猿の惑星 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
猿の惑星
Planet of the Apes
ジャンル サイエンス・フィクション
放送時間 CBS 金曜 20:00 - (EST)(60分)
放送期間 1974年9月13日 - 12月20日(14回)
放送国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
制作局 20世紀フォックステレビジョン
企画 アンソニー・ウィルソン
製作総指揮 ハーバート・ハーシュマン
原作 ピエール・ブール
プロデューサー スタン・ハフ
出演者 ロディ・マクドウォール
ロン・ハーパー
ジェームズ・ノートン
マーク・レナード
テンプレートを表示

猿の惑星』(さるのわくせい、Planet of the Apes) は、アメリカSFドラマ。映画『猿の惑星』の続編として20世紀フォックステレビジョンによって制作され、1974年にCBSで放送されたが、人気は振るわず、第1シーズン (全14話) のみで放送を終了した。なお、ラロ・シフリンが音楽に参加している。

日本では1975年5月1日から9月18日までフジテレビ系列の木曜20時から20時55分に吹き替えで放送された。ナレーターは大木民夫

内容[編集]

一話完結作品。舞台は、映画版と同じ猿の支配する惑星だが、年代はオリジナルの約10年後である3965年になっている。映画版との最大の違いは、人間が言葉を喋れること、奴隷だけではないこと(猿の方が上位ではあるが、映画版よりは社会的立場が認められている)、生存可能な地域が旧米国領の大部分にまたがるほど広大になっていること。例えば、「脱走」していない人間であれば、「旅」も許されている。また、へりくだれば意見を述べる事も許される。人間の職人が存在する。人間が馬に乗ることは許されていないが、領主(猿)が目こぼしすることもある。人間が世界の支配者だったころの文明の遺物(書籍・小型核兵器・精密機械類)が所々に残されており、サル社会の支配者(ゼイウス議長やウルコー将軍のような幹部クラスの猿たち)に人間が決して下等な存在ではないという認識がある。

ストーリー[編集]

主人公は、チンパンジーのゲイラン(ロディ・マクドウォール。吹き替えは植木等)。1988年8月19日に未知の惑星圏を航行中の、アラン、ピート、ジョーンズら3名の宇宙飛行士の搭乗した宇宙船が突然のタイム・ワープに襲われて不時着(ジョーンズは、その時に死亡する)。アラン・ヴァードン(ロン・ハーパー。吹き替えは羽佐間道夫)とピート・バーク(ジェームズ・ノートン。吹き替えは井上真樹夫)はそこが未来の地球だと知った直後に捕らえられ、処刑されかけるが、理解者となったゲイランと逃亡。宇宙船から回収できた小型ディスクを頼みに過去の地球に戻る方法を探し、未来社会を放浪する。ゴリラのウルコー将軍(マーク・レナード。吹き替えは小林清志)と、その部下が主な敵として登場、一行(1匹と2人)を追跡、あるいは遭遇する。

ナレーション[編集]

日本の放送では、番組のオープニングとドラマ部分の最後にナレーションが入る。

オープニングのナレーション — 「地球時間の1988年8月19日、三人の宇宙飛行士が、ある任務のため大気圏外を飛行していた。 ところが、未知の惑星を飛んでいたとき、突如タイムウォープに襲われ、宇宙船は、再び地球へとはじきだされた。 だがそのとき地球は、なんと二千年後の地球だったのである。そしてさらに、その地球を支配していた者は…」

ドラマ部分最後のナレーション — 「アラン・ヴァードン、ピート・バーク、それにゲイランの三人は、 ふたたび、苦難に満ちた逃亡の道を歩き始める。 だが、三人の行く手には、必ず何かが待ち受けている。 ここは、猿の惑星なのだ」

オープニングのナレーションでは「1988年8月19日」と言っているが、オープニングの映像には「SHIPTIME AUG 19 1980」という表示があり、本来の設定では「1980年8月19日」が正しい。オープニング映像では斜線付きゼロが使用されているため、見間違えた可能性がある。

また、オープニング映像には「EARTHTIME JUN 14 3085」という表示もあり、「二千年後」というナレーションは、3885年と見間違えたことによるものである可能性がある。ドラマの中では宇宙船の日付が「3 21 3085」で止まっており、本来は「少なくとも千年以上の未来」という設定である。

エピソード[編集]

日付は1974年のCBSでの初回放送。

  1. 未来への脱出 Escape from Tomorrow (9月13日)
  2. 決死の大障害レース The Horse Race (9月20日)
  3. ゴリラ暗殺団を追え The Deception (9月27日)
  4. 逃亡者大空へ飛ぶ Up Above the World So High (10月4日)
  5. とじこめられたゴリラ将軍 The Trap (10月11日)
  6. 魚漁りの裏に何かが? Tomorrow's Tide (10月18日)
  7. 暴君 The Tyrant (10月25日)
  8. 尋問で口を割れ The Interrogation (11月1日)
  9. 疫病を退治しろ The Cure (11月8日)
  10. 外科医の決意 The Surgeon (11月15日)
  11. 地下貯蔵庫の遺産を守れ The Legacy (11月22日)
  12. メダルを取り返せ The Gladiators (11月29日)
  13. 絶体絶命 The Liberator (初回未放送)
  14. ゲイランの危機 The Good Seeds (12月6日)

ノベライズ[編集]

  • ジョージ・アレック・エフィンジャー『猿の惑星: 逃亡者人間』(Planet of the Apes #1: Man the Fugitive) 小倉多加志訳、ハヤカワ文庫NV97、1975年。
  • ジョージ・アレック・エフィンジャー『猿の惑星: 明日への脱出』(Planet of the Apes #2: Escape to Tomorrow) 小倉多加志訳、ハヤカワ文庫NV102、1975年。
  • ジョージ・アレック・エフィンジャー『猿の惑星: 決死の逃亡』(Planet of the Apes #3: Journey into Terror) 小倉多加志訳、ハヤカワ文庫NV108、1975年。

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 木曜20時
海外ドラマ
前番組 番組名 次番組
座頭市物語
【ここまで時代劇枠
猿の惑星
マチャアキ!するぞー
(20:00 - 20:54)
【ここからバラエティ枠】
FNNニュース
(20:54 - 21:00)
【1分拡大して継続】