捨て子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

捨て子(すてご)、棄児(きじ)とは、想定外の妊娠愛人の存在、生活苦、育児放棄といった親の都合で、路上や他人の家、児童養護施設等にこっそり置き去られた子供を指す。 日本マスコミでは、差別用語に当たるとして捨て子という表現を避け、赤ちゃん置き去りと言うことが多い。

概要[編集]

捨てられた子供は嬰児の頃なら、拾った人間が事実を伏せるといった措置をとれば幾分かは子供の苦しみが和らぐが、1~3歳などの物心が付き始めた子供は捨てられた事実を認識しているために、精神的なショックでPTSDなどの疾患を病み、悪い場合は成人しても引きずる事がある。

日本では1970年ごろ、コインロッカーの普及に伴い同設備に乳児を閉じ込め、置き去りにするという痛ましい事象が頻発した。こうした子どもたちを「コインロッカーベイビー」と称する事がある。

ドイツオーストリアなどの国々では、こういった捨てられる両親不明の子供を救う為に2001年から病院の玄関に「赤ちゃんポスト」と呼ばれる、養育が困難になって育てきれなくなった子供、または私生児などをこのポストに入れて病院側に養育を委託するという措置がとられるようになった。

これにならって日本でも熊本県熊本市にあるカトリック系の慈恵病院赤ちゃんポストが2007年5月10日に設置された。世評では「身寄りの無い子供を助けるのは人間としてあるべき姿」「単なる善意と愛情だけではかえって捨て子を誘発する危険がある」などの賛否両論に分かれている。

救護・養育の歴史[編集]

日本の近世社会においては、江戸後期の京都冷泉町に伝わった捨子関係文書(冷泉町文書)に拠れば都市社会で捨子が発生した場合には町奉行所は直接的な救済を行わず、町の責任で里親希望者を募集し、里親が見つかるまでは町での養育を義務付けられている。里親は希望する理由を審議され、奉行所から許可されると請人や親分などの保証人を立て、遊女奉公へ出さないことなど誓約を取り決めた後に養子として引き取られている。

また、里親が捨子を引き取る際には持参金や衣類が町から支出されており、捨子が発生した際には町に様々な負担が存在し、この負担を軽減させるために里親養子制が確立していったと考えられている。

戸籍[編集]

捨て子はすでに出生届が出されており、戸籍が作成されている可能性が高いが、身元不明であることが多く、本名、本籍地、親の氏名などが不明であることが多い。 そのような場合には家庭裁判所に就籍許可を申し立て二重戸籍になる可能性を容認して戸籍を作成する。

本籍地は乳児院児童養護施設などの住所になることが多く、生年月日は推定される年に拾われた日を誕生日として設定されることが多い。苗字などについては申し立てた人物や保護者などから取ったりする。 赤ちゃんポストの場合は新生児への命名は熊本市長が行うとしている。

親が現れるなど、なんらかの事情により身元が判明した場合には仮の戸籍を抹消する申し立てを家庭裁判所の行い、本来の戸籍に復帰することになっている。

ドラマ、映画、マンガ等で登場する捨て子[編集]

ピーター・パン - 映画『フック
主人公「ピーター・バニング」の回想シーンに登場する生後7日目の赤ん坊ロンドン郊外に住む弁護士の父と貴族の母の長男(第一子)として生まれる。生後7日目に郊外近辺の丘で母親が知人の女性と会話している最中に強風で乳母車ごと坂道を転がり落ちてしまい、森林の奥の広場の円形の石畳にぶつかり、その衝撃で外に放り出され石畳の上に叩きつけられて大けがしてしまう。夜になり雨が降っても母親さえ探しに来ることが無ければ、近辺の住人誰一人も来ることもなかった....。乳母車は横倒しになり、生後7日目の赤ちゃん「ピーター・パン」は石畳の上の真ん中で叩きつけられた激しい痛さと誰もいない寂しさに両手両足をバタバタしながら大声で泣き続けていた。その時に、妖精ティンカー・ベルと初めて顔合わせとなり、妖精の粉を掛けてもらった後、ぬいぐるみタディ」と一緒にネバーランドへと旅立っていった。
スウィーピー - 実写映画『ポパイ
スイートヘヴンの港町で暮らす老婆の家で育てられていた赤ん坊。捨てられる直前は家でベビードレスを着せられ、頭にベビーボンネットをかぶせたあと、おくるみにくるんでクッションが入ったクーハンに入れて寝かせつけられる。寝てる間にベビードレスの胸元にピンセット手紙がつけられ、哺乳瓶がらがらも添えられふたで閉じられてしまう。その夜にオリーブのバスケットとすり替えられてしまい、事実上「捨て子」となってしまう。後にポパイとオリーブと対面することになるが、ポパイがベビードレスの胸元についていた手紙を読み、育ての老婆が病弱の為に育児が出来なくなってしまい赤ん坊を手放すことを知った時はあまりの悲しさに泣いた。その後はポパイやオリーブに拾われ、無事に育てられることになる。
飛影 - 漫画『幽☆遊☆白書
生後まもなく故郷から追放された。故郷、「氷河の国」は魔界にある空に浮かぶ島で雪女しか生息していない。本来は女児しか生まれないが下界の男と交わった場合、その雪女は出産時に死亡、産まれた男児によって国は種の存続の危機にあっていた。そのため国は男児であった彼を「忌み子」と称し、下界へ突き落とした。奇跡的に生き延びた彼は盗賊に拾われ、そこで「飛影」と名付けられる。それまでの男児と同じく極めて凶悪で残酷な性格であり、最初の生きる目的が「復讐として国にいる雪女を皆殺しにする」であった。しかし形見の宝石ペンダント「氷泪石」に秘められた不思議な力によってその思いは次第に薄れていき、純粋に故郷に里帰りしたいと考えるようになる。そして紆余曲折を得て飛影は故郷に足を踏み入れるが、外へ出ることも許されない彼女達のいじけさに復讐する気さえ失せた。また、母親の墓場の扱いが雑であったことは、それが母親の意思であると考えた。そして帰郷により飛影は自分に双子の妹がいること、彼女は人間界にいることを知り、一目見ようと人間界に旅立った。ちなみに人間界で知り合った同属、蔵馬が現在の彼の保護者的存在となっている。
ブルドントJr. - 特撮テレビドラマ『超力戦隊オーレンジャー
物語終盤に登場する皇帝カイザーブルドントと皇妃マルチーワの間に生まれた子どもであり、皇太后ヒステリアに情愛の感情をもたらした。澄んだ目が特徴で、どちらかといえば母親似だが、祖父のように目を開閉できる。マシン帝国バラノイアが地球征服を達成してから半年後に生まれたばかりの赤ん坊であるために名前は決まっていなかった。バラノイア敗戦後は、皇太后ヒステリアが処刑される前にオーレンジャーにこの子だけでも助けてほしいと懇願するが、オーレッドをはじめとする戦士が処刑を行う中でオーピンクがそれをためらった為に命は救われた。最後はガンマジンに引き取られ宇宙のかなたへと旅立っていった。皇妃マルチーワ曰く「可愛い赤ちゃん」で、皇太后ヒステリア曰く「何よりのプレゼント」。劇中では名前を呼ばれず、「ブルドントJr.」はムック本における便宜上の表記である。

その他[編集]

  • パキスタンのテレビ局が、2013年ラマダーン月間中に放送したクイズ番組「ラマダーンの祝福」なるもので、クイズに正解した家族に捨て子が賞品として贈呈された。この番組の男性司会者が、イスラム教に関するクイズを出題し、正解した夫婦2組に捨て子を贈呈、そのうちの1組は結婚14年でいまだ子宝に恵まれていないということで「神様からの贈り物」として喜んでいたが、欧米のメディアはこれに批判を示している[1]
  1. ^ 毎日新聞2013年8月3日付「パキスタン:捨て子の赤ちゃんがクイズ番組の「景品」に」 (執筆者・杉尾直哉 同8月6日閲覧)

関連項目[編集]