赤ちゃんポスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドイツの赤ちゃんポスト(内側から見た写真)

赤ちゃんポスト(あかちゃんポスト)とは、諸事情のために育てることのできない新生児を親が匿名で養子に出すための施設、およびそのシステムの日本における通称である。日本では唯一、熊本県熊本市にある慈恵病院がこのシステムを採用しており、同病院では「こうのとりのゆりかご」という名称を使用している。日本国外でも一部でこのシステムを採用している国や地域が存在する。

概要[編集]

設備の目的は、望まれない赤ちゃんを殺害中絶から守ることにある。新生児では外界に対する適応力(恒常性を維持する能力)が弱く、また単純にいわゆる「捨て子」として何らかの施設前に放置されると野犬低体温症熱中症といった脅威に晒される危険性すらあるため、これらの危険から守るために設置されている。

設置に際しては、しばしば「捨て子」を容認するのかといった議論にも発展するシステムではあるが、それ以上に「捨て子」が依然として存在している以上、それらの新生児は早急かつ安全に保護されてしかるべきだという議論もあり、道徳人道の双方の観点からの議論がある(後述)。

この仕組みは法的裏付けが十分でないにも拘らず、ベルリンの壁崩壊後のドイツ国内にて旧東ドイツ地域を中心にNPOキリスト教団体・病院などにより次々に設置され、2005年時点で80ヵ所を超えている。ハンブルクでは2000年の開設以来5ヵ年間に22人の赤ちゃんの命が救われた。こと同地域では、冬季に夜間の温度が氷点下にまで下がるにも拘わらず、慈善団体施設の前に放置された乳幼児が凍死した事件が契機となって設置が進んだという事情も報じられている。

これらでは、屋外と屋内に扉が設けられ、中には新生児の入ったバスケット程度の空間があり、冬は適度に保温され、夏は猛暑に晒されることが無いように工夫されている。この中に新生児を入れると、宿直室の呼び出しブザーなどに直結されたセンサーが働き、職員がすぐさま安全に保護できるような工夫も見られ、その一方ではポスト内部に捨てに来た親向けのメッセージカード(手にとって持ち帰ることができる)が用意され、このカードに同ポスト設置施設や児童相談所などの連絡先が記載されており、後々「捨てた」のを後悔して親であることを名乗り出る際に役立つといった配慮も見られる。

名称[編集]

慈恵病院(後述)が参考にしたドイツでは "Babyklappe" と呼ばれている[1]英語の baby [2]ドイツ語の Klappe を合わせた単語であるもう一つの呼び名として "Babywiege" がある[3]英語では "Baby Hatch" と呼ばれている。イタリア語では "Culle per la vita" (命のゆりかご)と呼ばれている。中国語では「棄嬰艙」「棄嬰信箱」などと呼ばれ、呼称が定まっていない。

日本語の「赤ちゃんポスト」という呼称がいつ頃、どのようにして用いられるようになったかははっきりしない[4]。賛成・慎重双方の立場から「ポスト」という形容に違和感が表明されており、将来的に異なる呼び名が提起される可能性もある[5]

歴史[編集]

日本以外[編集]

数世紀もの間、「赤ちゃんポスト」の原型ともいうべき施設はさまざまな形で存在していた。このようなシステムは中世及び18世紀から19世紀にかけて広く普及していた。しかし1880年代後半から次第に姿を消していく。ヨーロッパにおけるこうした施設の先駆例としては、1198年ローマ教皇インノケンティウス3世の指示の下、イタリアの養育施設で作られたものが挙げられる[要出典]ドイツハンブルクでは、1709年にある商人が孤児院の中に Drehladen と呼ばれる施設を設置した。しかし5年後の1714年には、利用者が余りに多く、孤児院が経済的に養えなくなったため閉鎖している。その他に早期で有名なものは、カッセル1764年)やマインツ1811年)で設置されたものがある。大黒屋光太夫の口述などを元に記された北槎聞略には、18世紀後半のロシア帝国にも帝都ペテルブルクと旧都モスクワに「赤ちゃんポスト」そのものを備えた「幼院」の存在が、その運用方法などと共にかなり詳しく記されている。

今では赤ちゃんポストが再び注目されるようになり、1996年に最初の赤ちゃんポストが設置された後、多くの国で設置されるようになった。ドイツでは2000年にハンブルクのNPO法人によって始められ、公私立病院など約80か所に設置されている。

アメリカでは、病院が窓口となるセーフ・ヘイブン(en:Safe haven law)が州によって定められている。

日本[編集]

第二次世界大戦後、2-3年間にわたり戦災孤児救済のため「東京都済生会中央病院」で『捨て子台』と呼ばれる、赤ちゃんポストと同様の施設が設置されていた。児童福祉法制定後、孤児の数が少なくなったためこの施設は1948年(昭和23年)ごろに廃止された[6]

1986年から5年間、群馬県大胡町(現前橋市堀越町)にある養護施設「鐘の鳴る丘少年の家」で『天使の宿』と呼ばれる、赤ちゃんポストと同様の施設が設置されていた。しかし、1992年2月に施設内の新生児が凍死する事故が発生したため、閉鎖された。女優の木暮実千代が協力していた[7]

慈恵病院の「こうのとりのゆりかご」[編集]

熊本県熊本市慈恵病院[8]2006年12月15日に「こうのとりのゆりかご」の設置申請を熊本市に提出。翌2007年4月5日に市はこの申請を許可し、5月1日に完成。5月10日正午から運用を開始した。

施設には、人目につきにくい病院東側に60cm×50cm大の扉があり、内部には36度に設定された保育器(インファント・ウォーマー)が設置されている。新生児が入れられるとアラームが鳴り、医療従事者が駆けつける。監視カメラが設置されているが、親の匿名性を守るため子のみしか映らない。そこに入れられるのは生まれてから2週間以内の子供に限られる。扉を閉めると、新生児の連れ去りを防ぐ「自動ロック」により、入れる側からは開けられなくなる。

預けられた子供は慈恵病院が健康状態を確認し、熊本市児童相談所が県内の乳児院に移す。乳児院は熊本市の熊本乳児院と慈愛園乳児ホーム、八代市の八代乳児院の3か所。慈恵病院には預けられた期間に応じて、一時保護委託費(1日当たり1800円)、医療費などが支払われる。養護施設や乳児院には措置費(乳児院の場合、毎月約50 - 60万円)と子供の生活費、里親には手当(月3万円)と子供の生活費が支給される。これらの費用は国と、熊本県または熊本市が折半する。子供は戸籍法で棄児として扱われるため、熊本市長が命名し、戸籍を作成する。

2007年当時の県知事である潮谷義子は、かつて慈愛園乳児ホームの園長だった[1][2]。2007年5月29日、幸山政史熊本市長は「こうのとりのゆりかご」の運用状況について、年1回件数のみを公表するという市の方針を表明する。慈恵病院は運用開始から6ヶ月を経過した11月に、件数と子供の健康状態について公表する方針とする。

2012年3月、熊本市の有識者委員会の検証報告書で、留学のため預けた例、仕事の際に子供を預ける施設が見つからずに利用した例、未成年後見人の伯父がおいの男児を預けた後に相続財産を着服した例[9]といった、不適切な利用があったことがわかった。

2014年1月に行われた同病院の蓮田太二による講演で、平成19年から平成25年11月30日までに同病院が相談を受けたケースのうち特別養子縁組に至った190件中、43件が若年層の妊娠によるものであり23%の母親は15歳未満であったという。中には強姦の被害者が親に早期に打ち明けられず出産まで至った例や小学5年生の出産のケースもあったという。[10]

2009年
2009年11月26日、「こうのとりのゆりかご」の利用状況や課題を検証する熊本県の会議は最終報告を公表した。[11]
相談事例を含めれば命がつながったとも考えられるが、明らかに命が救われた事例は認められないとし、養育をつなぐ仕組みと実態を評価した。懸念された「捨て子の助長」を否定できる報告はなく、近年34人前後だった全国の子供の遺棄数は、ポスト設置後の07年度は66人と大幅に伸びた。09年9月までに約1億3,000万円の措置費を負担している。
親が判明したケースにおいて子供を預けた理由を調査したところ「戸籍に入れたくない」8人、「生活困窮」7人、「不倫」5人、「世間体が悪い」「未婚なので」各3人という結果だった。また、子供に障害児や新生児以外の幼児が複数いたこと、親が福祉・教育関係者であるケースがあったことなどを挙げ、「親が匿名で預ける仕組みは倫理観の低下を招く恐れがある」と指摘した。子供の遺棄防止に一定の効果があることも認め、全国的な体制の整備が求められるが、様々な観点から匿名であり続けることは容認できず、病院側に対して子供を匿名で受け入れないよう努力することを求めた。
なお、預けられた子供の人数は、設置された2007年5月から2008年3月までに17人、2008年4月から2009年9月末までに34人の計51人である[12]
2010年
2010年5月25日、熊本市は2009年度は15人が預けられたと発表した。内訳は、生後1か月未満が13人、1か月から1歳未満が1人、就学前の幼児が1人だった。治療が必要な子や虐待の痕跡がある子はいなかった。身元を確認できた母親は14人。父母らの居住地は関東が5人、九州(熊本を除く)は3人などで、熊本は0人だった。うち1人はその後、父母らが引き取った。
預けた理由(複数回答)は「世間体・戸籍」と「未婚」が最多で各6件、ほかに「不倫」と「親(祖父母)の反対」が各3件、「養育拒否」と「パートナーの問題」が各2件、「生活困窮」が1件だった。母親の婚姻状況も初めて明らかにされ、未婚が8件、既婚と離婚が各3件だった。子供の実父は母親と婚姻中、内縁関係、「別の妻子あり」が各2件で、そのほか(恋人など)は4件。
2011年
2011年5月25日、熊本市は2010年度は18人が預けられたと発表した。内訳は、生後1か月未満が12人、1か月から1歳未満が2人、就学前の幼児が4人だった。精密検査など医療行為の必要な子は2人、虐待の痕跡がある子はいなかった。児童相談所の調査などで15人の子供の親が判明。父母らの居住地は、熊本3人、九州(熊本を除く)が5人、中国1人、近畿3人、関東3人、不明3人だった。うち3人はその後、父母らが引き取った。
預けた理由(複数回答)は「生活困窮」と「未婚」が最多で各7件、ほかに「パートナーの問題」が5件、「不倫」が2件、「世間体・戸籍」「養育拒否」「親の反対」などだった。
設置後の4年間で、預けられた子供は累計75人となった。

賛否[編集]

賛成意見
  • 新生児の殺害・虐待・育児放棄を防ぐ。
  • 預かるのが目的である。
  • 中絶では児は生存できないが、このシステムにより児が生存できるための選択肢が増える。
  • 人工妊娠中絶は本来法的には母体適応(妊娠出産が母体に危険)や経済的理由の社会適応しかないが、実際には他の社会適応(親の社会的側面など)、胎児適応(障害を有するなど)においても非合法だが容認されている。このシステムにより母体保護法への抵触を形式上回避できる。
  • 慈恵病院の場合、赤ちゃんが安易にポストに預けられることがないよう「SOS赤ちゃんとお母さんの電話相談室」を24時間体制で運用しており、相談もしている。赤ちゃんポストの運用開始である2007年5月以前である、2006年12月に電話相談室を運用開始している。
反対意見
  • 新生児の殺害・虐待・育児放棄を防止していない。預けられた子供に虐待の痕跡はなく、「命が救われた事例は認められない」と報告されている。
  • 育児放棄、捨て子を助長する。
  • 全国に乳児院や養護施設等があり、匿名制でなければいけない理由が曖昧である。
  • 匿名性が倫理観の欠如を生み出している。「障害児」「幼児」「不倫の子」「戸籍に載せたくない」等、本来の趣旨から逸脱した利用状況が見られ、匿名性が大人の事情を救っている。
  • 新生児の死体遺棄は年間数件であり、超法規的措置を取らざるを得ない必要性が感じられない。
  • 病院側は「年に1人あるかないか」と想定しているなど、現状に対する認識が非常に甘い。
  • 乳児一人当たり月額50~60万円の措置費が支給されるなど、諸施設に散見される金銭目的の懸念がある。
  • 人工妊娠中絶反対はカトリック教会の思想であり、赤ちゃんポストの設置とは異なる問題である。
  • 外国人の新生児の場合、どうするのか?[要出典]
  • 子供の親を知る権利を侵害している。
  • 養育できる里親がいない。
  • 児童養護施設に問題を丸投げしている(養護施設では大学や専門学校への進学を事実上断念せざるを得なくなったり、虐待などといった問題も恒常化している)。
  • カトリック系の、いち医療法人の責務を超えている。
  • 預けられた子供たちは法的な裏付けがない実験的システムの犠牲者になりかねない。
  • 保護責任者遺棄罪児童福祉法児童虐待防止法に違反する恐れがある(法的問題は後述)。
関係省庁・閣僚
肩書きはいずれも当時。
  • 厚生労働省は2007年2月22日、「明らかに違法とは言い切れない」として熊本市に対して設置を認可した。だが、今後同様の申請があっても一律に認可するわけではなく、子供がすぐに適切な看護を受けられ、生命や身体が危険にさらされることのない環境かどうかを個別に検証する必要があったり、児童虐待防止法に抵触したりしないように個別に判断するともしている。[13]
  • 閣内では、おおむね慎重論が多く唱えられた。
    • 柳沢伯夫厚労相は「設置自体には違法性はないが、病院側の運用には慎重さが求められる」と発言。[14]
    • 安倍晋三首相は2月23日、首相官邸での記者団の質問に対して、まず「ポストという名前に大変抵抗感がある」と述べ、「子どもを産むからには親として責任を持ってもらうことが大切で、そういうお子さんに対応する施設もあるし、匿名で子どもを置いていけるものを作るのには大変抵抗を感じる」と慎重論を唱えた。[15]
    • 塩崎恭久官房長官は「法解釈以前に、子どもを捨てない策を考えなければいけないのではないか」、高市早苗少子化担当相も「もう少し議論を深める必要がある」と、慎重な意見を述べた。[16]

法的問題[編集]

以下の該当性を検討する必要があるとの意見がある。

  1. 刑法保護責任者遺棄罪
  2. 新生児の「放置」は、児童虐待防止法違反
  3. 児童福祉法違反
  4. 公序良俗違反

各国の現況[編集]

  • オーストリア - 2005年までに、6つの都市で赤ちゃんポストを設置。
  • ベルギー - 母親の母 (Moeder voor Moeder) 協会によって、2000年に、アントウェルペンの Borgerhout 地区に最初の赤ちゃんポストが設置された。 babyschuif 或いは、母親のモーセのゆりかご (Moeder Mozes Mandje) と呼ばれる。設置後3年間で保護される赤ちゃんはいなかった。
  • チェコ - 2005年プラハで最初の赤ちゃんポストが設置される。2006年3月までに、3人の赤ちゃんを保護。
  • ドイツ - 2000年に設置開始。2005年には全国80箇所以上に設置された[17]
  • ハンガリー - 1996年に最初に設置されて以来、現在までに約12箇所の赤ちゃんポストがある。そのほとんどが病院内に設置されている。
  • インド - 1994年タミル・ナードゥ州子殺しの犯罪をなくすため、この州の指導者 J.Jayalalithaa の政策により、最初の赤ちゃんポストが設置された。ポストに置かれる赤ちゃんはゆりかご赤ちゃん (Thottil Kuzhanthai) と呼ばれ、国によって育てられ、また無料の教育が提供される。
  • イタリア - いのちの行動 (Movement for Life) という組織によって設置された、8箇所ほどの赤ちゃんポストがある。2006年12月にローマで最初に設置され、2007年2月に初めての赤ちゃんを保護した。これ以外にバチカンにも赤ちゃんポストが設置されている。この地は世界で初めて赤ちゃんポストが設置された場所でもある。
  • オランダ - 2003年アムステルダムに babyluik という赤ちゃんポストを設置する計画だったが、反対の声が強く中止に追い込まれた。健康部門の秘書官 Clémence Ross は違憲であると表明。
  • パキスタン - Edhi財団が全国約250箇所に Jhoola と呼ばれる赤ちゃんを保護するサービスを提供する。 Jhoola とはブリキ製のぶら下げ型ゆりかごで、中にはマットが敷いてある。親は匿名でEdhi財団のセンターの外から赤ちゃんを置くことができ、ベルを使って知らせる。またスタッフが1時間ごとにゆりかごを確認する。
  • フィリピン - マニラのサンジョーズ病院 (Hospicio de San Jose) では回転式ゆりかご (turning cradle) を設けている。ゆりかごには「ここで赤ん坊を受け取ります」と書かれている」[18]
  • 南アフリカ - 非営利団体の「希望のドア」 (Door Of Hope) が2000年8月にヨハネスブルグの教会堂で「壁の穴」 (hole in the wall) を設置。2004年6月までに、30名の赤ちゃんを保護。
  • スイス - 2001年5月9日に Einsiedeln の病院に赤ちゃんポストが置かれた。
  • アメリカ - 赤ちゃんポストなるようなものはまだ設置されていないが、テキサス1999年9月1日に「安全な避難所の法案」 (safe haven law) が実施され、その後47の州が同じく実施している。この法案は親が合法的にまた匿名で自分の新生児(生後72時間以内)を放棄し、病院や消防署などの「安全な避難所」の場所に届けることを許可している。この法案の呼び名は各州さまざまで、例えばカリフォルニアでは「赤ちゃん安全環境法」と呼ばれている[19]ネブラスカ州が2008年7月に乳児を念頭に、育児困難な子供を受け入れる制度を導入したところ、1歳以下は1人だけで、17歳の4人を含めて10歳以上が22人置き去りにされ、州は年齢制限せざるをえない事態となっている。
  • 韓国 - 2009年に国内の牧師が初めて設置。

脚注[編集]

  1. ^ Klappe=垂板。赤ちゃんポストの垂板のような形にちなんだとされる。慈恵病院の「ドイツ視察報告」の見出しでは、ドイツの施設の呼称にあえて訳語を設けず「ベビークラッペ」と表記し、これに続いて原語のつづりを付記している
  2. ^ 今ではドイツ語本来の赤ちゃんを意味するSäuglingよりも親しまれている言葉。
  3. ^ Wiege とは「ゆりかご」を指す。
  4. ^ 上述の慈恵病院の視察報告で紹介されている、2006年3月発表のビデオソフトは『赤ちゃんポスト ドイツと日本の取り組み』と題されており、この時点で、施設の趣旨に賛成ないし推進する立場の関係者も含め、この呼称が定着していたことがうかがえる。上記ドイツ語の呼称 Babyklappe を構成する単語 Klappe に「die ~ am Briefkasten ポストの投函口の蓋(ポストの蓋)」という用法があることからの連想とも考えられる。それ以前に日本各地に存在していた「不要犬ポスト」からの連想とも考えられる。
  5. ^ 慈恵病院の所在地熊本県の地方紙である熊本日日新聞では、当初同病院の設置の動きをめぐる報道に際して「赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)」としてきたが、2007年3月3日付の紙面で、以後「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」の名称を用いるとした熊本日日新聞
  6. ^ 子どもは社会の宝チルドレンズ・エクスプレス
  7. ^ 西日本新聞 - 赤ちゃんポスト。asahi.com - 「赤ちゃんポスト」県内にもあった」2007年5月15日。
  8. ^ カトリック系の医療法人聖粒会が経営。東京慈恵会医科大学とは無関係。詳細は当該項目の記事を参照。
  9. ^ “http://sankei.jp.msn.com/life/news/120329/edc12032917230001-n1.htm”. (2012年3月29日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/120329/edc12032917230001-n1.htm 2012年3月29日閲覧。 
  10. ^ 「赤ちゃんポスト」ができるまで〜慈恵病院・蓮田院長が語る
  11. ^ 「こうのとりのゆりかご」検証会議 最終報告の要旨
  12. ^ 赤ちゃんポスト、08年度は24人 熊本・慈恵病院 朝日新聞 2009年5月24日 閲覧。赤ちゃんポスト計51人「匿名は倫理低下の恐れ」 読売新聞 2009年11月26日 閲覧。
  13. ^ http://www.mhlw.go.jp/kaiken/jikan/2007/02/k0222.html
  14. ^ http://www.news24.jp/articles/2007/02/23/0778031.html 日テレNEWS24
  15. ^ http://oisha.livedoor.biz/archives/50952213.html
  16. ^ http://www.news24.jp/articles/2007/02/23/0478026.html 日テレNEWS24
  17. ^ Babybox - Statim
  18. ^ 原文:Abandoned Babies Received Here.
  19. ^ http://babysafela.org/

関連項目[編集]

外部リンク[編集]