KEY THE METAL IDOL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KEY THE METAL IDOL
OVA
原作 佐藤博暉
監督 佐藤博暉
キャラクターデザイン 田中久仁彦(原案)
石倉敬一
メカニックデザイン スタジオレスポンス→竹内志保
アニメーション制作 スタジオぴえろ
製作 ポニーキャニオンフジテレビ
フジエイト→
フジクリエイティブコーポレーション
スタジオぴえろ
発表期間 1994年12月16日 - 1997年6月18日
話数 全15話
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

KEY THE METAL IDOL』(キィ・ザ・メタル・アイドル)は1994年から1997年にかけて発売された全15話のOVA作品。ポニーキャニオンOVA製作10周年記念作。VHSビデオを媒体に、1巻1話(25分)収録の形式で発売された。当初は各巻2500円とOVAとしては安価に設定された価格で、第1巻に限っては1000円であった。しかし、1クール分の25分×13話ではストーリーが収まらなかったため、14巻・15巻は1話95分(各巻9500円)という変則的な構成となった。

VHS版の他にLD版およびDVD版もあり、こちらは1巻に複数話(2~3話)をまとめて収録し、6000~7000円で発売された。

ストーリー[編集]

山間の村・猯尾谷(まみおだに)。そこに住む17歳の少女・巳真兎季子は、自身を祖父の武羅尾に作られたロボット「キィ」だと信じていた。武羅尾はある日兎季子に「友を集めなさい」と言い残して、唐突な事故死を遂げる。本当にキィを思ってくれる友人を3万人集めれば、キィは人間に生まれ変われる、と。

祖父の遺言を実行するべく東京に向かったキィは、偶然に幼友達の厨川さくらと再会。さらに、稀代のトップシンガー・鬱瀬美浦のライブ映像を見たキィは、3万人の友達を集めるためにアイドルになることを決意し、行動を起こしていく。

しかし、そんなキィの周囲で奇妙な事件が多発するようになる。夜の街を徘徊するロボット、PCスピーカーから聞こえる謎の歌、突如勃発する若木とDの死闘…。事件の裏にいるのは、巨大軍事企業を率いる蛙杖仁策であった。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

巳真兎季子(みま ときこ)
- 岩男潤子
主人公。通称は「キィ」。祖父・武羅尾に作られた女子型ロボットで、製造から17年経過している(と本人は信じ込んでいる)。外見は小柄で痩せ型の、普通の少女。極度な無表情と抑揚のない喋り方が特徴を持つが、時折、周囲の想いをもらうことで内に秘めた人間らしい豊かな感情がある。
祖父と共に寒村に住み、地元の高校に通っていたが、祖父が死去した後は彼の遺言を果たすために上京。さくらとの再会や美浦との「遭遇」を通じ、アイドルになる事を決意する。
純粋で人を疑うことを知らないため、人間に対する不審感を持っておらず何度か危ない目に会うが、その度に不思議な力を発揮して乗り越えている。彼女の出自に隠された謎こそが、この物語の「キィ(鍵)」である。
実は、幼い頃は普通の人間の少女だったが人間の「想い」を実体化させエネルギー(ゲル)にする猯尾神社の巫女の能力を受け継いでいる。それを蛙杖に利用されないために、母兎与子の遺言で生前に抽出していた常人3万人分相当の「想い(ゲル)」でその能力を封印していたが、その副作用で感情が抑制され、機械やからくり人形に囲まれた家で育つ中で自分をロボットと思い込むようになった。
自分に対し周囲の人間の意識が集中した状況下でのみ能力が発動し、その際には感情が出現し一時的に「ロボット」から「人間」の状態になるが、完全に「人間」の状態に戻るためには兎与子の「想い」に打ち勝つ3万人分の「想い」が必要。「MONOGRAPH COLLECTOR FILE」シリーズでは、人間、ロボット、半ロボット状態のキィのナビゲーションやボイスを聞くことができ、人間らしさを取り戻した時のキィをレベル1(半ロボット)、レベル2(半人間)、人間と呼称している。
なお、彼女の父親が誰であるかは明確に語られていない。人間に戻った後は、蛙杖が用意した偽者のさくらを退き、奪われたさくらの想いを取り戻した。その後、病院に運ばれた美浦の見舞いに行き、母親の跡を継ぎ、巫女になった。「ロボット」の時は感情が乏しいがドラマCD「友だち」で自分にイタズラをした高嶺がさくらのことが好きである事に気づいたりするなど意外に鋭い一面を持っている。さくらに対して友だちとして意識している部分もあり、「MONOGRAPH COLLECTOR FILE Vol.2」に収録されている「アンドロイド・キィ」のバレンタインイベントでさくらにバレンタインのチョコをプレゼントしている。また、さくらの「マジ?」に対して「マジだぜ」と返事をしたり、さくらに対して突っ込みを入れるなど完全に人間らしさを失ったわけではない。ドラマCD「家族」では、小学生時代の彼女が描かれており、当時彼女の担任をした教師の想いにより、初めて人間に戻れたことが判明している。ドラマCD「東京」ではロボットの時の彼女の心境や人間に戻り、ブラックアウトし、母親と再会するキィを見ることができる。
厨川さくら(くりやがわ さくら)
声 - 長沢美樹
キィと同郷の幼馴染にして親友。中学時代に父親と母親が相次いで蒸発した為、二人を探して上京。その後、上京したキィと偶然に再会した。キィとは厚い友情で結ばれており、彼女を自分が住む賃貸マンションに同居させ、「人間になる」という夢を支援するようになる。ただし、キィの「自分はロボットだ」という発言は全く信じていない。
キィとは対照的に表情が豊かで、豪快で行動的で、女の子らしい可愛い一面も多い。州一に惚れていて、彼の行きつけのレンタルビデオ店でバイトをする程である。州一からしばしば「ちゅうかわ」(厨川の誤読)と呼ばれる。時折、キィの行動に振り回つつも彼女の親友として大切に思っている。
終盤で蛙杖に捕らえられ、ゲルを取られ過ぎた為に最終話冒頭で死亡してしまうが、最後にキィに別れを告げ、残りの想いをキィに託す形になった。ドラマ「友だち」では、彼女が語り部として物語が進み、キィに対しての彼女の思いなどが描かれている。
三和土州一(たたき しゅういち)
声 - 森川智之
東京で一人暮らしをする30代の男性で一見すれば、顔の良い好青年だが鬱瀬美浦をデビュー時から追っかけており、鬱瀬美浦ファンクラブの創設者にして会長。自宅には彼女のポスターやビデオ、写真集があふれているいわゆる「オタク」であるが、女性にはモテない。本人も自覚しており、嫌気を指している。
さくらの務めるレンタルビデオ店でキィと知り合う。その後キィを美浦のコンサートに連れて行った際、彼女の持つ不思議な力を目撃。キィを巡る数奇な運命に深く関わり、彼女の助けをする。物語が進むにつれ、彼女の秘密を知り、知葉と行動を共にする。最終回まで生き残り、多少楽観的だがキィの心境に気づいたりするなど、キィを人間に戻すきっかけを与え、死んださくらの代わりにキィを人間に戻す。
若木知葉(わかぎ ともよ)
声 - 家中宏
猯尾谷で武羅尾の助手を務めていた男性。キィからは「知葉ちゃん」と呼ばれる。学者の助手とは思えない屈強な肉体と戦闘技術を持つ、謎多き人物。キィの後を追って東京へ向かい、密かに彼女を守る「ボディーガード」となる。
キィの持つ不思議な力について何かを知っており、蛙杖仁策やDとも大きな因縁を持っている。

芸能界[編集]

吊木 光(つるぎ ひかる)
声 - 三木眞一郎
芸能界で名を馳せる男性。まだ20代半ばの若者だが、プロデュース演出脚本俳優など多方面で成功を収め、「ショービジネス界の寵児」と呼ばれる。
デビュー間もない頃の鬱瀬美浦をトップシンガーへ育て上げたことで急速に名を上げ、「天才」の称号を手にした。しかし色々な事情から美浦とは袂を分かち、今も彼女に対して屈折した感情を抱いている。
冷淡かつ独占欲の強い性格で、同業者の評判は良くない。それが災いし、美浦を傷付けたことで激怒した紅子(美浦に似せたロボットを通し)によって瀕死に追い込まれ、キィとともに蛙杖のビルに向かうもさくらを選んだキィに絶望し、自らエレベーターから飛び降り、死亡した。
鬱瀬美浦(うつせ みほ)
声 - 芝原チヤコ
絶大な人気を集める女性シンガーにして、天性のアイドル。芸能プロダクション「ミノス」に所属している。
13歳のデビュー時からミリオンセラーを連発し、トップスターの座に君臨しつづける。その成功には演出家・吊木の貢献もあったようだが、今は彼の元から離れている。病気を理由にしばらく芸能活動を停止していたが、1年ほどの療養を経て復活。人気は衰えていないものの、コンサートやビデオ以外では一切人前に姿を見せず、事務所の関係者にすら殆ど会わなくなるなど、謎めいた存在へと変貌を遂げている。
実は蛙杖によって病気が完治していないのにも関わらず自分に似せたPPORを通し、歌手活動を続けていた。そのため、体もどんどん弱くなる一方でその病気の鎮痛剤としてゲル(思い)を注入されていた。その副作用でライブ中でも吐血する描写があった。事件後、生存し病院に運ばれ、人間に戻ったキィからお見舞いの花束をもらい、ドラマCD「憧れ」では自分がデビューに至るまでの経緯をお見舞いに来てくれたキィに語った。
玉利仙市(たまり せんいち)
声 - 小野健一
アダルトビデオメーカー「V&A」の社長。発掘した新人タレントを蛙杖に売り込むことがあり、その縁でキィや美浦に関わることになる。一度、PPORに襲われたところをキィに助けられ、しばらく出てこなかったが最終回で再登場し、さくらが死んだことを知り、キィを人間に戻す手助けをする。キィのことを「ロボっ子ちゃん」と呼んでいたがラストでは「キィちゃん」と呼んだ。
古森紅子(こもり べにこ)
声 - 芝原チヤコ
キィが乱入した会場に現れた美浦と同じ声を持つ新人歌手だが、彼女もPPORでの存在で美浦の代役に過ぎない。温厚な美浦とは違い、短気で活発で喧嘩っ早い性格であるため、最終回ではそれが災いし、正体がばれてしまい、思いの副作用により、死亡する。
築山(ちくやま)
声 - 堀本等
州一の仲間で、鬱瀬美浦ファンクラブのメンバーの一人。

巳真家関係者[編集]

巳真武羅尾(みま むらお)
声 - 北村弘一
キィの祖父で、白髪白髭の柔和な老人。かつては天才的なロボット工学者として知られた人物だが、今では世間から忘れ去られ、猯尾谷で隠居生活を送っていた。キィに「三万人の友達を集めれば人間に戻れる」と言い残し死亡。
巳真登美子(みま とみこ)
武羅尾の妻にして、キィの祖母。故人。猯尾神社で巫女をしており、先祖から代々伝わる特別な力で村人たちの信奉を集めていた。15歳の頃に武羅尾と出会い、大きな運命の変転を体験することとなる。
巳真兎与子(みま とよこ)
声 - 井上喜久子
武羅尾の娘にして、キィの母。故人。

アジョー重工関係者[編集]

蛙杖仁策(あじょう じんさく)
声 - 速水奨
巨大企業「アジョー重工」の総帥。キィの祖父・武羅尾とは昔から深い因縁があるようで、かつては共同で二足歩行ロボットの開発に取り組んでいた。キィが上京して以後は彼女の身辺を探っている。
恐ろしく強欲かつ自己中心的な性格で、自分の目的を果たすためならば他者にどれほどの犠牲を強いても構わない。また、オートマタ(自動人形)の熱烈な愛好者で、生身の人間より人形を大事にしている。
芸能プロダクション「ミノス」のオーナー。最後は強欲が災いし、想いを制御できず、身を滅ぼした。「MONOGRAPH COLLECTOR FILE Vol.2」によるとスタッフからは悪人として残酷な死なせ方をさせるつもりだと言われるなどスタッフからの扱いも悪い。
「D」(ディー)
声 - 小杉十郎太
蛙杖の部下で、PPOR開発チームの責任者。スタッフからは「D」というコードネームで呼ばれるが、蛙杖だけは彼を「セルゲイ」と呼ぶ。元は傭兵で、PPORの操縦に耐えうる強靭な肉体と精神を持つ。また、若木とは過去に因縁があるようでキィ達を付けねらうも最後は、若木の自爆により死亡した。
菰田(こもだ)
声 - 中村大樹
蛙杖の秘書。
研究開発スタッフ
眼鏡の男A(声 - 小形満)と若い男B(声 - 中村大樹)、小太りの男C(声 - 菅原淳一)。蛙杖の部下で、「D」に率いられるPPOR開発チームのメンバー達。時に蛙杖に対して疑いを持つような言動も見られる。
スタッフBは中盤で蛙杖への不信感が露になり始めた為に、他のスタッフによってゲルを奪われ、独房へ幽閉される。その後の生死は不明。
マエストロ
声 - 肝付兼太
蛙杖の部下で、PPORの設計を手がける老人。武羅尾とも深い関係を持つ。
青射(あおい)
声 - 大塚明夫
ミノスの社長で蛙杖の元で働いていたが彼らのやり方に嫌気をさし、縁を切った。真実を知るため、吊木の元へ行った時、州一達と合流し、事情を知り、キィを人間に戻す手助けをする。本人曰く「久々に血が騒ぐ」らしい。

金蛇救世素晴希講[編集]

蛇目王子(じゃのめおうじ)
声 - 峰恵研緒方賢一(代役)
新興宗教「金蛇救世素晴希講」(こんじゃきゅうせい・すばらきこう)の教祖。キィの持つ力に目をつけ、それを利用し、たくさんの信者を救おうとする。ずるがしこい男だが根は人情家でもあり、どこか憎めない。最後は信者の息子である寿彦とともにキィの手助けをしてくれる。また今までの嫌がらせは蛙杖らからキィを守るためだったらしい。
若い頃に山で遭難した再、兎与子に救われた事がきっかけとなって宗教を起こした。知葉曰く法力はないが想いを察知する能力は優秀らしい。
寿彦(としひこ)
声 - 長沢美樹
蛇目王子が起こした宗教の信者の息子で重い病気にかかり、キィに救われたことがきっかけで彼女を「兎季子様」と呼び、彼女を慕っている。最終回では宗教を襲うPPORから蛇目王子とともに逃げ出し、キィを人間に戻す手伝いをする。ラストではキィを「お姉ちゃん」と呼んだ。余談だがさくら役の長沢美樹は、寿彦役を演じており、さくらが亡くなった後、彼にバトンタッチする形になった。

用語[編集]

猯尾谷(まみおだに)
山間に位置する小さな村。キィの弁によれば「村のひと全部足したって百人にも満たない」。外界とは隔絶した独自の歴史を持つ。地元の猯尾神社に祀られているのは、芸能の神「天宇受賣命」。
なお、さくらの生家やキィたちが通っていた学校は麓の黄麻村にある。
アジョー重工
東京に本社を構え、世界屈指の規模を誇る金属・機械メーカー。裏では兵器を売る軍需産業の面を持つ。
PPOR(ピーピーオーアール)
アジョー重工が秘密裏に開発を進める人型ロボット。正式名は「サイコロジカル・パワー・オペレイテッド・ロボット」。
人間の精神波によって遠隔操作されるが、操縦者の心身に多大な負担を強いるためゲルを利用する。
ゲルをPPORのエネルギーにする際は液状にしたものを使用。
ゲル
人間の「人の思い」。物質化したゲルは超低温であり、ドライアイスよりも冷たい。また、通常の状態では保存出来ず消滅してしまう。ゲルは専用の装置により人間から抽出され、これを搾取され過ぎた人間は衰弱しやがて死ぬ。また、人に使用すると体力の回復などの効果があるが、拒否反応がある。
プロダクション・ミノス
美浦の所属する芸能プロダクション。アジョー重工の出資で運営されている。美浦の活動に関しては全て蛙杖の独断で決定され、社長は全貌を掴んでいない。

スタッフ[編集]

  • 原作・監督・脚本 - 佐藤博暉(ポニーキャニオン)
  • 監督補佐(#14・#15) - 神谷純
  • キャラクター原案 - 田中久仁彦
  • キャラクターデザイン・総作画監督(#8 - #15) - 石倉敬一
  • メカニックデザイン - スタジオレスポンス(#1 - #7)→竹内志保(#8 - #15)
  • メカニック原案 - スタジオレスポンス(#8 - #13)
  • メカニック監修 - 竹内志保(#1 - #7)
  • デザインワークス - ゼロGルーム(#1 - #13)
  • 美術監督 - 渋谷幸弘
  • 色彩設計 - 佐藤祐子
  • 撮影監督 - 中條豊光・笹野進一(#1 - #13)→沖野雅英(#14・#15)
  • 編集 - 松村将弘(#1 - #13)→松村正宏(#14・#15)
  • 音楽 - 寺嶋民哉
  • 音響監督 - 藤山房伸
  • プロデューサー - 鈴木重裕(#1 - #13)→白川詩子・田沼敦・青木恵理子・津野竜之輔(#14・#15)
  • アニメーション制作 - スタジオぴえろ
  • 製作 - ポニーキャニオンフジテレビ、フジエイト(#1 - #7)→フジクリエイティブコーポレーション(#8 - #15)、スタジオぴえろ

主題歌[編集]

オープニング「In the Night」
作詞・作曲・歌 - 貴島サリオ(ドラマCD - 岩男潤子) / 編曲 - 寺嶋民哉
エンディング「私がそばにいる」
作詞・作曲・歌 - 貴島サリオ(ドラマCD - 長沢美樹) / 編曲 - 寺嶋民哉
主題歌(第15話)「手のひらの宇宙」
作詞 - 濱田理恵 / 作・編曲 - 寺嶋民哉 / 歌 - 岩男潤子
挿入歌(第15話)「キィのララバイ」
作詞 - 佐藤博暉 / 作・編曲 - 寺嶋民哉 / 歌 - 岩男潤子
OVA全巻購入特典シングルCDおよび初回限定生産DVD-BOX同梱CD収録。
ラジオドラマスリーズでは一部アレンジされ、巳真兎与子(井上喜久子)がキィに歌う「キィのララバイ」として挿入歌となった。

各話リスト[編集]

※ 各話のサブタイトルはパソコン用語から採られている。

話数 サブタイトル 収録時間 絵コンテ 演出 作画監督 発売日 価格
Ver.1 起動 25分 佐藤博暉 水野和則 石倉敬一
竹内志保
1994年12月16日 ¥2427
初回のみ¥970
Ver.2 カーソルI 石山タカ明 阿部雅司 小林利充 1995年2月17日 ¥2427
Ver.3 カーソルII 近藤信宏 岸義之 1995年3月1日
Ver.4 アクセス 水野和則 真野玲 田中比呂人 1995年4月5日
Ver.5 スクロールI 石山タカ明
佐藤博暉
阿部雅司 小林利充 1995年6月7日
Ver.6 スクロールII 近藤信宏 石倉敬一
竹内志保
1995年7月5日
Ver.7 ラン 奥脇雅晴
佐藤博暉
山口頼房 田中比呂人、石倉敬一
竹内志保、菊池聡延
1995年8月2日
Ver.8 ゴー・トゥ 水野和則 菱沼義仁 1996年2月7日
Ver.9 リターン ますなりこうじ 斎藤卓也 1996年3月6日
Ver.10 バグ 近藤信宏 山口頼房 菱沼義仁 1996年4月3日
Ver.11 セーブ 渡部高志 菊池聡延 1996年5月2日
Ver.12 ヴァイラスI 山口頼房
佐藤博暉
山口頼房 松竹徳幸 1996年7月3日
Ver.13 ヴァイラスII 佐藤博暉 水野和則
佐藤博暉
石倉敬一
竹内志保
1996年8月7日
Ver.14 システム 95分 神谷純、池上和彦
うえだしげる
田中比呂人、古瀬登
菊池聡延
1997年3月21日 ¥9500
Ver.15 終了 田中比呂人、古瀬登
菊池聡延、清水恵子
伊藤秀次
1997年6月18日

英語版[編集]

  • 英語版はビズメディアにより北米で発売された。
  • OP曲、ED曲共に英語版で流れる。
  • 第15話の主題歌と挿入歌は巳真兎季子役のニコル・オリバーによる英語版が収録されている。

英語版の担当声優[編集]