駒崎弘樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こまざき ひろき
駒崎 弘樹
生誕 1979年9月18日
日本の旗 東京都江東区
出身校 慶應義塾大学総合政策学部
職業 NPO法人フローレンス代表理事
財団法人日本病児保育協会理事長
全国小規模保育協議会理事長

駒崎 弘樹(こまざき ひろき、1979年(昭和54年)9月18日-)は、日本の社会起業家病児保育に関するNPO法人フローレンス代表理事。

経歴[編集]

東京都江東区出身。私立市川中学校・高等学校卒業。高校在学中にアメリカ・ワシントン州に1年間留学[1]

慶應義塾大学総合政策学部(SFC)に入学。在学中にITベンチャー株式会社ニューロンを起業し、ウェブサイトや電子商取引システムを制作・販売する会社で社長として活動していたが、利益至上主義の反動で社会に役立つ仕事がしたくなったという[2]。ビジネスの手法を用いて社会的課題の解決を目指す「ソーシャルビジネス(社会的企業)」というコンセプトに出会い、その道に進むべく大学卒業と同時に共同経営者に経営権を譲渡した[2]

2008年、福田政権において「社会保障国民会議」の委員に就任。2010年よりNHK中央放送番組審議会委員に就任[3]

鳩山内閣において内閣府非常勤国家公務員を務めた[4]

2012年より休眠口座国民会議呼びかけ人[5]

2010年から待機児童問題の解決のため、日本で初めて空き住戸を使った小規模保育(※)「おうち保育園」を展開し、政府の待機児童対策政策に採用される。 2012年、NPO法人全国小規模保育協議会を設立、理事長に就任。 2015年度より、子どもの保育、子育て支援を総合的に進める新しい仕組みの一環として「子ども・子育て支援法」が施行予定。その中で小規模保育施設は「小規模認可保育所」となり国の認可事業として位置づけられることとなった。

(※)小規模保育とは0-3歳未満児を対象とした、定員が6人以上19人以下の少人数で行う保育のこと。

活動[編集]

病児保育[編集]

病児保育を行うためにフローレンスを立ち上げる。フローレンスとは社会企業家でもあったフローレンス・ナイチンゲールのファーストネーム。子供の看病のために会社を休み、解雇される女性がいる。これに衝撃を覚えたと駒崎はいう[6]。当初、保育所を作るために「商店街の空き店舗を利用し、自治体から家賃補助を受ける」というアイデアを計画。地元自治体の長の反対にあい、計画は頓挫[2]

訪問・非施設型の病児保育サービスを立ち上げ、2004年にNPO法人の認証を受け、2005年4月から事業を開始した。施設をつくることだけが病児保育問題の解決手段ではないと駒崎はいう[2][7]。育児をする共働き世帯やシングルマザーなどの子どもが軽い病気や感染症などにかかったりして保育園に預けられない場合に、代わりに保育サービスを提供する[8]

  • 年配の子育て経験者を「こどもレスキュー隊員」として派遣。母親を隊員第1号とした。2009年、固定給の正社員14名とパート20名で東京23区、650世帯に成長[2]。2010年、隊員50名で東京23区と千葉県浦安市の1,000世帯にサービスを提供している。これは、当日の朝に依頼をしても隊員を派遣することを100%保証しているため、急激な利用者増に対応できないからであるという[9]
  • 2012年12月7日、フローレンスは認定NPO法人を取得した[11]
  • 2013年3月に病児保育の認定資格を創設する予定。これは、フローレンスだけでは全国一律的なサービスを提供するのが難しいため、他の事業者の参入を促すべく、フローレンスで得たノウハウを公開し、病児保育の担い手を全国で養成する試みである[8]

休眠口座の活用[編集]

2011年3月1日鳩山由紀夫仙谷由人らが主催した「新しい公共」推進シンポジウムにおいて預金者の権利を保護しながら休眠口座マイクロファイナンスに活用し、貧困解消や被災地支援に繋げていくプランについてプレゼンした[12]

休眠口座とは長期間引き出されたり取引のない銀行預金口座のことであり、2009年度には883億円、2010年度には882億円など、近年は毎年800億円を超える休眠口座が発生しており、最近20年間の累積では2兆円ほどにもなるとされ、預金者が忘れたり、また死亡したりすることで休眠口座になるケースもある[5]。駒崎は韓国での休眠口座活用を知り、それを日本でも導入すべきだと考え、2012年に駒崎が呼びかけ人となって休眠口座国民会議が発足した[5]。休眠口座の活用に対しては国家が国民の預金に手を付けるのは問題であるとして批判されたが、これに対しては預金者の要求があれば払い戻しには応じると説明された[5]

2013年1月、「休眠口座が日本の未来を創る」シンポジウムが開かれ、「歴史的なシンポジウム」と第三文明に評価された[5]創価学会系の雑誌『第三文明』2013年4月号で「休眠口座の社会的な活用を目指す」という特集記事が組まれ、駒崎による休眠口座に関する活動が紹介された[5]。また駒崎は政治家の背中を押す熱量について語り、シンポジウム参加者に対して「共犯者」として協力を呼びかけた[5]

2014年7月20日 、東京創価青年大会に参加し、ドミニカ共和国エクトル・ドミンゲス駐日大使、在日本大韓民国青年会の会長、日本原水爆被害者団体協議会事務局長、自殺対策支援センター ライフリンク清水康之代表と共に来賓として、エールを送った。大会への参加は初めてだという[13]

発言[編集]

  • 江川紹子によるインタビューを受けた際、「どのように世の中を少しでもよくしていけるかということについて、僕がなんとなく思っているのは、かつては火炎瓶の投げ先があった社会だったんだと思う。誰か悪いもの…国なり…がいて、彼らを糾弾して正させることによって、正しいガバナンスが行われるみたいな。それを、我々の世代は感じられない。火炎瓶の投げ先がない(笑)。それをはっきり認識したのは、鳩山内閣で半年だけ官僚をさせてもらった時のことです。寄付税制とか新しい公共を考えるということで、政治任用されて、内閣府非常勤国家公務員政策調査員)になりました。それで政策決定の中枢に入ってみて、僕はこれまで大きな勘違いをしていたなと思った。総理大臣になれば、いろんなことを変えられると思っていたのに、どうもそうではないらしい、というのが分かってしまったんです」と語った[4]
  • 2009年、「非当事者である20代の男性が冷静な立場から問題提起するからこそ、周りも感情的にならずに耳を傾けてくれる」と子供がいないことが駒崎の事業に思わぬメリットをもたらしたと語った[14]

人物[編集]

家族は、妻と子供二人[15]

その他の主な役職[編集]

  • 厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員会座長
  • NHK中央審議会委員
  • 内閣府 少子化危機突破タスクフォース
  • 内閣府「子ども・子育て会議」委員
  • 東京都「子供・子育て会議」委員
  • 横須賀市こども政策アドバイザー

評価と影響[編集]

民主党参議院議員松井孝治は、「このひとは将来の日本のパブリック(公)を変える」と賞賛した[16]

松井はまた、デザイナーの徳田祐司との対談の中で、「新しい公共」円卓会議で「裸踊り」の話題で盛り上がり、鳩山由紀夫が退陣後にそのことに関するツイートをしたのは、鳩山が「政治家や官僚を叩きながら確実に腐っていく我が国の中で、僕は今日から自らの行いによって、半径1メートルの中で1ミリでも社会を変えていこう」と書かれてあった駒崎のブログを読んだからであり、このブログのURLが北大教授寺脇研、民主党参議院議員鈴木寛、民主党前衆議院議員逢坂誠二らにまで拡散した結果、「俺たちが『新しい公共』を考えよう」と北海道でシンポジウムを行うきっかけとなったというエピソードを紹介し、こうした駒崎の言葉のツイッターでの拡散とそれが生み出す政治的な動きに対して「これこそがが僕らが狙った、みんなで考えようってことなんです」と評価した[17]

週刊東洋経済は、著書『「社会を変える」を仕事にする』の書評の中で、駒崎のモチベーションは金銭ではなく「社会を変えたい」という思いであると紹介し、若者の新たな働き方のモデルを示す一冊だと評した[2]

フォーリン・アフェアーズ2014年5月1日Devin Stewart配信「Japan's change Generation」 において、日本の変化を象徴する、代表的な若い世代として紹介された [18]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

メディアへの出演と講演[編集]

  • 2008年11月15日、 民主党京都府総支部連合会主催の政治スクールにて講演[19]
  • 2011年3月1日、「新しい公共」推進シンポジウム[主催者:鳩山由紀夫元総理(新しい公共推進本部本部長)、仙谷由人民主党前衆議院議員(推進本部本部長代理)、平野博文民主党前衆議院議員(推進本部本部長代理)]に参加し[20]、預金者の権利を保護しながら休眠口座マイクロファイナンスに活用し、貧困解消や被災地支援に繋げていくプランについてプレゼン[12]
  • 2011年9月26日、民主党衆議院議員辻元清美主催のトークライブ「助けあおうジャパン!~3・11後の日本を元気にするために」にゲスト出演[21]
  • 2012年4月、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル後藤正文が自腹で発行する新聞「The Future Times」にて特集[23]
  • 2012年10月29日、NHK Eテレ『未来へのアクション File6 “子育て”で社会を変える』[24]
  • 2012年10月30日、NHK Eテレ『未来へのアクション File7 “休眠口座”で社会を変える?』[25]
  • 2012年11月3日、特定非営利活動法人「全国小規模保育協議会」設立記念フォーラムにてディスカッションに参加[26]
  • 2012年11月13日、創価学会青年部主催のユースフォーラム「青年力で開く日本の未来」[27]
  • 2013年2月5日、NHK総合『フローレンスの「訪問駆けつけ型」「共済型」の病児保育の紹介』[28]

脚注[編集]

  1. ^ 駒崎弘樹 (2011). 「社会を変える」を仕事にする. 筑摩書房. p. 42-50. ISBN 978-4-480-42888-2. 
  2. ^ a b c d e f “ブックレビュー——『円の未来』『文芸時評』『中国の不良債権問題』”. 週刊東洋経済. (2008年2月2日) 
  3. ^ 病児保育のNPO法人フローレンス代表 駒崎弘樹のblog(2010年10月25日)
  4. ^ a b Egawa shoko Journal
  5. ^ a b c d e f g 第三文明』2013年4月号「休眠口座の社会的な活用を目指す」
  6. ^ 駒崎弘樹 (2011). 「社会を変える」を仕事にする. 筑摩書房. p. 87-90. ISBN 978-4-480-42888-2. 
  7. ^ “特集 モチベーション3.0 Part 1 組織編——病児保育に取り組むNPOの駒崎代表に聞く——社会起業家って何ですか?”. 週刊東洋経済. (2010年3月27日) 
  8. ^ a b c “【特集 2030年 あなたの仕事がなくなる】——part 2 新しい「仕事」はどこにある? 自動車用ITエンジニア、太陽光保守要員…——新たな職種が続々誕生 業界別・20年後に輝く仕事”. 週刊東洋経済. (2013年3月2日) 
  9. ^ “特集 子どもの病気 全解明——PART 3 費用・支援——子どもの急病 休む・預ける なぜ困難? 「病児保育」の現状と課題”. 週刊東洋経済. (2010年6月12日) 
  10. ^ SOKA YOUTH2012年11月13日 今いる場所から「社会を変える」NPO法人フローレンス駒崎弘樹代表と青年部が語り合う
  11. ^ フローレンスは『認定NPO法人』を取得しました!ご寄付が「税額控除」の対象に!” (2012年12月7日). 2013年5月14日閲覧。
  12. ^ a b Twitter 駒崎弘樹:Hiroki Komazaki
  13. ^ 聖教新聞2014年7月22日 総東京が4万人の青年大会 池田大作名誉会長がメッセージ 両国国技館で青春の乱舞
  14. ^ “特集 日本をぶち壊せ! 30 BIG IDEAS——【PART 4】教育・働き方——働く女性の現実を変える社会起業というアイデア”. 週刊東洋経済. (2009年4月25日) 
  15. ^ 「NPOやりたいっす!」な君のために”. 読売新聞 (2012年12月13日). 2013年5月14日閲覧。
  16. ^ 秋山訓子「「民」「政」「官」のつながりが実現させた小規模保育」、『世界』2013年4月、 328-335頁。
  17. ^ 松井孝治(参議院議員) × 徳田祐司」、『JAGDA Report』第188号、日本グラフィックデザイナー協会2010年10月8日2013年2月21日閲覧。
  18. ^ “Japan's Change Generation letter from Tokyo”. FOREIGN AFFIRS. (2014年5月1日) 
  19. ^ 民主党京都府総支部連合会ホームページ
  20. ^ 病児保育のNPO法人フローレンス代表 駒崎弘樹のblog(2011年2月27日)
  21. ^ 病児保育のNPO法人フローレンス代表 駒崎弘樹のblog(2011年9月26日)
  22. ^ TALKING ABOUT OUR FUTURE
  23. ^ 変革と未来-前編- 駒崎弘樹 TheFutureTimes
  24. ^ NHK福祉ポータル ハートネット:2012年10月29日の放送
  25. ^ NHK福祉ポータル ハートネット:2012年10月30日の放送
  26. ^ NPO法人 ピッピ・親子サポートネット
  27. ^ 創価学会青年部サイト SOKAYOUTH
  28. ^ 認定NPO法人フローレンス メディア掲載・講演情報

外部リンク[編集]

関連項目[編集]