技術デモンストレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

技術デモンストレーション(ぎじゅつデモンストレーション、: technology demonstration)とは、製品のアイデア、性能、原理、機能の紹介を第一の目的に組み立てられた、製品の試作品、大まかなサンプル、不完全な段階にあるものを指す。 略して技術デモ(ぎじゅつデモ、: tech demo)ともいう。 これらは(製品で)採用した手法の有効性を、投資家、共同事業者、報道関係者、潜在的顧客に対してデモンストレーションし、納得させるため用いられる。

コンピュータ技術デモは、デモシーンのデモとは別物である。後者は、しばしば新しいソフトウェア技術のデモンストレーションに用いられはするが、スタンドアローンコンピュータを使ったコンピュータアートを指す。

まやかし[編集]

技術デモが只の間に合わせだったり、完全なでっち上げと判明することが時々ある。例として以下のようなものがある。

  • 点滅するLEDをとりつけただけの空のケースを製品として提示する。
  • インターネットサービス品質ソフトウェアのデモを、手動でトラフィック調整したLAN上で行なう。
  • 際立って高品質なモデリングやレンダリングを事前に施した動画・静止画を、実際のゲーム画面と称して提示する。

関連項目[編集]

  • 体験版 - 体験版は製品版とは通常区別される。それは体験版が未完成・未テストということではなく、製品版の機能の一部しか使えないよう、意図的に機能が限定されている点にある。体験版は製品の広告として、また見込まれる顧客に対し製品の品質を明らかにするためリリースされる。
  • 研究開発

外部リンク[編集]