エアバス A330 MRTT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

A330 MRTT/KC-30/ボイジャー

オーストラリア空軍のA330 MRTT(KC-30A)

オーストラリア空軍のA330 MRTT(KC-30A)

エアバス A330 MRTT(Airbus A330 Multi Role Tanker Transport)は、エアバスA330-200をベースに開発した空中給油/輸送機である。2007年6月15日に初飛行。

概要[編集]

胴体尾端にARBS(Airbus Military Aerial Refuelling Boom System)と呼ばれるフライングブーム方式空中給油装置を、左右主翼外側にプローブアンドドローグ方式の空中給油ポッドを備える。ARBSはプローブアンドドローグ方式の給油装置FRU(Fuselage Refuelling Unit)に変更することができ、さらにフライングブーム方式の受油リセプタクルを装備すれば、自身も空中給油を受けられるようになる。空中給油オペレーター席はコックピット後部にあり、テレビカメラの映像を3Dディスプレイで見ながら給油操作を行う。

床下を燃料タンクに充て、キャビンを貨物スペースとしていた従来の空中給油機と異なり、本機のキャビンは旅客仕様と同様で最大300名の人員を輸送でき、床下は貨物スペースとして使用される。これは、床下を燃料タンクに充てなくともKC-135などを上回る燃料搭載量を持つためで、ベース機から最小限の改修だけで済むというメリットがある。なお、キャビンに貨物扉を設置した貨物仕様とすれば最大45トンの貨物を輸送でき、貨客混載にも対応できるとされるが、2012年現在この仕様を採用した国はない。

エンジンはA330と同様、プラット・アンド・ホイットニーPW4000ゼネラル・エレクトリックCF6-80E1ロールス・ロイストレント700を選択することができる。現時点ではオーストラリアとサウジアラビアがCF6を、イギリスとUAEがトレントを採用している。

配備[編集]

2012年現在で4ヶ国が採用を決めており、約200機は生産される見込みとなっている。

ローンチカスタマーであるオーストラリア空軍は、空中給油機として運用していたボーイング707の後継として2004年にKC-30Aの名称で5機を発注した。2008年から配備を始める予定だったが、テスト中のトラブルによりARBSの開発が遅れたため、配備開始は2011年にずれ込んだ。

イギリス空軍は2004年に次期空中給油機としてA330 MRTTを選定し、ボイジャーKC.2/KC.3(イギリス向けの派生型で、ARBSを装備しない)の名称で2007年に発注に至った。14機を取得予定であり、PFI形式で運用され2011年から配備されている。

サウジアラビア空軍KE-3Aの後継として6機取得予定で2011年から配備が始まり、2013年2月25日から運用を開始した。他にもアラブ首長国連邦空軍が2007年に3機の取得を決め、2013年にはインド空軍が採用を決定した。また、KC-135の運用国であるフランスシンガポールも採用を決定した。

アメリカ空軍の次期空中給油機KC-X選定には、ノースロップ・グラマンがEADSと提携してKC-30Tの名称で応募し、2008年2月29日にKC-45の名称で179機の採用が発表された。しかしボーイング側は、3月11日にアメリカ会計監査院(GAO)とエアバス及びノースロップ・グラマンに対して異議を申し立てると発表した。6月18日にGAOが空軍の選定に重大な誤りがあるという調査結果を公表したため、KC-45の採用は白紙に戻された。2010年3月9日ノースロップ・グラマンが応募を見送ると発表、2011年2月24日にアメリカ国防総省はKC-767をKC-46Aの名称で採用したため、KC-45は不採用となった。

運用国(予定も含む)[編集]

イギリス空軍のボイジャー 尾部のARBSがないことがわかる


スペック[編集]

出典: 公式サイト(英語)

諸元

性能

  • 巡航速度: M 0.86 (550 kt)
  • 航続距離: 12,500 km (6,750 nm)
  • 実用上昇限度: 10,700 m (35,000 ft)
  • 翼幅荷重


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

関連項目[編集]

類似する航空機

外部リンク[編集]