新宿泥棒日記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新宿泥棒日記
監督 大島渚
脚本 田村孟
佐々木守
足立正生
大島渚
製作 中島正幸
撮影 吉岡康弘
仙元誠三
編集 大島渚
製作会社 創造社
配給 ATG
公開 1969年2月25日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

新宿泥棒日記』(しんじゅくどろぼうにっき)は、1969年に公開された、大島渚監督映画作品である。黒白の94分でパート・カラー、スタンダード。創造社制作、ATG配給。

概要[編集]

一九六八年夏の土曜日午后五時半、新宿紀伊國屋書店。青年(横尾忠則)が本を万引きして店を出ると、彼の手首を若い女(横山リエ)の手が掴む。彼女は店員として彼を社長田辺茂一氏のところへ突き出すのだった。青年は女に「明日また」と再犯を予告して実行し、女は青年をまた社長の前へ突き出す。社長は自著『裸像との対話』を青年に「謹呈」して、万引きをいちいち連れてこなくていいと女に言う。女は「このお店と社長さんが好き」な偽店員なのであった。

青年は万引きをして女に手を捕まれたときに「あやうく射精しそう」なほど亢奮し、一方の女も偽店員をとても楽しそうに演じるのだが、ふたりはいざ性交をしても、「ぜんぜん」盛り上がらず、困ってしまう。この状況を打開すべく、彼らは性科学者高橋鐵氏のもとを訪ねて話を聞いたり、飲み屋で創造社の俳優諸氏のセックス談義を聴いたりするが、どうもピンと来ない。

ふたりの物語は、セックスとは何かを問いながら、当時のアンダーグラウンド文化のなかで幻想的な展開を見せてゆく。

スタッフ[編集]

配役[編集]

参考文献[編集]

  • 樋口尚史『大島渚のすべて』(キネマ旬報社)

外部リンク[編集]