O-2 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

O-2 スカイマスター

O-2A

O-2A

O-2は、セスナ社が開発し、1966年アメリカ空軍に制式採用された双発の観測機COIN機。愛称はスカイマスター

設計と開発[編集]

本機は、元々セスナ337として民間で使用されていたものを観測機として採用したものである。民間機として開発が進められたのは1950年代で、プッシュブルと呼ばれる、プロペラが機体の前後に存在する独特の推進方式を採用した。双発で生存性が高く、視界も比較的広い事から軍用機として採用された。O-2独自の装備としては、主翼下の4基のパイロンロケット弾ポッドや機銃ポッドが装着でき、軍用無線および装甲が追加された。COIN機としても利用できるものの、兵装搭載量は多くない。また、右側の観測員席には下方観測用のが開けられた。また、セスナ337は後部の脚が固定式であるのに対し、O-2Aの後部の脚は機体に格納することが可能。

O-2Bは、セスナ337と同じ機体にスピーカーリーフレット撒布装置が装備された物であり、兵装は無い。また、前部の脚も固定式である。

セスナ社における生産の他、フランスにおいてはいくつかの航空機メーカーでライセンス生産が行われた。FTB337ミリロールやランス・セスナO-2などが生産されており、民間機として用いられた他、一部はハイチモーリタニアなどに用として輸出された。ただし、フランス軍での配備は行われなかった。

戦歴[編集]

軍用機として採用されたのは1966年で、ベトナム戦争において観測機O-1A バードドッグの生存性が芳しくないことから、双発であるO-2が採用された(実際には後に採用されたOV-10と共に3機が混合使用された)。ロケット弾などの装備が可能であったが、直接の攻撃任務には用いられず、O-2Aはマーキング用ロケット弾を装備して前線航空管制に、O-2Bはスピーカーや降伏を勧めるビラの撒布装置を装備して心理戦に用いられた。

南ローデシア(現在のジンバブエ)において、ここではリンクスと称して、ゲリラに対してナパーム弾を投下するなど本格的なCOIN任務に用いられた。ただし、前述したように兵装搭載量が少なかった上に、高地という南ローデシア特有の事情もあり、最大限度まで兵装を搭載した場合、エンジンが出力不足に陥る事があった。その場合、運動性が大きく鈍ってゲリラの対空兵器の標的とされる上、最悪の場合エンジン停止に至る事もあり、パイロットの評判は良くなかったという。

モーリタニア空軍は、COIN機としてアルゼンチンプカラを導入する予定であったが諸事情から中止となり、フランス製のFTB337を導入していた。この機体は、イギリス製のBN-2 ディフェンダーCOIN機と共に、西サハラ紛争や国内の騒乱に投入されたとみられる。

イラン向けにはO-2Aが12機が製作された。陸軍が保有しているものの、戦歴などは詳らかではない。

タイ海軍では海洋監視機として用いられており、一般的な哨戒飛行の他、武装して海賊に対しての実力行使も可能であった。
スリランカ空軍も同様に海洋監視機として少数機を運用していたが、現在は退役している。

中米諸国では、70-80年代にかけてA-37と共に供与された国がいくつかある。エルサルバドルドミニカ共和国などが供与を受けた。また、ハイチも独自にフランス製のFTB337を用いていた。

アメリカ空軍ではすでに退役しているものの、退役後デビスモンサン空軍基地に保管されていた機体が再生作業を経て、ナミビアボツワナなどのアフリカ諸国に供給された。

民間型のセスナ337は、多くの機体が連絡機観測機、簡易哨戒機、アフリカ諸国においては野生動物密猟防止パトロール用などとして各国空軍で使用されている。

生産機数[編集]

  • O-2A:501機(+イラン向け12機)
  • O-2B:31機

性能諸元(O-2A)[編集]

O-2-line.gif
  • 乗員:2名
  • 全長:9.07m
  • 全幅:11.63m
  • 全高:2.84m
  • 主翼面積:18.67m²
  • 自重:1,292kg
  • 最大離陸重量:2,450kg
  • エンジン:コンチネンタル IO-360C/D レシプロ(210hp)×2
  • 最大速度:320km/h
  • 巡航速度:232km/h
  • 航続距離:1,706km
  • 上昇限度:5,880m
  • 上昇力:360m/min

使用国[編集]

登場する作品[編集]

FAC機として登場。実際には民間型のセスナ337である。
前線航空管制管の"バードドッグ"クラーク大尉の乗機として、全編を通じて登場。