ポインティング・スティック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キーボード中央に配置されたポインティング・スティック

ポインティング・スティック英語:pointing stick)とは、コンピュータ用のポインティングデバイスの1種で、主にノートパソコンに採用されている。

概要[編集]

この入力デバイスは1990年[1]IBMの研究者テッド・セルカー(Ted Selker 正式には Edwin J. Selkar)により発案され、後にThinkPad の生産を行うことになる日本IBM大和事業所へみずから実用化をもちかけたのが起源とされる。セルカーはキーボードホームポジションから手を離すことなくポインティングを行う装置として、このデバイスを発明した。そこで、デスクトップPC用キーボードの中央にこの装置を埋め込んだ試作品を各地のIBM事業所に持ち込み、デスクトップPC用のデバイスとして売り込んでいた。しかし当時の IBM は乗り気でなく一時は棚上げにされたものの、[要出典]後にノートPC用の省スペースなポインティングデバイスとして一躍注目されるところとなった。そして日本の技術者の協力を得て、1992年10月公式発表の ThinkPad 700C で初の搭載機が誕生した。同社は、既に別の入力装置名として利用していた「TrackPoint(トラックポイント)」の商標を用い、トラックポイントIIとしてその機能を発表し、また基本米国特許はセルカー、ジョセフ・ラトレッジ(Joseph D. Rutledge)両名義で取得されている。

この特許を回避する意匠を凝らした製品も登場しており、狭義にはIBM特許の製品のみを指す名称になる。そのため商標名を避けて特定することが難しい。採用各社は独自の命名を行っており、たとえば Synaptics 社の商標 "TouchStyk" をはじめいずれにも共通な単語が一つもないため、以下便宜上、製品化以前の論文で使用されていた機能名称の「ポインティング・スティック」を用いる。

なお「ポインティングデバイス」は当初よりマウスタッチパッド等を含めた総称であり、ポインティング・スティックと同義語では無い。

なお俗説には、マウスを使えない環境、宇宙空間でコンピュータを操作するために無重量状態の空間で扱えるポインティングデバイスをアメリカ航空宇宙局(NASA) が要望し、それに応える形で開発されたという異聞がある。[要出典]

物理的外観は、短い棒状のボタンである。キーボード(一部機種ではパームレスト)の中央部分に設置されたこの「点」に指先で入力指示を与えることで、画面上のマウスポインタを操作する。設置面積が小さく、モバイルに特化して筐体を小型化した UMPC など、タッチパッドの搭載困難な機種にも適している。

IBMおよびIBMのPC事業を引き継いだLenovoによってデスクトップPC向け搭載製品も継続販売されており、2010年には低価格製品も投入されている。2013年には、Bluetooth接続の製品も投入され、デスクトップPCだけでなく、スマフォやタブレット端末などとの組み合わせの可能性も生まれた。ただしLenovoとしてはAndroid OSやiOSでの動作を保証しておらず、全機能が期待どおりに使えるとは限らない。

利点と欠点[編集]

ポインティングスティックもマウスなどの他のポインティングデバイスも、使用技術により特徴や程度は異なるが、一般的な比較は以下である。

  • 利点
    • タイピング時のホームポジションのまま操作できる(マウスやタッチパッドのように手をホームポジションから移動する必要が無い。またキーボード中央にあるため、ゆれる車内等でもノートパソコンを保持しやすい)
    • キーボード以外の操作スペースが不要(マウスのようなスペースを必要としない。特に膝上、乗り物内など。タッチパッドの操作域も不要。)
    • 特に圧力センサー(加速度カーソル)ではカーソルの移動が素早い(機械式マウスなどと比較して)
    • 圧力センサーの内部調整により、手をはなす瞬間にポインターがずれることが少ない
    • 移動とクリックの機能が分化されているため、タッチパッドで発生しやすい"意図しないクリック"が、ほぼ発生しない
    • 継ぎ足し操作を必要とせず、マルチモニターなどの非常に広い画面でも、ひとつのアクションで移動が可能
    • ポインティングデバイス付きキーボードとして設計する場合、タッチパッド付きキーボードよりコンパクトにできる
  • 欠点
    • 慣れが必要。ホームポジションへ手を置く習慣のない初心者には直感的でない。
    • マウスやタッチパッドに比べて、手書きによる入力など、複雑な軌跡を描くポインタの移動操作は困難
    • 一般にマウスより高価
    • 故障の場合の対応(マウスのように交換容易ではなく、PC本体またはキーボード自体の修理となる)

種類[編集]

ポインティグ・スティックとタッチパッドを併設した製品

各社の商標を示す。 ☆印は、2011年(平成23年)2月20日現在日本国内で商標登録のないものである。

ポインティング・スティックは過去多くのノートパソコンに採用されていたが、筐体の薄型化やコストダウンにおいてより有利なタッチパッドが多く採用されるようになった。現在はThinkPadシリーズや富士通やソニーのモバイル向け製品、一部の法人向け製品に限り採用されている。

類似した装置[編集]

Lenovo社の光学トラックポイントやSONY社のオプティカル・トラックパッドのように、キーボード中央部に人差し指で操作するように設置されたポインティングデバイスがある。 外観や使い方は同様と言えるが、光学式であるために、特性に違いがあり、操作性の違いがある。 具体的には、トラックポイントは圧力を検出するため、本質的には指が移動する必要はなく、操作する指の移動は指先と操作部の弾力によってのみ発生する。そのため継ぎ足し操作が無く、連続操作のための戻り操作も微小に抑えられる。 対して、光学式では指の移動を検出するため、移動する必然性があり、継ぎ足し操作が発生する。 また、連続操作では予備動作が必要となり、操作の精度にも、わずかながら悪影響がある。

脚注[編集]

  1. ^ Force-to-Motion Function for Pointing. Joseph D. Rutledge, Ted Selker. Interact-90, 1990.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]