八九式固定機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
八九式固定機関銃
八九式固定機関銃
種類 航空機関銃
製造国 日本
仕様
口径 7.7 mm×58SR
銃身長 732 mm
使用弾薬 八九式普通実包
作動方式 反動利用式
全長 1,035 mm
重量 12.3 kg
発射速度 900 発/分
銃口初速 820 m/s
歴史
配備先 大日本帝国陸軍
関連戦争・紛争 支那事変ノモンハン事件大東亜戦争
バリエーション テ1/試製単銃身旋回機関銃一型
テンプレートを表示

八九式固定機関銃(はちきゅうしきこていきかんじゅう)は、大日本帝国陸軍の空冷式単装機関銃(航空機関銃)。

1930年代後半の陸軍戦闘機の主力機関銃として使用された。

概要[編集]

八九式固定機関銃イギリスヴィッカーズ社が開発したヴィッカーズE型 7.7 mm機関銃ライセンス生産したものである。ライセンス権購入は1927年(昭和2年)、制式採用は1929年(昭和4年)。

威力は射程100 mで、11 mmの鋼板を貫通した。

1940年(昭和15年)前後の主力戦闘機である九七式戦闘機甲/乙型(キ27甲/乙)の武装として、日中戦争支那事変)・ノモンハン事件で使用されたが、機関砲航空機関砲)化に進む世界情勢のもと口径7.7 mmは威力不足であり、太平洋戦争大東亜戦争)開戦時には、後続となる口径12.7 mmの機関砲航空機関砲)であるホ103 一式十二・七粍固定機関砲に固定主力武装の座を明け渡した。

しかし主武装であるホ103の配備以降も八九式固定機関銃は副武装として合わせて使用され、一式戦闘機「隼」一型乙(キ43-I乙)[1]二式単座戦闘機「鍾馗」一型甲/二型甲(キ44-I甲/II甲)、三式戦闘機「飛燕」一型甲(キ61-I甲)など、太平洋戦争初中期に実戦参加の戦闘機に装備された。

同じヴィッカーズE型機銃の国産型でも、日本海軍で採用された毘式七粍七固定機銃(後に改良を加え九七式七粍七固定機銃)は、.303ブリティッシュ弾(7.7 mm×56R)を使用するので、日本陸軍の八九式固定機関銃の八九式普通実包(7.7 mm×58SR)との弾薬の互換性は無い。

同じ八九式という年式でも、ヴィッカーズ系の八九式固定機関銃は、オチキス系の八九式旋回機関銃とは全くの別物なので注意を要する。 

派生型[編集]

  • テ1/試製単銃身旋回機関銃 -テ4の前に開発された単装旋回機関銃。八九式固定機関銃を円盤型回転弾倉による給弾方式に改修したような形状をしている。銃身後座・反動利用式。使用弾薬は八九式旋回機関銃と同じ。1938年(昭和13年)より量産開始。
  • 試製九八式水冷式重機関銃 -隠顕式銃塔(イテ塔)で使用する目的で八九式固定機関銃を改修した重機関銃。ガスの発生量を減じ、かつ多数弾の連続発射に耐えうるよう水冷式とした。1938年12月に研究開始、1940年11月に完成したが、制式化はされなかった。

搭載機[編集]

機首銃として八九式固定機関銃を2挺装備する九七戦乙型(キ27乙)。エンジンのシリンダー隙間に銃身を配置しているため、銃口は機体外面に開口していない。

脚注[編集]

  1. ^ 機首武装2門(2挺)の内、片方1門はホ103・片方1挺が八九式。一型丙(キ43-I丙)以降は機首砲2門ともホ103を搭載。

参考文献[編集]

  • 橋立伝蔵監修『日本陸軍機キ番号カタログ』文林堂、1997年。

関連項目[編集]