XB-31 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

XB-31(英語 Douglas XB-31、メーカ内名称Douglas Model 423)とは、アメリカ合衆国の航空機メーカーのダグラス社が1940年代前半に開発しようとした大型重爆撃機計画である。

概要[編集]

アメリカ陸軍航空隊の陸軍航空部長のヘンリー・H・アーノルド大将は長距離爆撃を構想していたが、1939年9月に、ヨーロッパにおいて戦争が開始されたのを受けて、アメリカ陸軍は超長距離爆撃機計画(Very long range)を1939年12月2日に承認した。これは、2万ポンドの爆弾を搭載し、8,500km以上の航続距離を持つ爆撃機の開発計画であった。

1940年1月に航空メーカー各社に仕様が示され、ダグラス社が計画案として提出したのが「B-31設計案」であった。他社の案に比べ著しく巨大な機体になるはずであった。しかしながら、実際に開発され、実戦配備されたのはボーイング社のB-29コンヴェア社のB-32であった。

ダグラス社はボーイング案の方が有利であるとして、「B-30設計案」を提出していたロッキードとともに、詳細設計完了前に競争から撤退した。そのため設計プランだけに終わった。

機体仕様(計画案)[編集]

武装(予定)[編集]

  • 12.7mm機関砲 4門
  • 37mm尾部キャノン砲 1門
  • 弾薬 11,000Kg

外部リンク[編集]