YO-51 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ライアン YO-51 ドラゴンフライ

離陸するYO-51

離陸するYO-51

地上でのYO-51

ライアン YO-51 ドラゴンフライRyan YO-51 Dragonfly)は、アメリカ陸軍向けにライアン・エアロノーティカル社で製作された観測機の試作機である。この種の航空機の典型で本機は支柱で支えられた単葉のパラソル型主翼に固定尾輪式降着装置、複座の開放式コックピットSTOL性能を実現するための主翼全幅に渡る前縁フラップ、ファウラーフラップを備えていた。

全備重量の状態のYO-51はフラップ不使用時には離陸に400フィートを要したが、フラップを使用した場合は自機の全長の2倍と4フィートの長さである僅か75フィートで離陸することができた[1]

スティンソン YO-49ベランカ YO-50との比較評価のために3機が購入された。スティンソン社製の機体が量産契約を獲得したために、それ以上のYO-50は製作されなかった。

要目[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

脚注
  1. ^ Fowler, Harlan Davey (1948). Fowler flaps for airplanes: an engineering handbook. Los Angeles: Wetzel Publishing Co.. p. 79. 
参考文献

外部リンク[編集]