XB-21 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
North American XB-21 6.jpg

XB-21は、アメリカ陸軍航空隊向けにノース・アメリカン社が試作した爆撃機1936年に初飛行したが、採用・量産には至らなかった。ノース・アメリカン社の社内コードはNA-21。

低翼単葉・双発エンジンの爆撃機である。垂直尾翼も一枚と平均的な形状をしている。1936年1月から開発が開始され、1936年12月22日に初飛行した。アメリカ陸軍は、前量産型のYB-21を5機発注した。しかし、同等の性能のB-18と比較し、B-21が$122,600に対し、B-18が$63,977と安価であったために、後にYB-21はキャンセルされている。製造されたのは、試作機1機のみであった。

要目[編集]

  • 乗員:6から8名
  • 全長:18.83m
  • 全幅:28.96m
  • 全高:4.50m
  • 自重:8,674kg
  • エンジン:ライト R-2180 レシプロエンジン 2基(1,200馬力)
  • 最大速度:352km/h
  • 航続距離:3,136km
  • 武装:機銃 5門、爆弾4t