209型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ChangBogoSSK061Typ209Uboat.jpg
209/1200型(韓国海軍 SSK-061「張保皐」)
概要
設計: ドイツの旗 ドイツ IKL社
建造: ドイツの旗 ドイツ HDW社 (オリジナル)[1]
ブラジルの旗 ブラジルリオ・デ・ジャネイロ海軍工廠[1]
インドの旗 インドマザゴン造船所[1]
韓国の旗 韓国大宇造船海洋[1]
運用: #運用状況を参照
前級 : 206型潜水艦
次級: 214型潜水艦
就役期間: 1971年 ~ 現在
計画: 64
完工: 61
中止: 3
現役: 59
起工済: 2
仕様諸元
艦種: 209/1500型潜水艦
排水量 潜航時 1,810 t
全長: 64.4 m
全幅:   6.5 m
喫水:   6.2 m
機関: ディーゼル・エレクトリック方式,
ディーゼル機関4基,
1軸推進, 6100 shp
速力: 浮上時:11.5 ノット (21 km/h)
潜航時:22.5ノット (42 km/h)
航続距離: 10ノットで11,000 nmi.
(20 km/hで20,000 km);
シュノーケル潜航時、10ノットで 8,000 nmi.
(20 km/hで15,000 km);
潜航時、4ノットで400 nmi.
(7 km/hで740 km)
試験深度: 500 m
総員: 36名
兵装: 8 x 21-インチ (533 mm) 魚雷発射管,
14本 魚雷; UGM-84 ハープーンも選択可能

209型潜水艦は、ドイツホヴァルツヴェルケ=ドイツ造船社により開発された通常動力型潜水艦。輸出用であり、1967年ギリシャとの契約以後、14カ国に対し、50隻以上が輸出されている。

来歴[編集]

1960年代後半、GUPPY改修を受けたアメリカ海軍第二次世界大戦型潜水艦、あるいは戦後に売却されたイギリス製潜水艦は、老朽化の問題に直面しつつあった。これらの艦は世界中で多数が運用されており、これを更新することは至急の課題であると同時に、大きな商機であった。これらの更新用としては、イギリスのオベロン級潜水艦フランスダフネ級潜水艦ソ連フォックストロット型潜水艦などがあったが、いずれもやや大型であり、また運用コストも高くつくことから、中小国海軍には不適であった。[2][3]

一方、西ドイツは1960年代初頭より潜水艦の開発を再開しており、1962年には201型潜水艦、1967年にはその発展型である205型潜水艦が就役を開始していた。205型は、西ドイツ海軍(当時)に対して課せられていた排水量の制限をクリアするために、各種の独創的なコンセプトを導入しており、一方、仮に輸出用潜水艦を開発する場合には、西ドイツ海軍に対して課せられていた排水量の制限にこだわる必要はないことから、205型をベースとした輸出用潜水艦であれば、他国の潜水艦よりも小型でありながら高性能の潜水艦が開発できるものと考えられた。このことから、205型の開発を担当していたIKL (Ingenieurkontor Lübeck) 社およびHDW社は、その技術をもとにして輸出用潜水艦を開発することとした。この輸出用潜水艦に対し、ドイツ国防省は209型潜水艦の名前を与えた。[4]

設計と装備[編集]

船体[編集]

本型は、単殻構造の耐圧殻の上に非耐圧の上部構造を乗せた設計を採用しており、耐圧殻は内部に耐圧横隔壁を持たない耐圧1区画構造となっている。上部構造の大きさは艦級によって異なり、ほぼ全長にわたるものから、セイル直後で終わっているものもある。[1]

本型は、有名な戦中型のUボートXXI型と同様の水中高速型船型を採用している。艦首はマッコウクジラ状となっており、アメリカがアルバコア (AGSS-569)で開発して各国が追随した球状艦首は採用されていない。[1][4]ただし、本型の発展型として市場に投入された214型潜水艦では、球状に近い整形がなされている。

なお、本型は、顧客の予算と想定される任務に応じて、1100型、1200型、1300型、1400型、1500型のサブタイプがある。これは、最初に開発された1100型を基本として順次大型のものを開発していったものであるが、いずれも基本的な構造は同様である。

機関[編集]

本型において、2009年現在までに建造された艦は、いずれも、主機構成としてはMTU社製ディーゼルエンジン 4基とシーメンス社製電動機 1基によるディーゼル・エレクトリック方式を採用している。ただし艦級に応じて、その出力は異なっている。[1][4]

また、HDW社では、既存の209型潜水艦に改装工事によって挿入できる非大気依存推進 (AIP) システムを開発している。その選択肢としては、HDW社自身が開発して212A型潜水艦214型潜水艦に搭載しているのと同様の燃料電池システムに加え、スウェーデン・コックムス社が開発して既に実績を積んでいるスターリングエンジンも用意されている。

電子装備[編集]

ソナー・システム、レーダー・システムおよびC4Iシステムは、本型のなかでも艦級に応じてもっとも差異の大きい部分である。

209型の多くは、STN アトラス (STN Atlas)社製、CSU/PRSシリーズのソナー・システムを採用している。例えば、最初に発注された209型であるギリシャ海軍のグラフコス級潜水艦 (209/1100型) では、DBSQS-21ソナーとフランク・アレイ・ソナー、DUUX-2パッシブ・ソナーから構成されるCSU-83-90統合ソナー・システムを搭載した。[5]

また、2009年現在でもっとも新しい209型潜水艦であるヒロイン級潜水艦 (209/1400M型)では、やはり同社製のCSU-90を搭載しているが、これは、水中攻撃指揮装置などと合わせた統合戦闘システムとしてISUS-90を構成する。[6]

攻撃装備[編集]

本型の原型となった205型潜水艦は、魚雷発射管を先込め式で再装填機構を持たないものとするという思い切った手法により、攻撃装備を大幅に簡素化することに成功した。しかし、排水量にして3倍以上にまで大型化した本型においては、通常通りに発射管尾より再装填できるようになっており、各発射管には次発装填装置が取り付けられている。ただし、ブラジル海軍のトゥピ級潜水艦 (209/1400型) を除くすべての209型潜水艦では、再装填用の魚雷は6発しか搭載されていないため、発射管内に装填された魚雷とあわせて合計搭載量は14発となる。トゥピ級 (209/1400型)のみは8発を搭載しているので、兵装搭載量は合計で16発である。[3]ここに搭載される魚雷としては、多くの国は、ドイツ・アトラス社製のSUT魚雷[7]と、アメリカ製のNT37魚雷を使用している[4]

また、艦級によっては、サブ・ハープーンの運用能力が与えられていることがある。これは、魚雷発射管から射出される水中発射式の対艦ミサイルで、長距離の対水上火力として強力な打撃力となるが、発射時に自艦の位置を暴露することから、潜水艦の艦長には必ずしも好まれていない。[4]

なお、この魚雷発射管は、205型と同様の魚雷自走発射(スイムアウト)式である。これにより、魚雷発射時に発生する雑音は低減され、さらに、水圧により発射するための機構が必要ないので、設備も軽量化できる。ただし、自走式以外の機雷を発射できないという欠点を有していることから、209型向けとして、外装式で着脱できる機雷運搬コンテナが開発されている。[4]

運用状況[編集]

型名 級名 運用者 隻数 就役期間 備考
209/1100 グラフコス
(S-110 Glavkos)
 ギリシャ海軍 4隻 1971年~ 1993年より近代化改修。
209/1200 サルタ
(S-31 Salta)
 アルゼンチン海軍 2隻 1974年~ 2番艦のサン・ルイスは1982年のフォークランド紛争に参戦。第2次世界大戦後、唯一実戦投入されたUボートとなった。
209/1200 ピハオ
(SS-28 Pijao)
 コロンビア海軍 2隻 1975年~
209/1200 アンガモス
(SS-31 Angamos)
 ペルー海軍 6隻 1980年~
209/1200 アイ(Ay class;
S-347 Atilay)
 トルコ海軍 6隻 1976年~ AIP推進付加を含む近代化改修はキャンセルされ、限定的な改修に留まることになった。一部は214型により代替予定。
209/1300 サバロ
(S-31 Sabalo)
 ベネズエラ海軍 2隻 1976年~ 2隻の追加発注計画は頓挫。
209/1300 シリ
(S-11/101 Shyri)
 エクアドル海軍 2隻 1977年~ 1983~84年および1999~2000年に2度の近代化改修。2003年に1番艦で火災、大破。
209/1200 ポセイドン
(S-116 Poseidon)
 ギリシャ海軍 4隻 1979年~ 2004年より近代化改修、AIP増設の計画。
209/1300 チャクラ
(401 Cakra)
 インドネシア海軍 2隻 1981年~ 韓国より209/1200型を追加購入する計画。
209/1300 トムソン
(S-20 Thomson)
 チリ海軍 2隻 1984年~ 1990年ごろに近代化改装。後継艦はスコルペヌ型
209/1500 シシュマール
(S-44 Shishhumar)
 インド海軍 4隻 1986年~ 最大級の209型潜水艦。近代化改修済みであるが、更なるAIP推進付加を含む近代化改修の計画がある。
209/1400 トゥピ
(S-30 Tupi)
 ブラジル海軍 4隻 1989年~ さらに発展型としてS-34 Tikunaが2005年に就役。
209/1200 張保皐
(SS-061 Jang Bogo)
 韓国海軍 9隻 1993年~ 当初は18隻の建造を計画していたが、整備計画は214型に移行。
209/1400 プレヴェゼ(Preveze class;
S-347 Atilay)
 トルコ海軍 8隻 1994年~ 2003年就役の5番艦以降をGür classと称し、別クラスとして扱う場合も見られる。
209/1400M ヒロイン
(S-101 Heroine)
 南アフリカ海軍 3隻 2005年~ AIPを搭載しない以外は214型にほぼ準じる。
209PN トリデンテ
(S-167 Tridente)
 ポルトガル海軍 2隻 2010年~ 名称こそ209型だが214型にほぼ準ずることから214型の派生型と見る向きが多い。

個々の艦[編集]

艦級 形式 船台番号 艦名 就役 退役
アルゼンチンの旗 アルゼンチン サルタ 級 1100 S-31 Salta 1974 
S-32 San Luis 1997
ブラジルの旗 ブラジル トゥピ 級 1400 S-30 Tupi 1989
S-31 Tamoio 1994
S-32 Timbira 1996
S-33 Tapajó 1999
1400mod S-34 Tikuna 2005
チリの旗 チリ トムソン 級 1300L SS-20 Thomson 1984
SS-21 Simpson
コロンビアの旗 コロンビア ピハオ 級 1200 S-28 Pijao 1975
S-29 Tayrona
エクアドルの旗 エクアドル シリ 級 1300 S101 Shyri 1977
S102 Huancavilca 1978
ギリシャの旗 ギリシャ グラフコス 級 1100 S-110 Glavkos 1971 2011年6月9日
S-111 ネーレウス 1972
S-112 トリトン
S-113 プロテウス
ポセイドン 級 1200 S-116 ポセイドン 1979
S-117 Amfitriti
S-118 Okeanos
S-119 Pontos
インドの旗 インド シシュマール 級 1500 S44 シシュマール 1986
S45 シャンクシュ
S46 シャルキ 1992
S47 シャンクル 1994
インドネシアの旗 インドネシア チャクラ 級 1300 401 Cakra 1981
402 Nanggala
韓国の旗 韓国 張保皐 級 1200 SS-061 張保皐 1993
SS-062 Lee Chun 1994
SS-063 Choi Museon 1996
SS-065 Park Wi
SS-066 Lee Jongmu
SS-067 Jeong Un 1998
SS-068 Lee Sunsin 2000
SS-069 Na Daeyong
SS-071 Lee Eokgi 2001
ペルーの旗 ペルー アンガモス 級 1200 SS-31 Angamos ex-Casma 1980
SS-32 Antofagasta
SS-33 Pisagua ex-Blume 1982
SS-34 Chipana ex-Pisagua 1983
イスレイ 級 1100 SS-35 Islay 1975
SS-36 Arica
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 ヒロイン 級 1400mod S101 'Manthatisi 2005
S102 Charlotte Maxeke 2007
S103 Queen Modjadji I 2008
トルコの旗 トルコ アトゥライ 級 1200 S-347 Atilay 1976
S-348 Saldiray 1977
S-349 Batiray 1978
S-350 Yildiray 1981
S-351 Doganay 1984
S-352 Dolunay 1989
T1.1400 S-353 Preveze 1994
プレヴェゼ 級 S-354 Sakarya 1995
S-355 18 Mart 1998
S-356 Anafartalar 1999
ギュル class T2.1400 S-357 Gür 2003
S-358 Canakkale 2005
S-359 Burakreis 2006
S-360 Birinci Inönü 2007
ベネズエラの旗 ベネズエラ サバロ 級 1300 S-31 Sabalo 1976
S-32 Caribe 1977

要目[編集]

209/1100 209/1200 209/1300 209/1400 209/1500
排水量(水中) 1,207 t 1,285 t 1,390 t 1,586 t 1,810 t
寸法 54.1 x 6.2 x 5.9 m 55.9 x 6.3 x 5.5 m 59.5 x 6.2 x 5.5 m 61.2 x 6.25 x 5.5 m 64.4 x 6.5 x 6.2 m
機関 ディーゼル・エレクトリック方式
ディーゼル機関 x 4(5,000 shp ディーゼル機関 x 4(6,100 shp)
120 セル蓄電池 x 4 132 セル蓄電池 x 4
速力 水上:11 kt 水上:11.5 kt
水中:21.5 kt 水中:22.5 kt
航続距離 水上:10,000 nm / 10 kt
水中:400 nm / 4 kt
最大行動時間 50 日
最大深度 500 m
兵装 533mm魚雷発射管 × 8(魚雷 x 14)、一部艦級ではサブ・ハープーン搭載可能
乗員 31 名 33 名 30 名 36 名

出典と脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 「世界の潜水艦」、『世界の艦船』第637集 (増刊第68集)、海人社、2005年1月、 7-160頁。
  2. ^ GlobalSecurity.org (2007年5月25日). “Type 209 (HTML)” (英語). 2009年8月25日閲覧。
  3. ^ a b David Miller (2002). Illustrated Directory of Submarines. Zenith Imprint. pp. 259~261頁. ISBN 9780760313459. http://books.google.co.jp/books?id=XMCVXOwAagoC. 
  4. ^ a b c d e f デビッド・ミラー 『世界の潜水艦』 学研、2002年、80-81頁。ISBN 4-05-602447-2
  5. ^ Norman Friedman (2006). The Naval Institute guide to world naval weapon systems. Naval Institute Press. ISBN 9781557502629. http://books.google.co.jp/books?id=4S3h8j_NEmkC. 
  6. ^ SPG Media Limited (2009年). “SSK Manthatisi Class (Type 209/1400) Attack Submarine - Naval Technology (HTML)” (英語). 2009年8月25日閲覧。
  7. ^ SUT (Surface and Underwater Target) 魚雷は、直径533mm、全長6.39m、重量1,420kg。誘導方式は有線、終末段階は魚雷自身のアクティブ・ソナーを使用する。最大雷速は35ノット、航走距離は35ノット時で12,000m、23ノット時で28,000m。リチウム電池による電動機駆動。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]