B-10 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
機首から撮影されたB-10
横合いから撮影されたB-10
飛行するマーチンB-10

B-10は、アメリカ陸軍航空隊向けにマーチン社が開発した爆撃機である。

概要[編集]

開発[編集]

B-10はマーチン社の自主開発機として、1930年より開発が開始された。開発当初は社内名は123型と呼ばれていた。胴体内に爆弾倉を設けた全金属製の双発機で、当時としては斬新なスタイルだった。

原型機は1932年3月より陸軍航空隊において試験が開始された(この時の機体名はXB-907であった)。原型機は最高時速317km/hを記録する性能を示したため、1933年にYB-10として48機が発注された。YB-10が15機(1機はターボ過給機試験用)生産された後、残りはエンジンを強化したYB-12(32機)やXB-14(1機)に変更された。

生産[編集]

生産型の納入は1934年半ばよりはじまり、パナマハワイ諸島の部隊に配属された。生産は1937年初めまで続き、121機(118機とする書籍もあり)生産された。しかし、就役後まもなく旧式化してきたため、1939年頃にはアメリカ陸軍の第一線から退いた。

輸出[編集]

1942年に撮影されたオランダ軍で使用される本機

本機は1936年に輸出許可が出たため、各国に輸出された。輸出型は社内名称で139W型と呼ばれた。本機を最も多用したのはオランダで、オランダ領東インド=後のインドネシアを中心に100機以上を配備した。また、アルゼンチン中華民国トルコタイなどにも輸出された。

日中戦争中の1938年5月19日中華民国軍所属のB-10B(中国名:馬丁式重轟炸機)が、中国大陸から日本の九州上空に飛来し、鹿地亘作成によるプロパガンダビラを散布する軍事行動をした。そのため、日本本土に軍事作戦で侵入した初めての爆撃機となった。

第二次世界大戦開戦時には既に旧式化していたが、オランダに輸出された機体はアメリカ機として初めて大戦に参加した機体になった。1942年には、フィリピンに配備されていたアメリカ軍機の一部が完全な形で大日本帝国陸軍鹵獲され、その一部が日本本土に輸送され試験に使用された後に羽田飛行場などで一般展示された。

スペック[編集]

  • 全長: 13.63 m
  • 全幅: 21.60 m
  • 全高: 3.48 m
  • 翼面積:63.4m²
  • 全備重量: 7,460kg
  • エンジン:ライト R-1820-33 空冷9気筒 775hp ×2
  • 最大速度: 343km/h
  • 実用上限高度:7,365m
  • 航続距離: 1,996km
  • 武装
  • 乗員 4名

関連項目[編集]

外部リンク[編集]