マリ軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マリ軍(マリぐん)は、マリ共和国の軍隊である。

概要[編集]

マリ軍は陸軍海軍空軍から構成されている。

兵力は陸軍7,350名、海軍50名、空軍400名となっている。この他に準軍事組織として憲兵隊1,800名、共和国防衛隊2,000名、国家警察1,000名を擁する。

データ[編集]

  • 軍事予算 - 1億6,200万ドル(2007年)

歴史[編集]

マリ軍事クーデター (2012年)を引き起こす。

組織・編制[編集]

陸軍[編集]

編成は以下の通り。

  • 機甲大隊×2
  • 歩兵大隊×4
  • 特殊大隊×1
  • 空挺大隊×1
  • 砲兵大隊×2
  • 防空中隊×2
  • 工兵大隊×1
  • 地対空ミサイル中隊×1

保有装備は以下の通り。

海軍[編集]

基地がバマコモプティセグートンブクトゥに存在する。

河川警備艇を3隻保有する。

空軍[編集]

保有機体は以下の通り。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

International Institute for Strategic Studies(IISS),The Military Balance 2008

脚注[編集]