パトルイユ・スイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2006年7月17日に行われた航空アクロバットの様子
Patrouille Suisse PC-6 V-622 "Felix"

パトルイユ・スイス(仏:Patrouille Suisse)はスイス空軍曲技飛行隊である。1964年に編成された。 当時はホーカーハンター戦闘機を使用しており、機体下部が赤白、機種にチームエンブレムを描いただけの塗装であったが、1995年F-5EタイガーII戦闘機に機種転換した際、赤と白のスイスの国旗をイメージした塗装になっている。

同チームは非常時編成のパートタイムチームであり、メンバーの訓練は2週に1度の月曜日にホームベースであるエメン空軍基地に集合し、その日1回の訓練飛行を行って技量を維持しており、しかも普段からF-5に搭乗しているメンバーはいない(メンバー全員がF/A-18のパイロット)という状態である。にも関わらず、半世紀近い歴史の中で一度も事故を起こしていない。

ヨーロッパでは数少ない戦闘機(超音速機)を使用したチームで、演技内容もヨーロッパスタイルとアメリカンスタイルとを組み合わせており、年間20回程ヨーロッパ各地での飛行展示を実施している。


Call Sign Position Name
Tiger Zero Commander Lt Col Daniel Hösli "Dani"
Tiger Uno Leader Capt Simon Billeter "Billy"
Tiger Due Right Wing Capt Rodolfo Freiburghaus "Roody"
Tiger Tre Left Wing Capt Gunnar Jansen "Gandalf"
Tiger Quattro Slot Capt Gael Lachat "Gali"
Tiger Cinque 2nd Solo Capt Michael Meister "Maestro"
Tiger Sexi 1st Solo Capt Reto Amstutz "Tödi"
Tiger Sette Spare Pilot
Tiger Otto Speaker Mario Winniger "Wini"
Tiger Nove Speaker Alban Wirz "Alban"


  • J-3081
  • J-3083
  • J-3084
  • J-3085
  • J-3086
  • J-3087
  • J-3089 (Spare aircraft)
  • V-622 "Felix" Pilatus PC-6 Transport

関連項目[編集]

外部リンク[編集]