NB-36H

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NB-36H

NB-36Hとは、アメリカ合衆国1950年代に試験を行った航空機。実用化を検討していた原子力推進爆撃機WS-125(ウエポン・システム)開発の第一段階として製作された。

本機の目的は、航空機に原子炉を搭載し、放射線に対する遮蔽の実験や、電気回路に対する放射線の影響を調査することにあった。1機が改造・製作され、1955年から1957年まで飛行試験が行われた。機体は1958年に解体されている[1]

実験機の概要[編集]

NB-36Hと飛行するB-50

原子炉を搭載する実験機として、当時の最新の戦略爆撃機であるコンベアB-36H(B-36H-20-CF シリアル番号51-5712)の機体を改造している。竜巻による損傷を受け、修理が必要とされていた機体を改造母機とした[1]。この実験機では、動力としては用いなかったが、後部爆弾倉を改装し、原子炉P-1(加圧水型・出力1メガワット)を機内に設置していた[2]

この研究ではコンベアが携わっており、将来的にはコンベア社は本格的な原子力推進試験機であるX-6を開発するデータ集積に使う予定であった。そのため、原子炉が乗員に与える影響などを調べるものであった。NB-36Hには乗員を放射線から守る、水タンク等の放射線防御シールドが施されており、機首の操縦席はカプセル状に改装された。遮蔽用の鉛ガラスなど用いたため、操縦カプセルの重量だけで12tにもなり、地上支援車両にも遮蔽処理が施されている[2]

NB-36HはMX1589計画として、1951年より本格開発が開始された。X-6計画が1953年に中止されたのちも、放射線遮蔽試験用として、開発が継続された。また、1955年9月から1957年3月まで47回・計215時間の飛行試験が行われていたが、そのたびに放射線を測定するボーイングB-50と、万が一墜落した場合には現場を封鎖する兵士を乗せたC-119輸送機が随伴していた[2]。また、飛行終了後は、コンベア社のフォートワース工場内に設置された特製ピットでNB-36Hから降ろされた原子炉を検査の上で試運転していた。

原子力推進機関[編集]

NB-36Hでは、原子力エネルギーを推進力に使用していなかったが、アメリカ空軍などが次に開発しようとしていたX-6では、GE社による「原子力ターボジェットP-1」を搭載しようとしていた。このエンジンは、圧縮された空気が原子炉が発する華氏2500度の高温により加熱され、高温の空気として噴出されるというものであった。当時の未来予想では、原子力推進航空機の実用化が予言されていたが、噴出されるジェット排気は放射能汚染されている可能性が高く、実用化が困難であった。

そのため実際の兵器としての価値はないとして、最終的に1961年に原子力爆撃機計画は破棄された。いずれにしても、NB-36Hは航空機に稼動可能な原子炉が搭載されたアメリカ史上初、かつ唯一のケースである。

ソ連の原子力推進飛行機[編集]

アメリカの冷戦時代のライバルであるソ連も、ツポレフTu-95戦略爆撃機に原子炉を搭載したTu-119を実験していたが、NB-36Hと同様な経過をたどって、実際に原子力推進飛行機の製造には至らなかった。

NB-36Hのスペック[編集]

  • エンジン Pratt & Whitney R-4360-53
  • 出力 3,800 hp(離陸時)
  • 基数 6基
  • エンジン General Electric J47-GE-19
  • 出力 5,200 lbs
  • 基数 4基
  • エンジンの種類 ターボジェット
  • 全長 230 ft.
  • 高さ 46 ft. 8 in.
  • 重さ 357500 lbs
  • 乗員 5名(操縦士、副操縦士、航空機関士、原子力機関士2名)

脚注[編集]

  1. ^ a b コンベアB-36ピースメーカー 世界の傑作機No125 文林堂 ISBN 9784893191601 2008年
  2. ^ a b c 航空ファン別冊 No.32 アメリカ軍用機1945~1986 空軍編 文林堂 雑誌コード 03344-8 1986年 P241

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]