XB-27 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

XB-27(Martin XB-27)とは、アメリカ合衆国航空機メーカーであったマーチン社が社内名称Model 182として開発しようとした、高高度中型爆撃機である。アメリカ陸軍航空隊(後の空軍)が強く必要としていた。そのコンセプトは同じマーチン社B-26爆撃機を基に大型化したもので、主翼を延長し機内も与圧され、エンジンもターボチャージャー付のR-2800-9に換装されている。XB-27計画は設計段階で中止され、試作機が作られるまでには至らなかった。

スペック[編集]

(以下は設計目標値)

  • 全長: 18.50 m
  • 全幅: 25.60 m
  • 全高: 6.10 m
  • 全備重量: 15,000kg
  • エンジン:P&W R-2800-9 空冷18気筒 2000hp×2
  • 最大速度: 450km/h
  • 実用上限高度:10,200m
  • 航続距離: 4,600km
  • 武装
    • 爆弾1,800kg
    • 7.62mm機銃×3
    • 12.70mm機銃×1
  • 乗員 7名

外部リンク[編集]