ユメミと銀のバラ騎士団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユメミと銀のバラ騎士団』(ユメミとぎんのバラきしだん)は、藤本ひとみによる日本ライトノベルシリーズ。1989年から1993年にかけて、集英社コバルト文庫から刊行された。通称「銀バラ」。挿絵はしもがやぴくす&みらい戻が担当した。

同作者の『まんが家マリナ・シリーズ』『花織高校シリーズ』『新花織高校恋愛サスペンス』と同世界で書かれている。

続編は『サラマンドラの聖冠』というタイトルであることのみ明かされていたが出版されず、上記の『マリナ・シリーズ』『恋愛サスペンス』と共に未完のまま絶版となった。

2013年4月から、加筆及びイラストを一新してエンターブレインより『夢美と銀の薔薇騎士団』として復刊(リメイク版の刊行)が開始された。それに伴い、幻となっていた『サラマンドラの聖冠』は予告から20年を経て初めて出版された。

あらすじ[編集]

同じ学校の先輩である鈴影聖樹の家に招かれた佐藤夢美は、ある部屋に置かれていた箱を手に取る。そのとき窓からサッカーボールが飛び込み、夢美が持っていた箱に当たってしまう。開いてしまった箱から光が発し、その場に駆けつけた高天宏、光坂亜輝、冷泉寺貴緒は、月光を浴びたとき、または夢美が胸を「ドキッ」とときめかせたとき、それぞれ狼・猫・鷹に変身するという呪いがかけられてしまった。夢美もまた、3人に呪いをかけた「月光のピアス」が、耳から外れなくなってしまう。

鈴影は、「月光のピアス」の呪いは秘密結社「銀の薔薇騎士団」から失われてしまった「三宇宙四聖霊の聖物」が全て揃えば解けるという。

かくして、夢美たち4人は呪いを解くべく、鈴影に協力し「三宇宙四聖霊の聖物」を探すこととなった。

主な登場人物[編集]

佐藤 夢美(さとう ゆめみ)
母を亡くして以来、双子の弟達と父の面倒をみている主人公。高校2年生。家事全般を得意としている。
「三宇宙四聖霊の聖物」の一つ、「月光のピアス」が耳に刺さり、取れなくなったことからこの物語は始まる。
鈴影 聖樹(すずかげ せいじゅ)
フルネームは、聖樹・レオンハルト・ローゼンハイム・ミカエリス・鈴影(せいじゅ・レオンハルト・ローゼンハイム・ミカエリス・すずかげ)。日本の高校に通う高校3年生。元サッカー部部長 (GK)
ドイツの名門ミカエリス家の当主にして、秘密結社「銀の薔薇騎士団」総帥。世界中に散らばってしまった「三宇宙四聖霊の聖物」を総帥の名にかけて回収している。
ミカエリス家の庭に捨てられていた捨て子であり、ミカエリス家では血の繋がらない養子として育つ。だが、両親はミカエリス家の宿敵、アルディ家の当主マクマリオン・ドゥ・アルディ(「まんが家マリナ・シリーズ」のシャルル・ドゥ・アルディの祖父)と、ミカエリス家当主の末娘、ジュリアであるとのちに作中で明らかにされる。二人の間には2人の男の子が生まれ、一人(兄)はアルディ家に引き取られ(ルパート・ドゥ・アルディ、シャルル・ドゥ・アルディの叔父として作中に登場する)、もう一人(弟)はミカエリス家の庭に捨てたところを拾うという形でミカエリス家に引き取られる。これが鈴影聖樹である。
高天 宏(たかま ひろし)
夢美の隣の家に住む幼馴染。現サッカー部部長の高校2年生、鈴影の部活の後輩。夢美に月光のピアスが刺さったとき、発せられた光を浴びてしまった一人。月光のピアスの呪いにより「銀色の狼」へと変身してしまう。夢美に恋をしている。
光坂 亜輝(こうさか あき)
高天のサッカー部の後輩。高校1年生。霊媒体質。夢美に月光のピアスが刺さったとき、発せられた光を浴びてしまった一人。月光のピアスの呪いにより「猫」へと変身してしまう。夢美を慕っている。0歳からスイミングに通っているため、肩下まであるウルフカットの髪は塩素で色素が抜けて金髪。肌の色も抜けるように白い。
冷泉寺 貴緒(れいせんじ たかお)
鈴影の幼馴染の高校2年生。冷泉寺財閥の令嬢にして才媛。冷泉寺財閥の一族の娘で、実力テストで500点満点を叩きだす学年ナンバーワンの成績をほこる、細身で長身の大美人。
冷静沈着で理性的、冷淡で時には冷徹ですらあるという性格ゆえに、芸術的才能がなく、ロマンやムードを解さず、科学的に証明できない事象は一切信じない。:特に医療に関する造詣が深い。夢美に月光のピアスが刺さったとき、発せられた光を浴びてしまった一人。月光のピアスの呪いにより「純白の鷹」へと変身してしまう。長く鈴影のことを想っている。

用語[編集]

三宇宙四聖霊の聖物
秘密結社「銀の薔薇騎士団」の至宝。通称「七聖宝」。月光のピアス・星影のブレス・太陽のリング・サラマンドラの聖冠・オンディーヌの聖衣・風のシルフの聖十字・土のグノームの聖剣の計7つ。
貴女(ダァム)
秘密結社「銀の薔薇騎士団」の騎士(団員のこと)に霊感を与え、騎士に崇拝される騎士団の象徴たる少女のこと。尚、現実社会では騎士が終生、愛と忠誠を捧げる淑女のこと。または女性騎士(Dame knightの女性形)を指す。

小説[編集]

集英社コバルト文庫)刊

  • 月光のピアス (1989年7月)
  • 星影のブレス (1989年10月)
  • オンディーヌの聖衣 (1990年4月)
  • 黄金のダガー (1990年11月)
  • 天使のカンタレラ (1991年4月)
  • 銀のメサイア (1992年1月)
  • 緋のチェイカー (1993年6月)
  • 外伝 銀狼ロマンス - 『ひとみWorld夢辞典1』収録(1990年11月)
  • 外伝 白鷹どりいむ - 『ひとみWorld夢辞典2』収録(1991年7月)
  • 外伝 銀狼より愛をこめて - 『ひとみ愛ランド』収録(1991年8月)
  • アニメ版カラー・ポスト・カード『月光のピアス』(1991年12月)

漫画[編集]

しもがやぴくす&みらい戻 作画、集英社 刊

  • 月光のピアス (全1巻、1992年6月)
  • 星影のブレス (全2巻、1992年12月 - 1993年3月)

ドラマCD[編集]

集英社 刊

  • 月光のピアス (1991年3月)
  • 天使のカンタレラ (1991年12月)
  • 銀のメサイア (1992年7月)

キャスト[編集]

佐藤夢美:鶴ひろみ/鈴影聖樹:井上和彦速水奨/高天宏:佐藤政道草尾毅関俊彦/光坂亜輝:島田敏佐々木望/冷泉寺貴緒:島本須美向殿あさみ榊原良子

映画[編集]

月光のピアス ユメミと銀のバラ騎士団』が、1991年12月14日に公開された。シリーズ第1作『月光のピアス』のアニメ映画化作品である。本編70分。併映作は一条ゆかり原作の『有閑倶楽部 香港より愛をこめて』。のちにVHSで販売された。

あらすじ[編集]

佐藤夢美は高校2年生。母を亡くしてからは父と弟の世話に追われていた。そんな夢美が、毎夜同じ夢―1人の騎士から満月色のピアスをつけてもらう―を見るようになった。しかもその騎士というのは、憧れの先輩・鈴影聖樹なのだ。ある日、その夢は現実になる。鈴影家で、幼馴染の高天宏が蹴ったボールが“呪いのピアス”が入った箱の封印を破り、中のピアスが夢美の耳にはまって、取れなくなってしまったのだ。人を動物に変身させるピアスの呪いを解くために、夢美たちは聖樹の故郷ドイツへと向かうが…。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]