SS-77機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SS-77機関銃
SS-77機関銃
種類 軍用機関銃
製造国 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
設計・製造 ヴェクターアームズデネル・ランド・システム
仕様
種別 汎用機関銃
口径 7.62mm
銃身長 550mm
使用弾薬 7.62mm NATO弾
装弾数 ベルト給弾式
作動方式 ガス圧作動、オープンポルト
全長 1155mm
重量 9600g
発射速度 最大約600~900発/分
歴史
設計年 1977年
テンプレートを表示

SS-77機関銃( - きかんじゅう、SS-77 machine gun)は、南アフリカ共和国のヴェクターアームズ社によって開発された汎用機関銃。

概要[編集]

1970年代、南アフリカ共和国はアパルトヘイト政策のため、国際的な武器禁輸の対象となり、兵器の設計と製造の国産化が必要になった。SS-77機関銃は、FN MAG機関銃を代替する汎用機関銃として1977年に開発された。

派生型[編集]

  • SS-77 :7.62mm NATO弾仕様の汎用型。
  • SS-77 コンパクト:ストックが折り畳み式から伸縮型へ、折り畳み式の二脚(バイポッド)からフォアグリップへ、ピカティニー・レールを備えた近接戦闘向け改修型。全長1,080 mm(短縮時1,020mm)、重量は9.3kg。
  • ミニ SS:5.56mm NATO弾仕様型。二脚を備え全長1,000mm、 銃身長515mm、 重量8.26kg。SS-77をミニ SSに改修するキットも製造された。

使用国[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]