待労院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 旧 「待労院診療所」[1]
情報
許可病床数 19床
療養病床:19床
開設者 社会福祉法人聖母会
管理者 上妻昭典
所在地
860-0073
熊本県熊本市西区島崎六丁目1番27号[2]
位置 北緯32度48分44秒
東経130度41分25秒
PJ 医療機関
テンプレートを表示

待労院(たいろういん)は、ジャン・マリー・コール(Jean Marie Corre、1850年6月28日 - 1911年2月9日)が創設した熊本県熊本市西区にあったカトリック系のハンセン病療養所診療所)である。当初、本妙寺に集まる患者を施療したことから始まる。1952年からは琵琶崎待労病院、1996年からは待労院診療所と改名した。最後の運営主体は社会福祉法人聖母会1948年には入院数121名。2008年末、入所者数8。2012年、最後の入所者が菊池恵楓園に転園。2013年1月10日廃止届を提出。[3][4]。2013年現在、旧教会に資料館が設立されている。

歴史[編集]

  • コール神父、1875年長崎に来る。熊本へは1889年。南九州地区長として到着。手取教会創立。
  • 本妙寺近くに小さな家を借り患者の施療と布教に専念した。しかしすぐ手狭になる。[5]
  • 1896年 - コール神父、花園町中尾丸に土地を購入。
  • 1898年10月19日 - マリアの宣教師フランシスコ修道会会員5名熊本に到着。
  • 1898年11月3日 - 診療開始
  • 1899年 - 小倉の第12師団軍医部長となった森鴎外が修道女の看護活動を「小倉日記」で次の通り称えている。

「既に寺に近付けば乞食漸く多く、乞食中にはらい人多し。本妙寺畔に救らい院あり、加特力教「フランシスカアネル」派 Franciscaner ordon の仏蘭西教女子数人の経営になる。医学あるものにあらずと雖も、間?薬を投ず。その功績賞するに堪えたるものあり。[6]

  • 1900年 - 欧米よりの寄付により現在の島崎6丁目1番27号の約15000坪の土地(細川家家老柏原家の一部を含む)を購入。[7]
  • 1901年 - 琵琶崎に病院を新築。待労院と命名。
  • 1906年 - コール神父藍綬褒章受章
  • 1919年 - マリー・ヒルヤネラール師2代院長に就任。
  • 1921年 - マリー・ヒヤシンタ師第3代院長に就任。
  • 1929年 - マリー・アポリナリア師第4代院長に就任。
  • 1932年 - マリー・メルセデス師第5代院長に就任。
  • 1937年 - マリー・デュ・ディバン・パスツール第6代院長に就任。
  • 1945年 - 外国人シスター10名英彦山へ強制疎開。
  • 1947年 - マリー・ステルデルゼ第7代院長に就任。
  • 1948年12月末 - プロミン治療開始。
  • 1952年 - 待労院を琵琶崎待労病院と改称。
  • 1953年 - マリー・アポリナリア第8代院長に就任。
  • 1955年 - 他施設の医師の協力が盛んとなる。この年成田稔の形成外科手術が始まり、10年続いた。
  • 1960年 - マリー・フランシスコ、永井深第9代院長に就任。
  • 1963年 - 深夜火災発生。シスターの奮闘で負傷者0名であった。関係者の努力で再建。(1964年)
  • 1966年 - マリア・ルイザ・川原ユキエ第10代病院長に就任。
  • 1968年 - マリア・ジョセフィナ板倉和子第11代病院長に就任。
  • 1976年 - 郡一第12代院長就任。
  • 1996年 - 琵琶崎待労病院、待労院診療所となる。
  • 1998年 - 創立百周年記念。
  • 2007年 - 上妻(こうづま)昭典院長就任。
  • 2012年11月2日 - 入所者0名となる。最後の入所者は国立療養所菊池恵楓園へ転園。
  • 2013年1月10日 - 閉鎖届提出。

コール神父[編集]

コール(コルレとも)はマリアの宣教者フランシスコ修道会所属。フランスブリュターニュ生まれ。1876年長崎に上陸し、熊本へは1889年に入る。保守思想が強い熊本では、9カ月の間に6回も転居を迫られたという。本妙寺中腹の中尾丸に施療活動を開始したが、すぐ手狭になり、島崎町琵琶崎に土地を購入した。最初、熊本のイエズス会の修道女2名、伝道婦2名の助けのもとに、治療、ミサ、聖祭、キリスト教講話、洗礼などに力を注いだが、過労に陥り、1897年ローマ教皇庁に修道女の派遣申請をした。[8]

5人のシスター[編集]

マリアの宣教者のフランシスコ修道会の本部はローマにある。同修道会の会長、御苦難のマリア修道女(マリー・ヘレン・ド・シャボテン)は日本の救らい事業についての相談を受け、直ちに快諾した。5人のシスターが熊本に到着した1898年10月19日を記念日とした。

  • 院長のマリー・コロンブ Maria Colombe de Jesuis(フランス人) :26歳。20年後フランスに帰り死去。
  • 副院長のマリー・ベアタ Maria Beata de Immaculee Conception(カナダ人) :25歳。1960年琵琶崎で死去。(1874.10.9 - 1960.4.19)
  • マリー・ビュルテー Maria de la Purete(フランス人) :25歳。1906年人吉に赴任。60歳で死去。(1875.3.19-1933.8.16)
  • マリー・アニック Maria Annick(フランス人) :30歳。52歳琵琶崎で死去。(1897 - 1919.12.24)
  • マリー・トリフィン Maria Trifine(フランス人)  :25歳。1年後中国に派遣。

2010年3月21日現在、待労院の墓所には31名の外国人と76名の日本人の名前が記載されている。

待労病院の危機[編集]

百年の間に病院の危機がいくつかあった。[9]

第一の危機は第二次大戦の勃発[編集]

創立以来外国人が院長であり、外国から寄付を頼っていた。1941年頃より外国人に対する警察の目が光り、終戦直前外国人修道女たちは英彦山に強制疎開。創立以来他の事業を閉鎖してでも患者の面倒を最後の一人までみるとした。乳牛大小11頭を飼い、乳搾り、兎60羽、羊8頭、鶏30羽、親豚8、子豚20頭、米80俵、麦、みそ、野菜、果物も自給自足とした。

第二の危機[編集]

1963年(昭和38年)6月18日早朝、漏電で火災が発生。管理棟、病棟、治療等を焼失したが、けが人は一人もでなかった。住民の一部から再建反対の声もあったが、地元の最も貧しい人たちが再建してほしいと叫びだした。遂に現在のようなコンクリート2階建の病院管理棟、病棟、治療棟が新築。1964年(昭和39年)8月22日には落成をみた。落成式には秩父宮妃の臨席を賜った。

入院者数 [編集]

西暦 入院者数
1898 35
1908 40
1918 45
1928 75
1938 83
1948 121(最大)
1958 70
1968 51
1978 29
1988 20
1998 13
2008 8

文献[編集]

  • 菊池恵楓園『百年の星霜 国立療養所菊池恵楓園創立百周年記念誌』、2009年
  • 高松宮記念ハンセン病資料館『先覚者たち』、1993年
  • 待労院 社会福祉法人聖母会 1998年
  • 『私立らい療養所琵琶崎待労病院の歴史』1992年 板倉和子 日本らい学会雑誌 61,112-116.  
  • 鈴木よう子「社会福祉法人聖母会 待労院診療所 114年の歴史に幕を閉じる」in ふれあい福祉だより 第10号 2013、15-18

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 診療所のデータについては熊本市における医療施設等情報 (熊本市)、熊本県総合医療情報システムくまもと医療ナビ (熊本県)などを参照した。
  2. ^ ハンセン病療養所入所者数(愛媛県、2010年3月18日閲覧)による。
  3. ^ ふれあい福祉だより10号 2013, 「待労会陰診療所114年の歴史に幕をとじる。」鈴木よう子
  4. ^ 熊本の私立ハンセン病施設が閉鎖 明治以来の歴史に幕
  5. ^ 私立らい療養所琵琶崎待労病院の歴史(1992) 板倉和子 日本らい学会雑誌 61:112-116
  6. ^ 琵琶崎待労病院 久野薫 平成3年熊本県民文芸賞 作品集
  7. ^ 鈴木[2013:17]
  8. ^ 高松宮記念ハンセン病資料館『先駆者たち』、1993年、p4
  9. ^ 私立らい療養所琵琶崎待労病院の歴史(1992) 板倉和子 日本らい学会雑誌 61:112-116

関連項目[編集]