B-6 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

B-6(Keystone B-6)とは、アメリカ陸軍航空隊向けに1930年代に開発されていた軽爆撃機である。

概要[編集]

B-6は、1931年に陸軍からの発注を受け、アメリカ合衆国の航空機メーカーだったキーストン・エアクラフトが製造した機体であった。機体そのものは複葉機であり、同じキーストンが製造したB-4のエンジンを強化して速度を向上させた機体であった。第一次世界大戦時の複葉機と比較すれば相当進歩していたが、すでに時代遅れになっており、B-6はアメリカ最後の木製複葉爆撃機となった。1934年まで、アメリカの最初の軽爆撃機であった。その後、B-6は1940年代初期まで観察航空機として運用された機体があった。

派生型[編集]

LB-13
Y1B-4のエンジンを換装したタイプ、7機製造。
Y1B-6
プロトタイプ、2機製造。
B-6A
配備型、39機製造。

性能要目[編集]

B-6
  • 乗員: 5
  • 全長:14.90m
  • 全幅 :22.80m
  • 高さ:4.80m
  • 翼面積:106.4 m²
  • 空虚重量:3,665 kg
  • 全備重量:6,056 kg
  • 飛行機関: Pratt & Whitney R-1820-1 レシプロ星型エンジン, 575 hp (429 kW)2基
  • 最大速度 :190 km/h
  • 巡航速度 :166 km/h
  • 航続距離 :1,330 Km
  • 武装
7.62ミリ機関銃3丁
爆弾:1,800 kg

外部リンク[編集]