雪国まいたけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社雪国まいたけ
YUKIGUNI MAITAKE CO., LTD.
Yukigunimaitake.jpg
本社
種類 株式会社
市場情報
東証2部 1378 2000年3月1日上場
本社所在地 日本の旗 日本
949-6695
新潟県南魚沼市余川89番地
設立 1972年昭和47年)10月19日
(司興業株式会社)
業種 水産・農林業
事業内容 マイタケエリンギブナシメジの生産販売
代表者 鈴木克郎
(代表取締役会長兼社長)
資本金 16億500万円
(2014年3月31日現在)
発行済株式総数 3,889万375株
(2014年3月31日現在)
売上高 連結:288億29百万円
単独:271億63百万円
(2014年3月31日現在)
純利益 連結:13億56百万円
単独:13億52百万円
(2014年3月31日現在)
純資産 連結:26億36百万円
単独:20億9百万円
(2014年3月31日現在)
総資産 連結:365億64百万円
単独:339億54百万円
(2014年3月31日現在)
従業員数 連結:1,196人
単独:879人
(2014年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 (有)大平商事 32.35%
大平喜信 20.04%
大和ハウス工業(株) 4.61%
若井猛 2.48%
大平正夫 2.31%
大平秀子 1.23%
大平洋一 0.93%
大平安夫 0.81%
大平ヨシトミ 0.74%
第四銀行 0.74%
(2014年3月31日現在)
主要子会社 #関連会社参照
関係する人物 大平喜信(顧問)
外部リンク http://www.maitake.co.jp/
特記事項:1991年平成3年)4月1日付をもって、旧・(株)雪国まいたけ(1983年昭和58年)7月21日設立・実質上の存続会社)の株式額面を変更するため同社と合併し、旧会社を消滅させた。
テンプレートを表示

株式会社雪国まいたけ(ゆきぐにまいたけ、: Yukiguni Maitake Co., Ltd. )は、主にマイタケを始めとするきのこの栽培、及びそれらを材料とした加工食品健康食品を製造・販売する企業である。きのこ以外にはモヤシの栽培や納豆の製造・販売も行っている。

沿革[編集]

  • 1975年昭和50年)8月 - 「大平もやし店」を創業。
  • 1982年(昭和57年)2月 - まいたけ栽培開始。
  • 1983年(昭和58年)7月 - 「株式会社雪国まいたけ」設立。マイタケの生産を開始(日産350kg)。
  • 1986年(昭和61年) - 本社を南魚沼市余川に新築。
  • 1987年(昭和62年)3月 - 東京営業所を開設。
  • 1994年平成6年)3月 - 新潟証券取引所地域産業育成部へ上場。
  • 2000年(平成12年)3月 - 新潟証券取引所と東京証券取引所の合併により東京証券取引所市場第2部に株式を上場。証券コードは1378。
  • 2006年(平成18年)2月10日 - 五泉バイオセンター内コージェネレーション発電事業への参加。[1]
    • 4月14日 - 中国における「えのき茸事業」推進で、「上海雪国高榕生物技術有限公司」を設立。[2]
    • 7月19日 - タカラバイオ株式会社と業務提携契約を締結。[3]
    • 10月、「YUKIGUNI MAITAKE Corporation of America」を設立。米国へ初の海外進出。
  • 2008年(平成20年)
    • 2月12日 - 吉林省長春市に合弁会社を設立し、えのき茸の生産施設を建設。[4]
    • 7月22日 - 関連子会社タナベ雪国アソシエイツ株式会社を解散及び清算。[5]
  • 2009年(平成21年)2月10日 - 大和ハウス工業と資本・業務提携を締結。[6]
    • 2月16日~17日 - 新潟県を訪問した秋篠宮文仁親王・同妃紀子が雪国まいたけ第3バイオセンター視察[7]
    • 3月16日 - 中国におけるエリンギ事業を開始(上海雪榕生物技術有限公司)[8]
    • 8月17日 - 現地法人を設立。「成都雪国高榕生物科技有限公司」(四川省都江堰市川蘇工業園区)[9]
  • 2013年(平成25年)
    • 11月5日 - 金融商品取引法違反で大平喜信社長が辞意表明(不適切な会計処理が行われていた可能性があることが判明したため)[1][2]
    • 11月22日 - 社長に星名光男取締役が就任。大平喜信社長は顧問に退く[3][4]
  • 2014年(平成26年)

主な製品[編集]

  • 雪国まいたけ
  • 白まいたけ
  • 雪国えりんぎ
  • 雪国ぶなしめじ
  • 雪国もやし
  • 雪国大粒丹波しめじ
  • 雪国本しめじ
  • 雪国やさい革命(野菜炒め用カット野菜)

役員[編集]

関連会社[編集]

  • ㈱雪国商事
  • ㈲今町興産
  • ㈱雪国バイオフーズ
  • ㈱トータク
  • 雪国舞茸(長春)生物技術有限公司
  • 青島東冷食品有限公司
  • ユキグニマイタケコーポレーションオブアメリカ
  • ユキグニマイタケマニュファクチャリングコーポレーションオブアメリカ

グラミン銀行との合弁会社の設立[編集]

  • 2010年(平成22年)10月9日 - バングラデシュに合弁会社「グラミン・雪国まいたけ」を設立。日本でのモヤシ生産に適した大粒の豆は雪国が購入し、農業で1500人程度の雇用が見込まれ、輸入しない小粒の豆はバングラデシュ国内で販売の仕事・収入も生まれる[10]
  • 2010年(平成22年)10月12日 - 日本食糧新聞社が制定する2010年度(平成22年度)第19回食品安全安心・環境貢献賞を受賞。

コマーシャル[編集]

1990年代後半からの、郷ひろみによるテレビコマーシャルで、一気に知名度が上がった。

2006年(平成18年)からははなわによる「雪国もやし」のテレビコマーシャルを放映開始。ベースを弾き語りながら「メチャメチャ高いからみんな絶対買うなよ」(第二段として「めちゃめちゃ高いからみんな全然売れねぇんだ」もある)とコメディ風に呼びかける異色の内容である。なお、はなわがCMの最後に「高いよ」と視聴者に語りかけるように言う部分は、後に「雪国、雪国、雪国もやし」と製品名を連呼する形に差し替えられた。

2009年(平成21年)からの『雪国やさい革命』のコマーシャルでは「メチャメチャやすい」とアピールしている。

なお、高いと唄われている「高さ」とは、この商品の値段ではなく、この商品に対する理念のことである[11]

また、「やすい」も値段ではなく、使い勝手のし易さという意味である。

2011年(平成23年)の東日本大震災福島第一原子力発電所事故)以降は郷ひろみを再び起用。独自の放射性物質検査を行い、安全・安心をアピールするものとなっている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 社内調査委員会の調査報告書の受領及び当社の対応について (PDF)”. 雪国まいたけ (平成25年11月5日). 2013年11月6日閲覧。
  2. ^ “雪国まいたけ、12年3月期に違法配当の可能性”. 日本経済新聞. (2013年11月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD050T4_V01C13A1TJ1000/ 2013年11月7日閲覧。 
  3. ^ 代表取締役異動に関するおしらせ (PDF)”. 雪国まいたけ (平成25年11月14日). 2013年11月16日閲覧。
  4. ^ “雪国まいたけ社長に星名氏 創業社長は引責辞任”. 日本経済新聞. (2013年11月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD140HS_U3A111C1TJ1000/ 2013年11月16日閲覧。 
  5. ^ “株式会社雪国まいたけに係る有価証券報告書等の虚偽記載に対する課徴金納付命令の決定について”. 金融庁. (2014年1月17日). http://www.fsa.go.jp/news/25/syouken/20140117-3.html 2014年1月17日閲覧。 
  6. ^ “金融庁、雪国まいたけに課徴金納付を命令 有報の虚偽記載で”. 日本経済新聞. (2014年1月17日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL170R2_X10C14A1000000/ 2014年1月17日閲覧。 
  7. ^ “雪国まいたけ、元ホンダ専務が取締役に 創業者なお影響力”. 日本経済新聞. (2014年6月27日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ270F4_X20C14A6TJ1000/ 2014年7月18日閲覧。 
  8. ^ “雪国まいたけ、総会動議で経営陣一新 創業家の関与…改善姿勢に疑問符 (1/2ページ)”. SankeiBiz. (2014年7月1日). http://www.sankeibiz.jp/business/news/140701/bsc1407010500003-n1.htm 2014年7月18日閲覧。 
  9. ^ “「雪国まいたけ」創業者が「大物」引き連れ新布陣”. FACTA. (2014年8月). http://facta.co.jp/article/201408024.html 2014年7月18日閲覧。 
  10. ^ 時事ドットコム 2010/10/09
  11. ^ 雪国もやしの『高い理念』とは?

外部リンク[編集]