概念実証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

概念実証(がいねんじっしょう、: Proof of concept)は、新たな概念やアイデアの実現可能性を示すために、簡単かつ不完全な実現化(または概要)を行うこと。あるいは、原理のデモンストレーションによって、ある概念や理論の実用化が可能であることを示すこと。

概念実証は一般に完全に機能するプロトタイプへと至る前段階と見なされる。資金を提供する側にとってはリスクを低減させる手段であり、資金提供を受ける側にとってはより多くの資金を提供してもらう手段である。

[編集]

映画[編集]

セキュリティ[編集]

コンピュータセキュリティにおいては、何らかの脆弱性を利用した攻撃が可能であることを実際にコードを作成することで示すことを意味する。また、そのようなコードを「概念実証コード」と呼ぶ。

また、コンピュータセキュリティ暗号において、システム防御法の原理を示すために完全なシステムを構築するのではなく概念実証でデモンストレーションを行うことがある。

研究開発[編集]

ソフトウェア開発バイオテクノロジー・医薬品開発を含む応用研究の分野では、研究を開始するにあたって新しいアイデアの実現可能性を示すデモンストレーションや提案を行う場合がある。この場合の概念実証は、可能性や技術的課題を示すと共に予算獲得という目的があり、商用化や管理などの形態についても話し合われる。

ビジネスとセールス[編集]

ビジネスや販売の分野では、想定される顧客に製品を試用してもらうことがある。この場合の概念実証は実際の現場での試用によって可能性や技術的問題を明らかにし、その後の販売戦略の参考とされる。

数学[編集]

数学では、証明過程の概略を概念実証と呼ぶことがあり、既知の技法や手法でその証明が可能であることを原理的に示す。

ソフトウェア開発[編集]

ソフトウェア開発における概念実証は技術実証(proof of technology)や予備プロジェクト(pilot project)と混同されることが多い。これらはそれぞれ異なるプロセスを表しており、同義語ではない。概念実証はビジネス上の問題への部分的な解を示すものである。要求仕様の一部の解決策を立証するために少数のユーザーに関わるシステムを構築する。概念実証は既存のシステムと最終的に融合される可能性はあるが、基本的に既存のシステムに影響しない。一方、技術実証の目的は何らかの技術的課題の解決策を示すことであり、2つのシステムを統合する方法や所定の構成で要求されるスループットを実現する方法などが示される。この場合、ビジネスユーザーがこれに関与する必要はない。予備プロジェクトは最終的なシステムの機能を限定して早めにシステムを構築する。例えば同時に対応可能なユーザー数を制限したり、機能範囲を限定して評価に関わる関係者を限定する。予備プロジェクトはシステムが実地に機能することを検証することを目的としている。

関連項目[編集]