前に示された「フラワータウンと花の国の危機を救うこと」で、事前事後で周囲の関係に特段変化は描かれなかった。

本作はオーソドックスな魔法少女アニメに回帰したものの、それによって現実離れしたキャラクターや荒唐無稽なシナリオが多くなった。さらに演出面でも今までのシリーズと比較して高年齢層のファン向けの「狙った場面」が多くなり、主人公・ユーミが魔法の効果でパンツ1枚だけの裸になったり、「お風呂好き」という設定から頻繁に入浴シーンが登場するなど、主人公が小学生にもかかわらず過剰なまでに裸が強調されたお色気シーンも多かった。中には入浴時の露出の高さをテレビ局側より問題視されてしまい、裸を湯気のエフェクトで隠したカットに変更された例もあるなど、女児向けのアニメから逸脱した演出が非常に多く、スタッフ側においても大きな問題点とみなされていた。

それらの演出面での影響と、放送当時すでに魔法少女系アニメのブームが下火になっていたことも重なって視聴率は振るわず、結果的に「ぴえろ魔法少女シリーズ」では最短となる第25話で放送が打ち切られる形で終了。4作目でシリーズに大きな区切りがつけられることとなった。

また、主人公の声と主題歌を担当したアイドル歌手志賀真理子が放送終了の3年後に急逝したこともあり、他のシリーズ作品と比べて語られる機会が少なくなっていった。

スタジオぴえろは、本作品が終了した後も新たな魔法少女作品の模索を続けた。一例として、ユーミが終了する1986年に企画が立ち上がった『ファッションララ』シリーズのぬりえは1998年まで続けられた[1]。しかし、テレビアニメとしては次作『魔法のステージファンシーララ』まで10年以上の歳月を要した。

ストーリー[編集]

主人公・花園ユーミは、花と絵が大好きな10歳の少女。ある日ユーミは、花の妖精かき丸・ケシ丸に出会う。花の国では、毎年春に花を愛する子供に魔法を贈る習慣があり、ユーミはかき丸・ケシ丸に魔法のステッキを授かる。ユーミはこの魔法の力で自分の描いた絵を現実化させ、様々な活躍をする。

魔法[編集]

効果は、描いたものが一定時間だけ実体化することである。魔法のスティックを使ってイメージしたものを空間に描き、最後に呪文を唱えることで描いたものが実体化する。そして実体化させたものは、胸のペンダントが点滅を始めると30秒で舞い散る花びらとなって消滅する。描くことそのものに制約はないが、一度描いたものは二度と実体化させることはできない。

実体化したものの多くは短時間で消えるが、第10話で実体化させたオバケのように数日間にわたって消滅しなかった例もある。

前3作品と異なり、変身はできない。

登場人物[編集]

スタッフ[編集]

  • 制作:布川ゆうじ
  • プロデューサー:堀越徹、大野実、鈴木義瀧 
  • シリーズ構成:今井詔二
  • キャラクターデザイン:洞沢由美子、本山浩司 - ダブルクレジットで開始されたが、洞沢は途中で降板した[2]
  • 音楽:馬飼野康二
  • 音響監督:藤山房延
  • 美術監督:三浦智
  • 美術設定:佐藤正浩
  • 撮影監督:森口洋輔
  • 制作担当:鈴木重裕
  • 監督:鴫野彰
  • オープニング、エンディングアニメーション:マジックバス
  • 制作:スタジオぴえろ

主題歌・挿入歌など[編集]

主題歌
オープニングテーマ - 「金のリボンでRockして」
エンディングテーマ - 「フリージアの少年」
2曲ともに、作詞 - 麻生圭子 / 作曲・編曲 - 山川恵津子 / 歌 - 志賀真理子
オープニングはユーミの恭平への思いを歌ったもので、映像もそれに合わせたものとなっている。エンディングはそれまで特に意識していなかったクラスメイトの少年を、異性として意識するようになってしまった少女の思いを歌ったもので、映像はクラスメイト同士のユーミと健太がメインとなっている。
挿入歌
「青空パステル・キャンパス」(歌 - 志賀真理子)
「ストップ!うそつき少年」(歌 - 富永みーな)
2曲ともに、作詞 - 只野菜摘 / 作曲・編曲 - 馬飼野康二
「パステル・キャンパス」はユーミが作中で魔法を使用する際に使用された曲で、魔法を使用するシーンでボーカル曲を使うという前3作にはない試みが行われた。劇中ではサビ部分を使用している。
「うそつき少年」は第17話でユーミがバスに乗って祖母のいる家へと向かう場面で使用された。
ミュージッククリップ - 「Chapter True Love」
作詞 - 佐藤ありす / 作曲 - TSUKASA / 編曲 - 関根杏里 / 歌 - 太田貴子
1999年にバンダイビジュアルが発売したLD-BOX用に製作された、新規作画による特典映像。成長したユーミがデッサンにいそしむ様子などが描かれている。

各話リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 作画監督
1 1986年
3月7日
街は魔法で花ざかり 立花あずま
石川良
鴫野彰 洞沢由美子
2 3月14日 ステキな魔法の使い方 立花あずま 香川豊 伊達真紅郎
3 3月21日 よろしく冒険ガール 石川良 吉田浩 上條修
4 3月28日 おじいちゃん冒険旅行(アドベンチャー) 岡部俊夫 鴫野彰 山崎友正 下田正美
5 4月4日 紙ヒコーキからの伝言(メッセージ) 小西川博 片山一良 洞沢由美子
6 4月11日 ふたりの袋小路さん 三宅直子 香川豊 高倉佳彦
7 4月18日 涙のダイエット日記 丸尾みほ 岩田六 鴫野彰 工藤柾輝
8 4月25日 もう一度ロマンス 荒木芳久 立場良 高岡希一
9 5月2日 とべ 愛の翼でスカイハイ 菅良幸 森脇真琴 山崎友正 岸義之
10 5月9日 いたずらオバケに御用心 丸尾みほ 本郷みつる 加藤鏡子
11 5月16日 ふしぎ? 黄金鳥伝説 菅良幸 香川豊 下田正美
12 5月23日 お嬢様はつらいよ 立花あずま
立川博
立場良 高倉佳彦
13 5月30日 おまかせキューピット 菅良幸 片山一良 洞沢由美子
14 6月6日 想い出に消えたかき丸 立花あずま
立川博
鴫野彰 下田正美
15 6月13日 妖精がくれた音楽会 荒木芳久 香川豊 柳沢まさひで
16 6月20日 すみれ色の初恋 丸尾みほ 立場良 高倉佳彦
17 6月27日 ユーミちゃん気をつけて 久島一仁 本郷みつる 加藤鏡子
18 7月4日 発車ベルが鳴るまで 立花あずま
石川良
鴫野彰 下田正美
19 7月11日 花ビラのステップ 静谷伊佐夫 香川豊 洞沢由美子
20 7月18日 花を愛してみませんか? 菅良幸 立場良 きくちみちたか
21 7月25日 はばたけ空へ 風をうけて 荒木芳久 本郷みつる 加藤鏡子
22 8月1日 恋のミスキャスト 静谷伊佐夫 鴫野彰 下田正美
23 8月8日 家出したお父さん 丸尾みほ 香川豊 高倉佳彦
24 8月15日 さよならフラワータウン 立花あずま
石川良
立場良 青嶋克己
25 8月29日 忘れないでメモリー 鴫野彰 垣野内成美

放送局[編集]

OVA[編集]

『魔女っ子クラブ4人組 A空間からのエイリアンX』(製作:1987年)

『マミ』~『ユーミ』までのヒロイン4人が一堂に会するOVA作品。特別に与えられた魔法を使って変身し、地球を侵略するエイリアンと月面で激しい戦いを繰り広げるという話。変身できないユーミは魔法を使って全員のパワードスーツを描き、実体化させている。

関連商品[編集]

映像[編集]

TVシリーズ[編集]

ビデオソフト
  • 魔法のアイドルパステルユーミ[誕生編](1986/05/21 VHS 60731-88 β 60832-88)発売:VAP
01・02話収録
1巻 1999/05/25 BES-2002 01~05話収録
2巻 1999/05/25 BES-2003 06~09話収録
3巻 1999/06/25 BES-2004 10~13話収録
4巻 1999/06/25 BES-2005 14~17話収録
5巻 1999/07/25 BES-2006 18~21話収録
6巻 1999/07/25 BES-2007 22~25話収録


LD
  • 魔法のアイドルパステルユーミ・パーフェクトメモリアル ON TV
    (1993/03/21 LD VPLY-70934)発売:VAP
    全話収録LD-BOX
  • 魔法のアイドルパステルユーミ・フラワータウンボックス
    (1999/03/25 LD BELL-1191)発売:バンダイビジュアル
    LD-BOX・TV全話、MC「Chapter True Love」(音声ステレオ)収録
DVD

バンダイビジュアルより発売。

  • 魔法のアイドルパステルユーミ DVD COLLECTION BOX(2003/08/22 DVD BCBA-1406)
    DVD-BOX、TV全話、OVA「魔女っ子クラブ4人組 A空間からのエイリアンX」、MC「Chapter True Love」収録

単体発売OVA[編集]

合同編集
  • 魔法シリーズ思い出のベストテン
    (1987/ / VHS DPF201 09/21 LD<CAV> LSP-1111)発売:エスビーオー
    マミ~ユーミの名迷場面をランキング形式で紹介、本作に関しては「ある事情」で未放映のカットが収録されている。FC通販による先行発売版あり
  • 魔女っ子クラブ四人組 A空間からのエイリアンX
    (1987/07/28 VHS BES-185 β BEB-185)発売:バンダイビジュアル
    DVDはCOLLECTION BOXの映像特典として収録。単品発売なし。

音楽[編集]

ADはアナログレコードの意味。

シングル

主題歌を含めた志賀真理子名義のシングルは(こちら)を参照のこと。

アルバム
  • 魔法のアイドルパステルユーミ音楽集Vol.1
    (1986/04/25 AD K-10037 05/25 CD 30XL-149)発売:ワーナーパイオニア
    本編サントラ、OP・ED、志賀真理子の挿入歌、BGM4曲(ミニアルバム)
  • 魔法のアイドルパステルユーミ音楽集総集編
    (1986// AD K-10038 09/25 CD 30XL-202)発売:ワーナーパイオニア
    OP・ED、挿入歌、Vol.1未収録BGMによる構成
  • ANIMEX Special Selection 1 魔法のアイドルパステルユーミ音楽集総集編
    (2005/12/21 CD COCX-33506)発売:コロムビアミュージックエンタテインメント
  • ANIMEX Special Selection 2 魔法のアイドルパステルユーミ音楽集Vol.1
    (2005/12/21 CD COCX-33507)発売:コロムビアミュージックエンタテインメント
    共にアルバム音楽集の復刻再版。収録曲は同一。
合同編集

書籍[編集]

アニメ関連[編集]

合同編集
  • 魔女っ子倶楽部
    (1987/10/15発行、A4判一部カラー100p、バンダイ刊)
    マミ~ユーミにミンキーモモを加えた合同編集本。
    設定、作品解説、スタッフイラストコメント、グッズ、エイリアンXフイルムストーリー他

コミック[編集]

『魔法のアイドル パステルユーミ』(あらいきよこ著、小学館フラワーコミックス、全2巻)

  1. 昭和61(1986)年9月20日初版 本編第1~第4話、短編1作を含む
  2. 昭和61(1986)年12月20日初版 本編第5~第8話・番外編、短編1作を含む

(掲載期間)

  • 本編第1~第3話、及び第5~第8話……『ちゃお』昭和61年4月号~11月号(第3話のみ2ヶ月掲載)
  • 本編第4話……『ちゃおマイラブ』昭和61年盛夏号
  • 番外編……『ちゃおマイラブ』昭和61年初夏の号
  • アニメと連動したコミック化で、原作ではない。前作の『マジカルエミ』に引き続いて漫画家・あらいきよこが担当した。基本設定はアニメと同じだが、前作同様にストーリーはほぼオリジナルである。ただし、袋小路夫人はほとんど登場せず、その代わりにオリジナルキャラクターとして、夫人のめいでユーミと健太のクラスにやってきた転校生の北泉麻里香を交えて展開した。また魔法を自分勝手に使うことは妖精から固く禁じられているなど、細部には相違がある。
  • アニメでは10歳だったユーミと健太の年齢が、コミックは14歳に設定変更されている。これにより、恭平との年齢差が縮まりバランスが良くなった。
  • 総じて現実離れした話が多かったアニメに比べて、本作のユーミは設定よりも内面が深く、ストーリーも魔法の使用を制限した分、地に足がついたものが多くなった。最後もユーミの幸福な未来を暗示させる形で終了している。

注釈[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ バンダイ刊『魔女っ子倶楽部』のイラストコメントによる。

外部リンク[編集]

日本テレビ 金曜18:00~18:30
前番組 番組名 次番組
魔法のアイドルパステルユーミ
NNNライブオンネットワーク
(18:00-18:55へ変更、
これよりニュース枠