日本の夜と霧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の夜と霧
監督 大島渚
脚本 大島渚
石堂淑朗
製作 池田富雄
出演者 渡辺文雄
桑野みゆき
津川雅彦
音楽 真鍋理一郎
撮影 川又昂
編集 浦岡敬一
製作会社 松竹大船
配給 松竹
公開 日本の旗 1960年10月9日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

日本の夜と霧』(にほんのよるときり)は、1960年制作の日本映画大島渚監督。

日米安全保障条約に反対する安保闘争テーマにした作品だが、公開からわずか4日後、松竹が大島に無断で上映を打ち切ったため、大島は猛抗議し、松竹を退社した。また、直後に開かれた大島と小山明子との結婚式では出席者から抗議が相次ぎ、さながら総決起集会と化した[1]。なお本作はその後、三角寛の計らいで、人世坐で同じ大島監督の作品『青春残酷物語』と併せて特別上映された。

あらすじ[編集]

 1960年安保闘争における、6月の国会前行動の中で知り合った新聞記者の野沢晴明と、女子学生の原田玲子の結婚式が行なわれていた。招待客は、それぞれの学生時代の友人らである。その最中、玲子の元同志で逮捕状が出されている太田が乱入し、国会前に向かったまま消息を絶った北見の事を語り始める。一方で、野沢の旧友の宅見も乱入してきて、自ら命を絶った高尾の死の真相を語り始めた。

 これらをきっかけにして、野沢の友人らは、約10年前の破防法反対闘争前後の学生運動のあり様を語り始め、玲子の友人らも同様に安保闘争を語り始める。さらには、学生運動における党との関係や、運動の総括にも話が及び、会場は世代や政治的立場を超えた討論の場となる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]