神山復生病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 神山復生病院
情報
正式名称 一般財団法人神山復生会神山復生病院
英語名称 Koyama Fukusei Hospital
標榜診療科 内科、循環器科、リハビリテーション科、皮膚科、心療内科
許可病床数 60床
一般病床:20床
療養病床:40床
機能評価 一般・療養100床未満:Ver5.0
開設者 一般財団法人神山復生病院
管理者 飛澤彰(院長)
開設年月日 1889年5月22日
所在地
412-0033
静岡県御殿場市神山109
位置 北緯35度14分14秒 東経138度55分22秒 / 北緯35.23722度 東経138.92278度 / 35.23722; 138.92278座標: 北緯35度14分14秒 東経138度55分22秒 / 北緯35.23722度 東経138.92278度 / 35.23722; 138.92278
二次医療圏 駿東田方
特記事項 現存する日本最古のハンセン病療養所
PJ 医療機関
テンプレートを表示

神山復生病院(こうやまふくせいびょういん)は、1889年明治22年)5月22日に、静岡県御殿場市神山にて設立された病院日本に現存する最古のハンセン病療養所である。パリ外国宣教会の神父・テストウィードにより設立された。2009年に創設120年目を迎えた。現在は一般外来、病棟、ホスピス病棟を備える。運営母体は、一般財団法人神山復生会。

歴史[編集]

  • 1883年 - テストウィード神父、水車小屋に住む5、6名のハンセン病患者に会い、訪問するようになる。
  • 1886年 - 一軒の家屋を借りて患者を保護する。
  • 1888年 - 駿河郡富士岡村字神山に土地を購入。
  • 1889年 - 5月16日、郡長の名前で開設許可。22日を開設日とする。
  • 1891年 - 神父体調をくずし離日、8月4日香港にて昇天。第2代目院長にヴィクルー神父着任。
  • 1893年 - ベルトラン神父第3代院長。年度末在院患者数は97。
  • 1915年 - アンドリュー神父第4代院長。
  • 1918年 - レゼー神父第5代院長。
  • 1923年 - 井深八重、ただ一人の看護婦として着任。
  • 1930年 - レゼー神父昇天。岩下壮一神父第6代院長へ。
  • 1940年 - 岩下院長昇天。千葉大樹神父院長へ。
  • 1951年 - 林富美子医師常勤へ。
  • 1952年 - 地域のために聖マリア診療所を開設。
  • 1961年 井深八重婦長、フローレンス・ナイチンゲール記章受賞。
  • 1989年 - 5月15日、井深八重名誉婦長昇天、翌日神山復生病院百周年記念式典が行われた。
  • 1996年 - 4月1日、らい予防法の廃止に伴い、らい病床を一般病床に編入[1]
  • 2002年 - 4月、施設再整備により一般20床、療養40床(ハンセン病患者対象の病床17床を含む)の計60床に再編される[1]
  • 2006年 - 神山復生病院の記念館が国の登録有形文化財(建物)に指定される。
  • 2009年 - 5月16日、120周年記念式典が行われた。在院者数8名。

診療科[編集]

復生記念館[編集]

1897年に建設され、2002年まで事務本館として使用された建物。

現在は病院の年表、歴代院長の写真、患者が使用した物品をはじめ、皇室関係の記念品や、第6代目院長の岩下神父、初代婦長の井深八重の資料・遺品を展示している。

活躍した院長[編集]

レゼー神父(1918年 - 1930年)の意見[編集]

1919にハンセン病療養所長の会合があったが、当時は離れ島に患者を隔離する案があった。

院長の発言「モロカイ島患者の待遇はひどく、そのために騒動があり、患者たちは互いに殺しあった。これはダミアン神父が行ってから改善された。日本政府は患者を孤島に送って何をするのか。患者は何も怖れない。私の病院は患者が72人で皆、兄弟、私が親である。喧嘩はない。孤島隔離が駄目です。」[2]

「患者の結婚について、リデルさんが言われた通り、結婚すべからずという法律を建てる。」[3]

岩下壮一神父(1930年 - 1940年)[編集]

5カ年計画を立て、医療設備を充実させた。熊本の回春病院とハンナ・リデルを訪問している。多くの人に会い、施設を発展させた。

誤診をきっかけにハンセン病患者に献身した婦長[編集]

交通アクセス[編集]

文献[編集]

  • 『神山復生病院120年の歩み』神山復生病院、2009年

脚注[編集]

  1. ^ a b 病院機能評価結果の情報提供日本医療機能評価機構)による。
  2. ^ 山本俊一『日本らい史』東京大学出版会、p.95
  3. ^ 山本俊一『日本らい史』東京大学出版会、p.104

関連項目[編集]

外部リンク[編集]