ニューヨーク東8番街の奇跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニューヨーク東8番街の奇跡
*Batteries not Included
監督 マシュー・ロビンス
脚本 マシュー・ロビンス
ブレント・マドック
S・S・ウィルソン
ブラッド・バード
原作 ミック・ギャリス
製作 ロナルド・L・シュワリー
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
フランク・マーシャル
キャスリーン・ケネディ
出演者 ジェシカ・タンディ
ヒューム・クローニン
撮影 ジョン・マクファーソン
編集 シンシア・シェイダー
製作会社 アンブリン・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニヴァーサル映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1987年12月18日
日本の旗 1987年12月25日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $65,088,797[1]
テンプレートを表示

ニューヨーク東8番街の奇跡』(ニューヨークひがし8ばんがいのきせき 原題: *Batteries not Included, 「*電池は含まれません」という電気製品によくある注意書きをもじったもの。アスタリスク(*)も含めて正式名称である点に注意)は、1987年アメリカ合衆国の映画(ファンタジー映画)。

概要[編集]

アメリカ映画の中では比較的ポピュラーなUFOとの接近遭遇をモチーフとしている。しかし本作が他のUFOを扱った作品と決定的に異なる点は、UFOそのものが自我を有しているという点である。彼らは言葉こそ喋れないものの、主人公たちとコミュニケーションを取り、互いに理解しあい、その結果『奇跡』を引き起こす。彼らUFO以外にSFを匂わせる設定はほとんど見当たらず、SFの姿を借りた妖精譚と言ったほうが本作を正確に表現しているかもしれない。

ストーリー[編集]

舞台は再開発の波が押し寄せる1980年代のニューヨークの東8番街。アパートの住人のフランクらは、立ち退き問題に疲れ果てていた。その夜、そらから、命を持ったUFOのような生命体が現れ、アパートの住人を守ろうとする。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 フジテレビ
フェイ・ライリー ジェシカ・タンディ 新村礼子 阿部寿美子
フランク・ライリー ヒューム・クローニン 永井一郎 石森達幸
ハリー・ノーブル フランク・マクレー 郷里大輔 島香裕
マリサ・エステヴァル エリザベス・ペーニャ 土井美加 鈴鹿千春
カルロス マイケル・カーマイン 谷口節 荒川太朗
メイソン・ベイラー デニス・ボウトシカリス 納谷六朗 真地勇志
コヴァックス ジョン・パンコウ 麦人
レイシー マイケル・グリーン 大木民夫

参考文献[編集]

  1. ^ * batteries not included”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年7月24日閲覧。

外部リンク[編集]