ノースアメリカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノースアメリカン・アビエーション・インクNorth American Aviation, Inc. )はアメリカ合衆国の航空機メーカーである。1928年に設立され、1930年代から航空機の製造を行い、第二次世界大戦P-51ムスタング、B-25ミッチェル、戦後のF-86セイバーなどの重要な機体を製作した。1967年ロックウェルと合併してノースアメリカン・ロックウェルNorth American Rockwell Corporation )になった。1996年にノースアメリカンおよびロケットダイン部門を含むロックウェル・インターナショナルはボーイングに売却されている。

沿革[編集]

クレメント・キースが1928年12月6日、航空会社の株を売買する持株会社として、ノースアメリカンを設立した。1933年にはゼネラルモーターズが株式を取得。傘下のゼネラル・アビエーション部門(General Aviation division )をノースアメリカンと合併させ、存続会社名をノースアメリカン(NAA)とした。ゼネラル・アビエーション部門とは、 デイトン・ライト・カンパニーDayton Wright Company )とアントニー・フォッカーが米国移住後にオランダフォッカーの米国支社として設立したアトランティック・エアクラフト・コーポレーション・オブ・アメリカを合併させた部門だった。

1934年の航空郵便法で会社の形態を変える必要が生じたため、ダグラス社のジェームス・キンデルバーガーを雇って航空機生産事業に乗り出した。キンデルバーガーは会社をカリフォルニア州に移し、既存メーカーと競合しない練習機の生産をめざした。最初の機体GA-15観測機、GA-16練習機などを製作した。1940年に戦争が始まるとノースアメリカンも拡大し、ダラスカンザスシティに工場を設立した。

練習機T-6テキサンは17,000機が生産された。B-25はジミー・ドーリットルドーリットル空襲で有名な機体である。P-51ムスタングは、第2次大戦における、アメリカの最高の戦闘機であった。

戦後従業員数は91,000人から1946年には5,000人まで減少したが、ジェット爆撃機B-45トーネードなどの生産をおこなった。ゼネラルモーターズは1948年にノースアメリカンの株式を公開した。

F-86セイバーはFJ-1フューリーを再設計することによって、アメリカの戦闘機としては、最初に音速を突破した機体になった。またこの機体は朝鮮戦争ソビエト連邦製のMiG-15と闘った。このF-86は総計9000機以上生産された。

主な機体[編集]

ロックウェル OV-10 ブロンコ
XB-70 ヴァルキリー

(陸軍/空軍)

(海軍)

関連[編集]

外部リンク[編集]