五泉市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ごせんし
五泉市
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方
都道府県 新潟県
団体コード 15218-8
面積 351.87km²
(境界未定部分あり)
総人口 51,912
推計人口、2014年11月1日)
人口密度 148人/km²
隣接自治体 新潟市阿賀野市三条市加茂市
東蒲原郡阿賀町南蒲原郡田上町
市の木 サクラ
市の花 牡丹
五泉市役所
所在地 959-1692
新潟県五泉市太田1094-1
北緯37度44分40秒東経139度10分57.4秒
五泉市役所
外部リンク 五泉市

五泉市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
五泉市中心部周辺の空中写真。
1975年撮影の6枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
五泉駅前

五泉市(ごせんし)は、新潟県下越地方にあるである。新潟市への通勤率は22.5%(平成22年国勢調査)。

越後平野の東にあり、阿賀野川早出川が市内を流れる。ぼたん栽培が盛んで、苗木で全国1位、切花が全国2位の生産量を誇る。また、ニットの全国的な生産地である。新潟都市圏に属している。

菅名岳大蔵山には吉清水、どっぱら清水という湧水がある。また市内の水道地下水を利用している。

地理[編集]

  • 山:菅名岳、大蔵山
  • 河川:阿賀野川、早出川

隣接している自治体・行政区[編集]

歴史[編集]

人口[編集]

Demography15218.svg
五泉市と全国の年齢別人口分布(2005年) 五泉市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 五泉市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
五泉市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 62,038人
1975年 62,017人
1980年 62,516人
1985年 62,781人
1990年 61,289人
1995年 60,354人
2000年 58,820人
2005年 56,962人
2010年 54,556人
総務省統計局 国勢調査より

行政[編集]

歴代市長

経済[編集]

産業[編集]

  • 繊維業
    • ニット

特産物[編集]

郵便[編集]

集配郵便局

無集配郵便局

  • 安出郵便局
  • 猿和田郵便局
  • 五泉下町郵便局
  • 大蒲原郵便局
  • 越後川内郵便局
  • 橋田郵便局
  • 馬下郵便局


簡易郵便局

  • 巣本簡易郵便局
  • 木越簡易郵便局
  • 大蔵簡易郵便局

 


金融[編集]

五泉信用組合本店

ライフライン[編集]

交通[編集]

五泉駅

鉄道[編集]

東日本旅客鉄道

1999年までは蒲原鉄道の路線があり、以下の駅が現在の市域に存在した。

バス[編集]

路線バス[編集]

市内発着の路線バスは、新潟市秋葉区の新津地区中心部に至る路線と、阿賀野市安田地区中心部に至る路線の2路線で、いずれも新潟交通観光バス五泉営業所が運行している。なお、新潟交通グループのバスカードは利用できない。

  • 大関線
    • 五泉営業所 - 五泉駅前 - 本町二丁目 - (新関駅前 - 大関 - 滝谷 - 新津駅)
  • 論瀬線
    • 五泉営業所 - 五泉駅前 - 本町二丁目 - 論瀬十字路 - (保田車庫 - 大曲)

コミュニティバス[編集]

上記以外の路線バスのうち、新潟交通観光バスと蒲原鉄道傘下の蒲鉄小型バスが運行していた市域内のみで運行区間が完結する路線と、2008年10月1日から蒲鉄小型バスの廃止代替路線に代わって市が事業主体となって運行していたコミュニティバス「五泉市コミュニティバス」の全路線は、2010年9月30日を以って全廃された。

市はこれに代わって翌10月1日から、前日まで蒲鉄小型バスが運行していた「五泉線」を基にして五泉・村松の両市街地を循環もしくは往復によって連絡するコミュニティバス「ふれあいバス」の運行を開始した。事業主体は市で、運行業務は泉観光バス、新潟交通観光バス五泉営業所、蒲原鉄道の3社から成る「五泉市乗合バス協議会」が受託している。市はこのふれあいバスの沿線を「基幹交通軸」と位置付け、事業計画上では基幹バスと称している。

  • ふれあいバス
    • 五泉高校前 - 北五泉駅前 - 本町二丁目 - 今泉 - 南部郷総合病院前 - 西村松 - 村松支所 - 学校町 - さくらアリーナ前 - 村松公園前 - 南部郷厚生病院前 - 村松駅前 - 今泉 - 五泉駅前 - 五泉市役所前 - 五泉高校前
    時間帯により、村松・五泉両市街地を循環する系統(行先表示:「五泉駅先回り 循環」「北五泉駅先回り 循環」)、北五泉・西村松を経由せず循環する系統(「さくらアリーナ折り返し 村松・五泉」「さくらアリーナ経由 村松公園・村松駅」)、旧五泉線と同様、村松・五泉両市街地を往復する系統(「五泉駅・五泉高校」「村松駅」)が運行される。

また同時に、五泉線以外の路線は事前登録・予約制のデマンド乗合タクシー「さくら号」に転換された。市内を五泉地区東部・同西部・村松地区の3つのエリアに分割し、各地区でデータイム60分間隔で両地区中心部と郊外とを連絡するもの。こちらも事業主体は市で、運行業務はみどりハイヤー蒲鉄タクシーしあわせタクシーフラワー観光の4社から成る「五泉市ハイタク協議会」が受託している。

なお、この「ふれあいバス」と「さくら号」は、市が2010年度下期から3箇年にわたって実施する実証実験の一環で運行されるもので、市域内の公共交通網を持続可能な状態へ構築することを目的としている。

この他、加茂市営市民バスが1日3往復、加茂市中心部から村松地区中心部へ乗り入れている。

  • 加茂市営市民バス・村松線
    • 村松駅前 - 西村松 - 大蒲原 - 高松 - 金割鉱泉前 - (七谷 - 狭口 - 加茂病院前 - 加茂駅前 - 市役所前)

高速バス[編集]

市内発着の高速バスは県内線1路線。新潟交通観光バス五泉営業所と蒲原鉄道が運行している。

道路[編集]

高速自動車国道[編集]

一般国道[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

村松公園の桜

学校[編集]

高等学校
中学校
  • 五泉市立五泉中学校
  • 五泉市立五泉北中学校
  • 五泉市立川東中学校
  • 五泉市立山王中学校
  • 五泉市立愛宕中学校
小学校
  • 五泉市立五泉小学校
  • 五泉市立五泉南小学校
  • 五泉市立五泉東小学校
  • 五泉市立川東小学校
  • 五泉市立巣本小学校
  • 五泉市立橋田小学校
  • 五泉市立村松小学校
  • 五泉市立愛宕小学校
  • 五泉市立大蒲原小学校
  • 五泉市立十全小学校
特別支援学校
  • 新潟県立五泉特別支援学校
大学
  • 新潟大学農学部附属フィールド科学教育センター 耕地生産部村松ステーション

出身有名人[編集]

外部リンク[編集]