仙人部落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仙人部落
ジャンル ナンセンス漫画
漫画
作者 小島功
出版社 徳間書店
掲載誌 アサヒ芸能
発表期間 1956年 - 2014年
アニメ
原作 小島功
製作 TCJ動画センター(現:エイケン)
放送局 フジテレビ
放送期間 1963年9月4日 - 1964年2月23日
話数 23
テンプレート - ノート

仙人部落』(せんにんぶらく)は、小島功4コマ漫画。また、それを原作としたテレビアニメ映画

概要[編集]

漫画は1956年に『週刊アサヒ芸能』(徳間書店)で連載が開始され、2006年には連載50周年を達成した。2011年、単一作家による漫画の連載記録としてはチャールズ・M・シュルツの『ピーナッツ』の連載54年(この年数は前身の『リル・フォークス』の3年を含める)を超えた。『週刊アサヒ芸能』2014年8月7日号(7月29日発売)にて次号から休載することが発表されたが、それから8ヶ月半後の2015年4月14日に小島が87歳で逝去したため同号の掲載作品が最後の作品となり、絶筆のまま連載終了した。

なお、2012年現在、ギネス世界記録が認定する単一作家による漫画の世界最長連載記録はJim Russellの『The Potts』の連載61年(1940年〜2001年)である[1]

ストーリー[編集]

仙人たちの住んでいる土地「仙人部落」が舞台になっており、老師[2](白い髭を生やしていて、よく杖をついている)や青年の仙人・中年の仙人・仙女、「仙人部落」を管轄する警官[3]代官[4]などが登場し、さまざまな術などを使って生活している「仙人たち」の日常がコント風に描かれている。エロチック・お色気な描写が主体である一方、基本はナンセンスなギャグ展開が多く見られる。

小島は本作品の単行本に寄せた序文において「この漫画はコントの作法です」と述べており、スピーディーなアイデアの飛躍に重点を置いていたという[5]

テレビアニメ[編集]

1963年9月4日-1964年2月23日までフジテレビ系列で放送。全23話。『もぐらのアバンチュール』、『新しい動画 3つのはなし』、『インスタント・ヒストリー』、『おとぎマンガカレンダー』、『鉄腕アトム』に次ぎ日本で6番目に古いテレビアニメとされている。第8話までは水曜日23:40 - 23:55(JST、以下同)、第9話以降は日曜日22:30 - 22:45に放送。当時のアニメとしてはかなり遅い時間に放送されており、特に第8話までは深夜枠だった為に日本最古の深夜アニメとされる。また、4コマ漫画で初めてテレビアニメ化した作品でもある。

スタッフ[編集]

登場人物・声の出演[編集]

主題歌[編集]

  • OP「仙人部落のテーマ」(作詞:キノトール 作曲:山下毅雄 歌:スリーグレイセス)

サブタイトル[編集]

  • 第1話 「スタミナアンプルの巻」
  • 第2話 「風鈴の巻」
  • 第3話 「チャールストンの巻」
  • 第4話 「陽気なユーレイの巻」(東映ビデオ「エイケンTVアニメ・グラフィティ3」に収録)
  • 第5話 「ヴィーナスの巻」(東映ビデオ「エイケンTVアニメ・グラフィティ3」に収録)
  • 第6話 「SEXの巻」
  • 第7話 「おとぎばなしの巻」
  • 第8話 「消ゴムの巻」
  • 第9話 「鳥の巻」
  • 第10話 「星の話の巻」
  • 第11話 「浮気の巻」
  • 第12話 「魔女の巻」
  • 第13話 「雪の巻」
  • 第14話 「結婚記念日の巻」
  • 第15話 「正月の巻」
  • 第16話 「旅の若者の巻」
  • 第17話 「札の巻」
  • 第18話 「なくて七くせの巻」
  • 第19話 「三匹の狐の巻」
  • 第20話 「鬼の話の巻」
  • 第21話 「春の足音の巻」
  • 第22話 「本日の運命の巻」
  • 第23話 「映画鑑賞の巻」

外部リンク[編集]

フジテレビ 水曜23:40枠
前番組 番組名 次番組
海外ニュース
(→水曜23:55枠へ移動)
仙人部落
(1963年9月-1963年10月)
海外ニュース
(→水曜23:55枠から再び移動)
フジテレビ 日曜22:30枠
ダイヤモンド・グローブ
※21:45-22:45 → 21:00-21:45
仙人部落
(1963年11月-1964年2月)
巴里の唄

映画[編集]

1961年2月8日新東宝より『風流滑稽譚 仙人部落』(ふりゅうこっけいたん せんにんぶらく)のタイトルで公開された。実写映画。

あらすじ[編集]

服飾デザイナー・内木天兵は大森安治に仕事の名誉も恋人も奪われ、世をはかなんで熱海の錦ケ浦に飛び込む。気がつくとそこは仙人の世界で、天兵は仙人の長老・名鏡仙人の弟子になり仙人の仲間入りをする。天兵が開発した「七色のパンティー」が女仙たちに大流行となるが。男の仙人たちは怒って天兵を追放することを議決。仙人界から落とされた天兵は病院の一室で眼を覚ます。退院した天兵は以前の気弱な青年ではなく、希望に溢れた明るい青年になっていたのだった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Longest running cartoon strip by a single artist、ギネス世界記録。(2012/12/1閲覧)
  2. ^ 小島功『仙人部落』1 大和書房〈ペンギンコミック〉 1965年 4頁
  3. ^ 小島功『仙人部落』2 大和書房〈ペンギンコミック〉 1965年 56頁
  4. ^ 小島功『仙人部落』2 大和書房〈ペンギンコミック〉 1965年 75頁
  5. ^ 小島功『仙人部落』2 大和書房〈ペンギンコミック〉 1965年 3-4頁