モモコ120%

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モモコ120%
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケード
開発元 ジャレコ
発売元 ジャレコ
人数 1人 - 2人切り替え
発売日 1986年
テンプレートを表示

モモコ120%』は、1986年ジャレコから発売された業務用アクションゲームである。派生作品である、ファミコン用ゲームである『うる星やつら ラムのウエディングベル』や、携帯用ゲームである『モモコ1200%』についても合わせて説明する。

ストーリー[編集]

火の国のモンスターが幼いモモコを見初め、結婚を迫って追いかけてきた。幼稚園、小学校、中学校と、行く先々で炎のモンスターに追いかけられる羽目になったモモコは、果たして無事逃げおおせ、幸せな未来を手に入れられるだろうか。

概要[編集]

全6ステージ。主人公のモモコを十字レバーと2つのボタン(ショット、ジャンプ)で操作する。十字レバーの左右は左右移動、下はしゃがむ、上は立ち上がる操作となる。ステージとなる建物の屋上まで移動、屋上で待ち受ける飛行船につかまるとステージクリアとなる。建物の下からは徐々に火の手が上方向に迫るようになっており、火の手に触れるとミス扱いとなる。

階を移動するにはエスカレータを使用するのが基本で、エスカレータの出入り口の台に乗った状態で上下方向にレバーを入れることで階を移動することができる。例外的に、ワープドアやトランポリンを用いる場合もある。ワープドアの行き先は別の階の場合もあれば、同じ階の場合もある。また、別空間(ハードル走のような場面)にワープし、別空間のクリア後に元の建物に戻されることもある。

建物の途中には敵(UFOやモンスターのようなものが多い)が登場するが、ショットガンを使って倒すことができる。敵に接触するとミスとなる。

階の途中は、床が抜けている部分があり、落ちると火の手に巻き込まれることになる。ジャンプして飛び越える、左右に移動する床に飛び移る、ジャンプで天井のパイプなどにぶら下がって向こう岸に渡るなどの操作が必要となるが、ジャンプ中やパイプにぶら下がっている間はショットガンを撃つことはできないため、ミスの危険性は高まる。

ステージが進むにつれてモモコは成長する。幼稚園(4歳)から始まり、最後には20歳のウエディングドレス姿のステージとなる。ステージと成長過程は以下の通りである。ループゲームであり、6ステージ終了後は、ステージ1から始まる。

  • ステージ1 - さくら幼稚園(4歳)
  • ステージ2 - さくら小学校(6歳)
  • ステージ3 - さくら中学校(12歳)
  • ステージ4 - さくら高校(15歳)
  • ステージ5 - アイドルデビュー(18歳) テレビ局風のステージ
  • ステージ6 - ウェディング(20歳)
    ウェディングステージは、30秒の制限時間内に指輪や結婚アイテムを取り、チャペルに入ればクリア(結婚)という、ボーナスステージとなっている。

なお、通常状態(火の手が迫ってきていない状態)でのBGMには「ラムのラブソング」が使われている(派生作品も参照)。

派生作品[編集]

うる星やつら ラムのウエディングベル
ジャンル アクションゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 ジャレコ
発売元 ジャレコ
人数 1人
発売日 1986年10月23日
テンプレートを表示
うる星やつら ラムのウエディングベル
1986年10月23日にジャレコより発売のファミリーコンピュータ用ソフト。同時期に業務用として登場稼働していた「モモコ120%」のキャラクター変更移植作品。内容はオリジナルの業務用をベースにしたほぼ同一のもので、主人公がモモコからラムへと変更され、その他のキャラクターもうる星やつらの登場人物に変更されている。ゲーム中は他のうる星キャラがお助けキャラとして登場したり、ラムのコスチュームが複数(虎縞ビキニや洋服)用意されているなど、家庭用独自の追加仕様もいくつかみられた。こうした経緯から、同名の漫画及びアニメのタイトルを冠しているが、世界観は原作とは全く異なるものになっている。BGMは業務用と同じアニメの主題歌の「ラムのラブソング」が使用され、TVCMにはアニメ版と同じくラム役の平野文がナレーションを担当していた。チラシのイラストはAC版を意識した構図になっているが、モモコが子供から大人に成長していくのに対し、ラムが大人から子供の姿へ退行していく様子が描かれている、
モモコ1200%
ジャンル アクションゲーム
対応機種 携帯電話ゲーム
開発元 ジャレコ
発売元 ジャレコ
人数 1人
発売日 2006年2月28日
テンプレートを表示
モモコ1200%
2006年2月28日発売。
事実上の続編だが、基本的に独立した作品でAC版との繋がりはなく、キャラクターデザインや設定も大きく異なっている。アーケード版はステージ進行によって固定的に成長していくのに対し、本作ではクリアの仕方によって成長の仕方(進学先の学校や職業)が変化する。その他、キャラクターが職業や年齢に応じた必殺技を使えるようになり、カットイン演出が入るようになっている。

関連作品[編集]

ゲーム天国
モモコが主人公の一人として登場する、シューティングゲーム