日章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
太陽

日章(にっしょう)は、太陽をかたどった意匠

日本においては通常円形で描かれ、色は金色の場合が多い。白地に赤の日章をあしらった日本の国旗は日章旗と呼ばれる。なお、日章に光条をあしらった意匠は旭日と呼ばれて区別される。

日本の例[編集]

日章[編集]

日章を使った旗は多いが、日章旗と言えば日本の国旗である日の丸を意味する。

旭日[編集]

旭日の意匠は同じ太陽でも勢いよく昇る朝日を表している。円形の部分が日章と呼ばれることがある。

その他[編集]

これらは必ずしも日章とは呼ばれないが、太陽をかたどった意匠として挙げる。

なお、パラオの国旗ラオスの国旗はデザインが日章に似ているが、満月)を表している。